旅日記 チェコ プラハ クトナー・ホラ

なんとしてでも行くのだ!でもチェコの鉄道は大苦労。。。

投稿日:2016-06-20 更新日:

移動続きの上、昨日スーツケースを引いて街を歩き回り、お釣りを騙され、

夜景を観に行ったら、周りは恋人ばっかりで心から誰かと見たくなって、ヤケ一人旅を楽しむっていう、

ひたすら観光スケジュールをしていた為、

疲れ切ってて、朝起きて鏡を見たら、誰?って顔になってました。

 

とりあえず、それでも今日は勝負の日!

ヨーロッパ旅の中でも絶対に外せないって思ってた、行きたい場所に行くのです!!!

 

とばしていくぞー!おー。 ←なんか最近ブーム

 





 

6時、宿を出ます。

 

いつも大事な観光場所に行くときは、何があるかわからないから朝一で行きたいのです。

しかも今日は、楽しみってよりも、無事辿り着けるのだろうかという不安の方が大きい。

なので、行きたい場所に行くときのあの高まりとか、思わず出るにやけ顔とかがちっとも出ません。

こういう時って、なぜか悪い方向へ進むことが多い。

要注意の日です。

 

たぶん、自分なりにこの後、結構苦労することとなるってことを薄々勘付いていたんだろうな。

 

 

地球の歩き方には、バスでも行けると書いてあったので、載っていた通り、

バスターミナルに行ってみます。

 

でも。。。

ちっともその場所行きのブースらしきものもなくて、インフォメーションのおじさんに聞いてみる。

 

「クトナー・ホラまで行きたいのですが、どのカウンターでチケットを買えますか?」

クトナー・ホラへのバスはないよ。君は、駅へ行って電車で行くといい。」

 

へ?( ̄Д ̄;

 

ああ。。。なんか悪い予感って当たる。

 

「でも、日本のガイドブックには、ここからバスでも行けるって書いてあるのですが。。。」

「書いてある?なぜだ。でも行けないんだ。ここからなら、地下鉄で1駅目の中央駅まで行って

そこでクトナー・ホラ行きのチケットを買うといい。」

 

とりあえず、ないものは仕方ないのでお礼を言って素直に電車に切り替えることにします。

 

しかしね。。。

ここでいきなり、最初の苦戦となりました。

 

プラハの地下鉄、乗るにはもちろん乗車券が必要です。

しかし!

券売機が小銭しか使えないんですよ!!

ちょうど、小銭がない!!

 

地下鉄のフロアには券売機以外何もなく、朝早すぎてお店も開いていない。。。

駅員なんてものもいなければ、誰も助けてくれない。

 

こ、、、これはぁ。。。

 

体にあふれる疲れも相まって、宿へ帰ろうかとも思いましたが、

なにせ、今回の旅で、アウシュビッツの次くらいに行きたかった場所。

諦められません。

 

歩いていこう。

 

ちなみにフローレンツから、本駅を目指して歩くと、なぜか物凄く遠回りをしなくては行けなくて、

朝から日差しが強い中、ぐねぐね曲がり道をひたすら歩きました。

 

自分が悪いんだけど、でもでも、なんで小銭でしか乗車券使えないんだってことに、

本気で腹をたて、行き所のないイライラでひたすら悶々としていました。

 

逆切れ状態で湧き上がる感情。

 

ってことは、小銭なくて乗車券買えない人は乗るなってことだよね。


無賃乗車は、自分で改札するので簡単にできそうだけど、そんなのするわけにいかないし。


せめて、駅員ひとりくらい配置しなよ!


なんって外国人に優しくない街なんだ!観光地のくせに!

 

と、

なんてったって行きたい場所がかかっているもんだから、かなりイライラ。

 

ずっと前から、大好きだった世界一周女一人旅のブロガーさんのエピソードを思い出しました。

もう旅は終えた方なんですが。

ほとんど無駄なお金とか使わずなるべく自分の足で歩いて旅をして、

誰かとつるむことなく、ひとりで世界を旅した人です。

 

彼女の旅は本当に情熱とパワーに満ち溢れていて、それは彼女の人柄自体がきっとそうで。

アフリカで強盗に遭って、頭から血を流したり、どんな公共の場でも納得いかない事には

泣いて抗議したり、こういう時は、売ってくれない方が悪いと開き直ってた。

そして、警察とかそういうところに連れて行かれて。そこでも怒って。

それでも旅を諦めず、3年くらいかけて世界一周を終えたのです。

 

読んでた時は、おいおいって思うこと多かったけど。。

私も旅人に親切じゃない国って思ったら、そのくらいしたい。その気持ちがわかる。

だって、それでもまっすぐ旅がしたいんだから!!

 

なんてことを、つらつらと考えてたら、到着しました。

 

なんと、宿から旧市街へいつも歩いている道の途中にありました。

最初から電車にしとけばよかったものを。。。

 

計1時間以上のタイムロスです。

 

そして、ここからが、すっかりバスで行けると思い込み、

鉄道パターンの準備を一切していなかった私にとって、

一苦労どころか結構な苦労となったのです。。(´д`lll)

 

 

プラハ本駅はなかなかの広さですが、チケット売り場がどこにあるのかわからない。

小さいブースは入り口付近にあるけど、メトロ、トラム、バスとしか書いてないし、

すでに旅人いっぱい並んでいて、聞くこともできなさそうだし。。。

 

インフォメーションカウンターはないし。せめて係員とか歩いてればいいのに。

そして、みどりの窓口的なとこがあったので、行ってみます。


あたり。ここでチケット売ってる。

でも、またここでも買えないって言われたら、どうしたら。。。

 

「クトナー・ホラ行の往復チケットください。」

 

どきどきどきどきどき。。。。(゜д゜;)

すんなり買えました!!



ああー。よかったぁー。まさかチケット買うのにこんな苦労することになるとは思わなかったよ。

さて、出発時刻が映し出される電光掲示板のある2階へ行って、

電車を確認しましょう。

 

しかし!!

 

ここからがまた第二の、オロオロの連続でした。

ほんっと、旅の下調べは、あらゆるパターンを考えなければいけないっす。。。

 

 

長いので、つづく。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, チェコ, プラハ, クトナー・ホラ

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    お札拒否は結構あるね。
    海外では知らず知らずのうちに無賃乗車してた人は結構多そうね。

  2. バンバン より:

    一人旅
    苦労されてますね。

    一人旅は中国へぶらりと行くくらい、4年前に中国人ばかりのバスに何時間も乗り、一切話さず。

    それから中国語学習を決意しました。

    異国を一人旅すると、今まで見えなかった物が凄く見えますね。

    素晴らしい旅。頑張って下さいね

  3. さよ❊。* より:

    初めまして!さよです!
    メッセージボード読ませて頂きました!
    一緒に旅した気分に‥の言葉に惹かれました♡
    ゆっくりさかのぼって読ませてもらいます!

    今日は‥どんな風吹くかな~♬.*゚

  4. バンバン より:

    >サヨ@女一人旅さん

    台湾とか中国は若い頃から仕事で行っています

    しかし、中国語を学ぶ気持ちは起こらなかった

    今はその反省です、学習が大変だが楽しいです

comment

関連記事

ウィーンの犯罪博物館 いきなり衝撃的

私がウィーンに行ったら来たかったNo.1の場所、 クリミナル博物館(犯罪博物館)に到着したのでした。   ちなみにかなり路地裏にひっそりとわかりにくい感じであるここですが、 かつてはここもゲ…

続きを読む

女一人旅、空港泊します!

上海 → バンコク間の飛行機は、30分以上遅れて出発。 結局、22:30発でした。 待ちに待たされて、なんで遅れてるかも、そもそも遅れていることすら 案内せず、かなり待機客はイライラしていました。 &…

続きを読む

やっと憧れのクトナー・ホラが見えてきた。でも。。。

下調べゼロで来ると、ヨーロッパの鉄道に乗るのは大苦労ということがわかりました。当たり前っす。 電光掲示板で、クトナー・ホラ行きの電車の出発時刻が出るのを待ちます。     待ちます…

続きを読む

スーパーのブッフェ、ペルー料理に感激!

怒涛の移動続きを乗り越え、やっとリマへ到着。 そしてここからは、やっと目的地までの最後の移動、クスコへ向けて、 再び24時間バスです。 ってことで、バスに乗る前に、 食料を備えるため、Crus del…

続きを読む

宿の予約がされてないのは事件です。

想像していたよりも、だいぶ田舎だったプエルト・イグアスの町。 やっぱりブラジル側のフォス・ド・イグアスの方が人気なのだろうか。 でも私はこの町、静かで雰囲気も悪くないと思う。   &nbsp…

続きを読む

瑞芳駅から九份への行き方

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう! 再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。 次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、 九份です。   前…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link