旅日記 ポーランド クラクフ アウシュビッツ/ビルケナウ 負の世界遺産など

悲しい場所に行くのに笑みがこぼれてしまうのは。。。

投稿日:2016-09-24 更新日:

4時起床。

宿をそーっと出ました。

 

 

今日は、ずっと、ほんっとうにずーーーーっと、

行きたいと思っていた、

アウシュヴィッツ(オシフィエンチム)へと行く日なのです。

 

あの有名な、ユダヤ人虐殺のホロコーストを語るのに欠かせない、

強制労働所のあった場所です。

ちなみにポーランドでは、オシフィエンチムと言うのが正式名。

アウシュヴィッツと言うのは、ドイツ軍がつけた名前なのです。

現地の歳を重ねた人は、オシフィエンチムではなくアウシュヴィッツと聞くと、嫌な気分になる人もいるそうです。

 

世界中の負の世界遺産を見るんだと決めた、まだ幼かった頃から、

絶対にいつか行きたい!!と夢見ていた場所。

 

クラクフの朝、おはようー!!!

思いもよらず、こうしてヨーロッパ旅ラストに行くことになりました。

 

楽しみは後にとっておく??

いやいや。

旅先では、行きたい場所には、真っ先に行きます。

行ける時に行かないと、タイミングが悪くなって行けなくなったりもするのです。

 

でも、なぜこんなに行きたかった場所に最後に行くことになったのか。

理由は、ヨーロッパ旅出発、一週間前にさかのぼります。

 

出発に向けて、ウキウキしてガイドブックを読んでいた私は、

アウシュヴィッツに関しての知識は、結構あると自負していたことと、

また、現地に行って色々感じたいという気持ちから、

それらのページは読んでいませんでした。

 

唯一の日本人ガイドの中谷さんについても、現地についてから、タイミングが合えば、

ガイドをお願いしようと思っていました。

 

が、

 

なんとなく一応、ってな気持ちで読んでみると、

なんと、この季節はガイドなしでは、入れないと書いてあるじゃないですか!!

 

ま、、、マジですか??

 

いやいやいや。

このガイドブック、結構情報間違ってるし、そんなわけないじゃん。。

そんな話、聞いたことなかったし。

 

なんて思いながら、検索すること数件。

 

これ本当だよ。(( ;°Д°)

私の知ってる情報の方が古いよ。。

 

いや、正しくは、早朝と夕方の短時間だけ、

ガイドなしでも入れるらしいんだけど、

こんな行きたかった場所を、駆け足状態で見るなんて嫌だ!!

 

ってことで、急遽、中谷さんに連絡をしてみました。

この期間、ヨーロッパに行くのですが、

ガイドをしていただける日はありますか?と。

正直、ポーランドにずっといるわけでもなかったので、

かなり賭け状態でした。

 

でも、なんとラッキーなことに、

ガイドをしてもらえることになったのです。

 

これで心置きなく、ヨーロッパを周れる。

しかも、帰国直前にアウシュヴィッツに行けて帰れるなんて、

かなりいいヨーロッパ旅を締めくくれる気がする。

 

そうと決まれば、あの中谷さんにガイドをしてもらえるなんて、

楽しみでしかない。

 

ということがあり、この日をクライマックスにする目標で、

今回ヨーロッパ旅をしていたのです。

 

オシフィエンチムまでは、バスで1時間半かからないくらい。

張り切って、朝一のバスで行きます。

ちなみに行く方法は、2つ。鉄道かバス。

 

でも、鉄道だと到着駅から、

ミュージアムまではちょっと離れているとのことだったので、

バスで行きたい。

 

ほんっと、お世話になってます。

クラクフバスステーションに到着しました。

 

待合所のすぐそばにある時刻表によると、

オシフィエンチムまでのバスの始発は、8:15になっているのですが、

中谷さんが案内してくれた情報には、6:30発があるとのこと。

 

しばし、バスステーション内をうろうろ。

見つけました!!これですね。

 

乗り場のG1もすぐに見つかりました。地上乗り場です。

バスチケットは、当日でOKと言われたので、もし買えなかったら、、、と不安でしたが、

乗り込んで、すぐにドライバーから買えました。

 

片道14ズロティー。

 

このバスに乗り込む人みんな、ドライバーから買ってました。

余談ですが、私には海外のバスに関して、苦い思い出があって、

バスに乗る時、いまだにドキドキしてしまうのです。

 

NZで暮らしてた頃、ある日普通にバスに乗ろうとしたら、

なぜか「お前はだめだ。降りろ」とドライバーから言われたのです。

他の待合客はみんな乗ったし、そもそも私もいつも乗っているのに、

意味がわかりませんでした。

 

でも、その頃の私はまだ留学したばかりで、

英語が全く話せませんでした。

どうして?と泣きそうな気持を抱えて、降りるしかありませんでした。

 

1時間待って、次のバスが来て普通に乗れたんだけど。

語学学校に着いて、カウンセラーにそれを話すと、

「アジア人差別があるの」と言われました。

 

それ以来、海外の、特に白人ドライバーのバスに乗るときは、

またそれをやられるんじゃないかと、変なトラウマがあるのです。

でも、今だったら言い合いの喧嘩くらいするけど。

 

わくわくしてはいけない場所だけど、

やっぱり行きたい場所に行けることは、

顔がにやけてしまいます。

 

それくらい行きたかった、世界の自分の行きたい場所リストのNo1

一番前の席を陣取り、しゅっぱーーーつ!!!

抜群に晴れていて、晴れ女(自称)っぷり発揮!

 

またちょっと、違う車窓の景色。

やっぱり、ポーランドの緑は、慣れ親しんだNZによく似てる。

朝早いこともあってか、道はだいぶ空いていて、

途中いくつかのバスターミナルに停まり、地元の人を降ろしながら、

7:50、オシフィエンチムミュージアム前に到着しました。

 

乗ってきたバスです。

 

帰りのバス時刻も確認して。。。

特になにもない田舎町です。

 

こういう、ホロコーストの行われた場所って、

ほんとに人の関心をひかないような場所に

あえて造られていたんだなと感じます。

でも、ここがそうだよっていうように、

たくさんのパネルが飾られています。

 

生存者。収容者であったことの印が刻まれています。

 

  

有名なアンネ・フランクも、ここで強制労働をさせられていました。

 

ここは、世界的に有名であることを表している、

色んな国の言語で書かれたガイドブックの展示。

かつて、日本も含め、世界が見ぬふりをしていた

この場所。

 

アウシュヴィッツ強制労働所の入り口に到着しました。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ, アウシュビッツ/ビルケナウ, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    お久しぶりです

    ヨーロッパの記事を久しぶりに拝読できて、うれしいです。

    負の遺産の町は、どのような様子なのかなと興味があります。

    広島や長崎のように、それを乗り越え復興しているのでしょうか。

    世界中から人が訪れているのでしょうか。

    いろいろ情報をお願いします。

  2. うみママ より:

    良かったです!

    駐在妻で初めて来たアメリカは、大きなユダヤ人コミュニティーがあるデトロイト近郊で、近くにはホロコースト博物館があります。
    そこで昨年、サバイバーのポーランドから来た女性のお話を聞きました。
    アジア人は私1人でしたが、FBやブログに載せると「聞けることを知らなかった。是非聞いてみたい。」という方が現われました。
    お話もよかったですが、シェアすることの意義を感じました。
    サヨさんの記事でまた、関心を持ったり、行ってみたいという方が増えると思います!

  3. うしおクローバー* より:

    受け継ぐ者達たちへ…

    先日、フランスの監督の映画『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』を観ました。一人の教師のアウシュビッツに関する“ある授業”が、落ちこぼれたちの人生を変える—という内容なのですが、とても良かったです。よかったら、サヨさんもぜひ観てくださいね。

    学ぶこと、知ること、体験すること、感じること、そして、受け継ぐこと…大事ですよね。

  4. まほ より:

    20年以上昔を

    懐かしい旅の思い出、思い出しました。
    当時はアウシュビッツ特にガイド無くても制限時間無く。丁度閑散期だったのか秋の終わりの人がいない管内、ちょっと雰囲気ありすぎました。
    これからもブログ楽しみにしております。

comment

関連記事

ハンガリーが大好きだと思えた日

旅に出ると、常に緊張してるのか、 3日に一回くらいしか、お腹すいた~って思える日がなくて、 とりあえず食べておこうとか、食べなくていいやで食がおろそかになりがち。   で、久しぶりにお腹空い…

続きを読む

その後のこと。。。

呉さんと言い合った後、 まだ泣いている呉さんを残して、 私はひとり、部屋を出ることにしました。   「私は行くね。ゆきさんと一緒にバンコクに戻ることに決めたから。 チケット探しに行くから。」…

続きを読む

ポーランドからの贈り物

爆発音の正体がわからないまま、ちょっと迷いましたが、 周りの人達も騒いだり、逃げたりする様子もなく、 颯爽と歩いていくので、爆発音のした方へ、 予定通りヴァヴェル城の方へと歩いていきました。 &nbs…

続きを読む

辿り着いた街、カンチャナブリー

映画”戦場にかける橋”のモデルにもなった鉄橋がある町、 すなわち、日本にもとてもゆかりのある場所 カンチャナブリーに到着しました。 さて。 無事にバスでの初移動をクリアし、次なる試練は宿探しです。 &…

続きを読む

世界一標高の高い都市の洗礼 ラパス空港から市内へ

空港からは、乗り合いバスで市内まで移動します。 空港を1歩出ると、タクシーのおっちゃんが次から次へと声をかけてくるけれど、 乗り合いバスで行くって言ったら、「乗り場はあっちだよ。」と教えてくれました。…

続きを読む

カンボジアの子供達を想う気持ちはおんなじ

アンコールワットの朝日を見て、 いったんヤマトへ戻り朝食をとります。   今日も、トゥクトゥクドライバー達は元気! 今日は、アンコール遺跡群大周りコースです。 大周りというと、凄く大げさな感…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link