旅日記 インド バラナシ

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

投稿日:2018-12-26 更新日:

バラナシで見た火葬のお話です。

写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。

たくさん薪が置かれている場所に到着し、

ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガートであることを確信した私は、

迷わず火葬が行われているガートの方へと進みました。

 

ちなみに、バラナシには大きい火葬場と小さい火葬場があって、

写真などでよく使われている、ザ・バラバシって感じの場所は、

大きい火葬場のマニカルニカー・ガートと呼ばれる方です。






どっちを見るにせよ、写真撮影は禁止されているのですが、

大きい方のマニカルニカー・ガートの方に関しては、

旅友達からとにかく悪い奴らばかりだから注意するようにと忠告をたくさんもらっていたので、

まずは、こちらの小さい火葬場の方から見学させてもらうことにしました。

 

到着するなり目に飛び込んできたのは、ガンジス川に浸された遺体と、

既に薪が組まれて乗せられて、火葬されている遺体です。

 

目の前に本物の遺体があるんだけれど、どう言ったらいいのか、

すごく映画を見ているかのような感覚で、

いわゆる”おぞましい”とか”怖い”とか、そういう気持ちにはなりませんでした。

 

と言うのも、近くで見ているインド人も外国人もまあまあいて、

まるで憩いの場所かのように、英語が話せるインド人も、英語が話せないインド人も、

和やかにコミュニケーションをとってくるのです。

 

ある英語ができないインド人は、笑顔で「カルマ、カルマ」と言って、

火葬の煙をいっぱい浴びるようにジェスチャーで促してくるし、 

恒例のお土産売りのインド人は、それはそれは勝手にあれこれ説明してくれました。

 

白い布で包まれているのは男性で、オレンジ色は女性。それは来る前に学習していたので知っていました。

でも、他にも詳しく説明してくれたので、かなり勉強になりました。

 

大きい方の火葬場は、ヒンドゥー教の人のみで、こちらは誰でもいいとのことです。 

一日、60体くらいの遺体が焼かれ、時間は約3時間。 

でも、子供や、病気で亡くなった人は、火葬はできない。なので、そのまま川へ流すとのこと。

 

このバラナシは、生と死の町だし、底知れないパワーを感じていたのも、

道などで、呪文のような掛け声をあげながら、

運ばれていく遺体としょっちゅうすれ違ったからというのもある気がします。

 

掛け声は「ナムナム」と唱えているように聴こえたけれど、

それは決まって数人の男の人達によって運ばれているのです。

例えると、まるで日本で神輿を担ぐように、活気に溢れた掛け声で。

 

その全てに、醸しだされているものは、決して死だけのオーラではなくて、むしろ生きた結果、生きた証、のような、 

人生を全うしておめでとうとでも言うような、凄いパワーが纏わり囲んでいるようにすら見えるのです。 

それはやっぱり、これだけのインド人が、このガンガーでの輪廻転生を信じているからかもしれません。

 

ぼーっと、そんなことを考えている間にも、また新しい遺体が掛け声と共に運ばれて来て、 

川へと浸されます。 

そして、あっという間に薪の台が組まれると、川からその台の上へと遺体は移動され、 

家族がその周りをぐるぐると回り、やがて出されていた顔が布によって隠されると、僧侶によって火がつけられるのです。

 

私はここに来たら、どんな感情になるのだろうと思っていたのですが、 

この、日本じゃ考えられない光景が、あまりにもインドでは日常の普通の光景になっていて、

周りにいるインド人や外国人同様、冷静に見られる自分が不思議でもありました。

 

それにここには、数匹の犬に牛、にわとり、やたらと懐いてくるヤギまで居て、 

本当に日本での当たり前の概念とか、都会だとか、それらすべてとあまりにかけ離れている世界過ぎて、とてもとても貴重な経験にすら感じるのです。

 

改めて、インドには、呼ばれないと来られない国と言うけれど、 

それを誰が言いだしたのかは知らないけれど、素敵な言葉だなとすら思いました。

まさか、火葬を眺めながら、そんなことを感じるとは思いもしませんでした。

 

火葬が終わった灰は、改めて僧侶によって川へと流されていました。

そしてまた、ベッドのような立派な木の入れ物だったり、

竹で組み立てられた、簡単な担架のようなものだったりに乗せられて、新しい遺体が運ばれていました。

 

きっとこの違いは、棺桶の違いのようなものなのだろうけど、

インド特有の階級なんだろうなと考えていたら、 

なおも、近くに居たインド人が説明してくれたのは、 

遺体に触れるのは、カーストの一番下の者が行うとのことでした。

 

死んだ魂は、生まれ変わる為の神聖なものだけれど、亡くなった体に対しては、

悪しき物と考えられているからだそうです。

そこに触れるのは、一番カーストが低い者が行うのだと。そして火を扱うのは僧侶。

 

カーストがやっぱり当然のように存続し、あるんだなってことも改めて感じました。

そして、身体の考え方にも違いがあるんだなと。

確かに扱いは結構雑で、炎に包まれたあとは棒でつついて、もはや人体を扱っているようには思えませんでした。

 

そしてここには、インド人は家族であっても男性しか入れないそうです。

死は悲しい事と考えていないのに、女性がいては悲観的なものになってしまうからとのこと。 

そういえば、サティーっていう風習を聞いたことがあったなと思い出しました。

やっぱりインドって何もかも考え方が独特だと思います。

でも、私はやっぱりインド人ではないから、ちゃんと悲しんで、悲しまれたいと思ってしまうけど。

 

そして改めて、インド人にとっては、このガンジス川自体がお墓なのですね。

墓を持たないインド人にとって、どれだけこの川を想っているのかがよくわかりました。

それを知ったらなおのこと、沐浴なんてできないけれど。

 

そんな話を色々教えてくれたお土産屋さんのインド人は、ちょうど来た欧米人カップルが買い物をしたいと言うので、bye~と去っていきました。

ってことで、お土産も特に買わず、インドの火葬についての話だけ聴かせてもらえて、

結構ラッキーでした。

かなり見入っていて、灰だらけになったけど、本当に貴重な時間でした。

 

これをゴロー丸始め、人に話すと、よくそんなの見てられるね、

で、よくそんな灰を浴びられるねと心から変人扱いされるのですが、

この時のことを思い出して浮かぶのは、

「カルマ、カルマ」と、

まるでマイナスイオンかのように、たくさん浴びなさいと笑顔で教えてくれた、おじさんの笑顔と、

真剣に解説をしてくれたお土産屋さんのわかりやすい英語と、

途中、なぜか近くにいた犬が穴を掘りだし、その土が私にとんできて、

その犬を怒ったインド人を怒らないで!って止めたことと、すっごい懐いてきたヤギ。

 

なんかこう、決して負の物を見るような重い空気の場所ではなかったなと。

それはやっぱりバラナシの持つ、死だけの町ではなく、たくさんのインド人のガンガーへの信仰心が造り上げる生のパワーの集まる場所。

だったかなぁーって感じです。

 

とは言え、この後、こことは違う方のマニカルニカー・ガートの方で、

インド人に対して、強い強い感情を抱いてしまうこととなったのですが、

そのエピソードは、引き続きインド旅の方で。

 

 インド・ネパール旅 更新中 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, インド, バラナシ

執筆者:


comment

PREV
エクスぺディアで往復チケットを予約したのに片道チケットしか予約されていなかった事件
NEXT
留学はまだ始まったばかりなのに疲労困憊

関連記事

カンチャナブリーまで初のバス移動

タイに来て初めての移動日です。 そして、海外一人旅で初めての陸路移動です。 けっこうドキドキして下調べもたくさんしたんだけど、 どんなに調べても、不安感はぬぐえないものですよね。。 むしろ、どうなるか…

続きを読む

どうにかこうにかヨーロッパ旅終了!そしてまた怪しまれる

快適なアブダビ空港到着。 これちょっと、友達からは、 写真の撮り方がださいと言われてしまったんですが、 一応シンボルなので、乗せときます。(;´▽`)   ここまで来れば、日本まであと一歩で…

続きを読む

次々と奇跡が起きるアルゼンチン旅が始まった。

数時間遅れで、サルタの町へ到着。   と言っても、できる限り、今日のうちに進んでしまいたいので、 まだまだバスを乗り換えて、もっともっと東へ進みたいのです。 でも、ラキアカの町で、バスに乗れ…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館 2

カンボジア プノンペン トゥールスレン虐殺博物館 前回の記事からの続きです。 そして、ここの棟は独房として使われていました。   有刺鉄線で覆われた入口。 収容者が逃げられないように張り巡ら…

続きを読む

香港旅、最初の小さなハプニング

憧れの重慶大厦に、張り切って泊まりに来たまでは、良かったのですが、予約した宿の入り口に到着した私達を待っていたのは、呼び鈴を鳴らしても鳴らしても、誰も出てこないって言う悲し過ぎる歓迎でした。

パトゥーサイへ行こう!そして、僧侶との出会い再び

ラオスに来てから、かなり旅の中だるみをしているような。。。 そして、ラオスの日差しは、本当にきつくて、ここビエンチャンはもっときつい気がする。   ここでも残念ながら、本当に水とか空気とかが…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link