国内の変わった場所・おすすめ場所

八甲田山雪中行軍遭難事件をめぐる旅

投稿日:2016-04-12 更新日:

八甲田山雪中行軍遭難事件は、映画にもなっているくらいとても有名ですが、

どうして自分がそれに興味を持ったのかは覚えていません。

でも、青森出身の人に何を思ってか、その事件を聞くくらいになんか気になった事件でした。

そしてやっぱり、月日を得てですが、今回その場所を訪れる機会に恵まれたのです。





まずは、直立不動のまま奇跡の救出を得た有名な後藤伍長の像のある場所へ。

この像のある場所は、本人が実際見つかった場所と言うわけでもないそうですが、

無意味に高台にあるので、なかなか歩きました。この階段を。

 

そして、登った先に後藤伍長の像がありました。

 

この像の他には特に何もなく、ここで発見されたわけでもないのに、

結構な階段登ったけど、なんていう嫌味は置いといて、資料館へさっさと向かってみることにしました。

 

これまた、この像から離れた場所にあるんだ。。。

そして、中にも後藤伍長の像がありました。

下から撮ると、ちゃんとお顔が写せていませんが、

かなり儼たる歴史に残る事件なのに、可愛らしいお顔で造られていたのが印象的でした。

中に入ると、10分程度の遭難事件においての説明のビデオを見せてくれます。

そして、実際に使われていた物や衣類などなど、展示物なんかもあります。

 

当時の軍の列を再現したミニチュア。

 

遭難に遭った軍の人々の顔写真も展示されています。

ところどころ、写真はなく、名前すらなかったのが、更に遭難の恐ろしさを感じました。

 

これは戦争の犠牲というわけでもないし、善や悪が存在しているような出来事でもない。

この事件の詳細なんかが記されているものを読んで行くと、ほんと恐ろしいです。

実際起こる必要もなかった遭難であり、

それって、あまりにも悲惨過ぎて、想像すらできないというか想像を拒否したいというか、

そんな気持ちにもなるような事件です。

 

裏庭には、隊員たちの墓碑があります。

 

そして、英霊堂もあります。

虐殺博物館などを回った時みたいな、暗い気持ちになることなんてなかったけど、

かと言って、まぁなんとも言えない気持ち。

 

学生時代、私はあまり歴史が得意ではなくて、特に数字大嫌い人間でして、

年号とかなんてもう、じんましんもんだったんだけど、

日本を旅するなら、こういうの辿って見ていくって大事だなと思います。

もっとちゃんと勉強しておけばよかったよ。

 

私の青森旅のチョイスがちょっとこんな感じのスポットばっかりではあったのですが、

青森ってなんか不思議な場所だなって思いました。

 

けど、この後、私の身にも不幸すぎる事件が起きました。

 

これ↓↓  

すぐそばに、八甲田神社っていう小さな神社があったんだけど、それを知らせるための目印かな??

でも、この木彫り、見た途端すっごい魅かれるものがあって、

うまい具合にベストショットで写真を撮りたい!!ってテンション上がっちゃって、

必死に撮ってたら。。。

 

私の大天敵、蜘蛛の巣に頭から突っ込みました。

 

その瞬間一気にテンション下がりました。

まじで、蜘蛛なんていない東京に今すぐ帰りたくなりました。

 

ほんと泣きたかったっす。。。

 

 

八甲田山雪中行軍遭難資料館

HP:http://www.moyahills.jp/koubataboen/

料金:260円

開館時間 4月~10月 9:00~18:00 / 11月~3月 9:00~16:30

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


  1. うしおクローバー* より:

    旅に、いクモん♪

    旅のどんなトラブルにも、苦もなく対応するサヨさんが、クモにナクとはっ!

    まぁ、よクモわるクモ、全てはいい経験ですよ。
    (๑´ڡ`๑)/

    テキトーコメントすみません^^;

    記事素敵です。

comment

関連記事

生きたまま仏になるってどういうこと?

即身仏って知ってますか? 僧侶の修行の中でも、もっとも過酷で崇高な修行なんだそうです。 生きたまま自分が仏となった僧侶をそう呼ぶそうです。 生きたまま仏なんてどういうこと? それは、この後書きましょう…

続きを読む

古墳時代のお墓 吉見百穴

埼玉の吉見町に不思議な穴があるのです。 まるで小人が暮らしているようで、実はかなりの時代を超えた文化遺産で、一部の人には心霊スポットとも言われているらしい。 日本のホビットンなんて呼ばれてもいるらしい…

続きを読む

新しい旅先を探すなら大使館ラリーがおすすめ

港区で開催されている大使館スタンプラリーに行ってきました。
新しく、行ってみたい!と思えた国にも出会えたし、バックパッカーにも、海外には行かないけど国内で海外をプチ楽しみたいって人にも、うってつけの。。。

昇仙峡周辺と甲府観光

昇仙峡の山頂の景色も素敵だったけど、周辺にも見どころがたくさん。滝に奇岩にダムに神社。そして、名物を食べて、最後は山の上にある温泉に入って、紅葉ずくし、絶景ずくしの一日で楽しみましょう!

東京の昭和な街、青梅

都心に住んでいると、あんまり東京の西方面へ行く機会ってなかなかないけど、たまたま通りかかった青梅のシネマチックロードが、とっても見た目が楽しくて、ちゃんと街を歩いてみたくなって、もう一度調べ直して、電…

続きを読む

微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は、世界で一番優しい気持ちになれるお寺かも。 三連休のど真ん中の日、嵐山は大混雑で竹下通りみたいになっていたのですが、 このお寺に向かうべくバスに乗り込むと、人はとっても…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link