旅日記 ポーランド アウシュビッツ/ビルケナウ 負の世界遺産など

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

投稿日:2016-09-25 更新日:

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、

9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。

前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、

ガイドなしでは入れません。

入場料は無料ですが、ガイドにガイド料として、

料金を払う形式をとっています。

で、ご覧のように、凄い人なんです。

ガイドをしてもらうのは、私一人ではなくて、何人か一緒なはず。

ちょうど、地球の歩き方を持っている男の人がいたので、

声をかけました。

 

 

ドイツ在住だそうで、今日は義父と一緒に見学に来たそうで。

確実に日本人の方と一緒だと、こういう場所ではちょっと安心しますね。

 

色々、お話をしていると間もなく中谷さんがふらーっと到着しました。

内心、私にとって、

学生時代から本などの中で見て来た憧れの人なので、

有名人に遭えたような感覚。

 

そして、そんな中谷さんのガイドは、

私のユダヤ人ホロコーストに関する知識なんて、

軽く超えるとともに、そこに何重にも新しい考え方を吹き込んでくれるような、

素晴らしいガイドでした。

 

アウシュビッツという世界的な負の遺産のガイドは、

しっかりと真実を伝えるとともに、

重要な役割をも果たさなければならないので、

なるには資格がいるそうです。

その資格をとるのに認められるのもかなりの大変さだそうで、

中谷さんも、結構大変だったそう。

 

確かに、こんな世界的な負の世界遺産の出来事を伝えるには、

偏った伝え方もしてはいけないだろうし、

全ての知識を全部結びつけていないと、

とてもガイドなんてできないですよね。。。

 

そして、なぜ伝えるのか、それが明確に伝わることもガイドの役割な気がします。

結果、それらをすべて渡してくれた、

唯一の日本人ガイドの中谷さんのお話は、本当に素晴らしかったです。

 

ミュージアム、と言っても、実際の収容所をそう呼ぶのですが、

A4以上の大きさの荷物は持って入れません。

なので、入り口近くにある小屋で荷物を預けます。

 

更に、手荷物検査なんかをして、いよいよ中へ。

 

もう各国のガイドと見学者があふれているので、

自分のグループの話がしっかり聴こえるように、

ガイドはマイクをつけ、見学者はヘッドホンを渡されます。

 

そこからは、自分のガイドの声だけが聴こえるようになっています。

解説をしてくれる中谷さんと、この日集まった日本人見学者。

 

アウシュヴィッツ強制収容所と言えば、誰もが思い浮かべる、

入り口のドイツ語。

 

“労働は自由への道(働けば、自由になる)”と書いてあります。


ちなみに、この写真に写っている人、かなりここでポーズを決めて記念撮影。

 

ここには、たくさんのユダヤ人ももちろん訪れるので、

中谷さんいわく、そういう自分を入れて写真を撮っている観光気分の人は、

かなり眉をしかめられるそうで。

 

記念撮影という感覚が、ホロコーストとはという事実をきちんと知っていると考えられません。

 

これは、反対側から見た看板。

 

わかりにくくてすみませんが、文字の右から3つ目、

”B”にあたる文字は、 

上下が正しいBとは逆になっているのが、わかりますでしょうか?

本で読んだことがあるのですが、

これは造った人が密かに反抗心を込めたからだとか。

 

でも、この看板はレプリカ。

本物は、既に朽ちてしまったそうです。

 

中谷さんが、ガイドを始めた頃からですら、

だいぶ建物なんかも風化してしまったそう。

でも、修復などはしているとのことで、

景色は変わらないにせよ、木だけは成長しているから、

当時のままのものと、時代が進んでいるものと。

 

何よりも、たくさんのものを見てきたのは、

この木々なのかもしれないですね。

映画や写真で何度も見た、収容所の景色が広がります。

ここ、オシフィエンチムの収容所は、この後行くビルケナウも含め、 

第三まであったそうです。

 

ドイツ軍は、撤退をするときに、ほとんどの資料を焼きはらい、

また、いくつかの建物なんかも破壊して行ったそうで、

これだけの負の世界遺産にも関わらず、残されている資料は少ないのだそうです。

特にここ、第一収容所には、多い時で2万人の人が収容されていたそうです。(ちなみに第一と言っても、クラクフで第一なだけで、初めて造られた収容所は、ミュンヘンにあるダッハウ収容所。)

そして、ここに収容されれば、命の選別をされ、

生きる道を与えられても、

あまりにも反人道的な強制労働によって、

2~3カ月しか生きられなかったそうで、

10人に1人の生還者しかいませんでした。

脱走防止のため、周囲に張り巡らされた電線。

400Vの電流が流されていたそうです。

 

当時の、この場所の光景を再現する絵。

 

いくつかある宿舎のうち、入れるようになっているところの中には、

残された数点の資料が展示されています。

 

まず、これは、殺された人達の骨と言われています。

後々、ガス室のくだりなどでも書きますが、 

骨は、砕かれ灰にされ、野原などに撒かれたそうです。

 

写真なども展示されています。

 

この旅でもたくさんのホロコーストの歴史を垣間見て、

知ってきたけど、 

いつもいつも、映画でも写真でも、

私が見ていて胸がしめつけられるのは、

このユダヤ人の人達が移動をしている姿の写真なんですよね。

ある日、普通の生活をすることを突然禁止され、

自分の家に住むことを禁止され、 

日用品を持って、移動している姿。

 

それは、ただの引っ越しや移民することなんかとは大きく違う。

待っている死への道でしかないのに。

何も知らず、

あるいは、すべてを悟って、

手には、食器や櫛や、本当に日常で使う何気ない物を持って、

故郷を出るのです。

それは、本人の死への気持ちなんて微塵もない、

日常を送る=生きるという

紛れもない意志なのに。

本当の本心は、心の底では、

どんな気持ちで、足を踏み出したんだろう。

私はいつも、それを想うたびに泣きそうになる。

 

当時の人達も目にしたであろう、実際の窓から見える景色が、

あまりにも穏やか過ぎて、

だけどきっと、当時のここには、絶望しかなかったはずで。

やっぱり悲しい気持ちになりました。

まだまだ続きます。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, アウシュビッツ/ビルケナウ, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    ガイドさん

    広島の平和公園に行ったとき、ボランティアガイドさんに、公園の慰霊碑巡りの案内をしてもらいました。

    そのときも、ガイドさんはまだ若い人でしたが、平和への熱い思いが伝わりました。

    我々も感動しました。

    アウシュヴィツッのガイドさんの話を聞いて、思い出しました。

    平和な世界を築いていきたいですね。

comment

PREV
悲しい場所に行くのに笑みがこぼれてしまうのは。。。
NEXT
オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所2

関連記事

留学はまだ始まったばかりなのに疲労困憊

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   今日も目が覚めたら…

続きを読む

その後のこと。。。

呉さんと言い合った後、 まだ泣いている呉さんを残して、 私はひとり、部屋を出ることにしました。   「私は行くね。ゆきさんと一緒にバンコクに戻ることに決めたから。 チケット探しに行くから。」…

続きを読む

空港へ向かうバスでひと悶着してきた私。。。

さあー!ついに、日本への帰国の日です!!   最後に快適な宿に泊まれたおかげで、 本当に心地よい締めくくりを送れました。   この旅ではあんまり、活躍してくれなかった抹茶キャンディ…

続きを読む

素敵な予感がするペルー旅の幕開け

チリのサンティアゴを飛び立ち、車内は満席。   SKYエアラインは、南米のLCCです。 食事もなし、ドリンクサービスも有料。 ひとまず再び寝まくりました。 南米旅、最後の国のペルーでは、再び体調万全で…

続きを読む

そこはもうウユニの町でした!

朝方、バスが停まった気配に目を覚ましました。 高山病の薬のせいで、(前回の記事、参照)初めて、長距離バスに苦しみましたが、 必死に飲んだ、解熱剤のおかげで、なんとか体調は回復してました。 毎朝、起きる…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所2

すぐに、この第一収容所の中でも、 特別な展示物のある部屋が登場しました。   そもそも当時、すでに先進国だったドイツ。   しかし、第一次大戦で敗北したドイツは、 戦争によって膨ら…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link