旅日記 ベトナム フエ 長距離バス

目覚めたら...王宮の町フエ

投稿日:2014-04-23 更新日:

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、

ああ、フエに着いたんだなとわかります。

 

バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。

なのに、途中でここから乗る人達を乗せてしまったため、

降りる時は、一苦労でした。。。(-“”-;)どいてくれないんですよ。道を譲ることをしないベトナム人。

一緒だった男性が、イライラしながら、ベトナム人がどいてくれない通路をかき分けてくれました。

 

こういうとこ、ほんと考えてほしい。





でも、フエでの降車場所は、せこい東南アジアにしてはめずらしく街のど真ん中。

ここからなら、予約したホテルまで余裕で歩けるって距離!

 

素敵すぎる!!(●´ω`●)めんどくさい乗り物にのらなくていいなんて!

 

おんなじバスだった日本人の男の人とちょっと話をした後、

彼は、泊まる宿を探しに行くそうなので、良い旅を~と別れました。

 

が、お別れしてすぐ、いきなり突っ込んできた二人乗りのバイクにぶつかられる彼。

「イテッ!!!」

腕にぶつかられたらしく、腕を抑えながら二人乗りバイクを見ます。

しかもその二人乗りバイクは、驚いてちょっとだけ減速したものの、彼が怒っている様子を見ると、逃げるように走り去ってしまいました。

 

「大丈夫ですか!?」

駆け寄って声をかけるも、痛いけどまぁ大丈夫そうだったので、一安心。

ほんと、ベトナム人のバイク危ない。

もしかしたら、ひったくり?

だとしたら、減速はしないか。せめて謝るってことを知らないのか!?

 

むかつくけど、せめてぶつかったのが腕で、しかも骨折なんかもなさそうだったんで良かった。

そんな愚痴を一緒にこぼしながら、再び彼の宿探しへ。

私の泊まる宿の手前で、良さ気な宿があったので、ここに聞きに行ってみるよ。と、彼は宿の中へ消えて行きました。

3分くらい待ってみたけど、どうやらうまくいきそうだったんで、そのまま私は自分の宿へ。

いやしかし、びっくりしたー。

 

そんなハプニングで始まったフエ生活は、この後も影を落としてくる出来事に遭遇しちゃったりして、ついに気分最悪でブチ切れたりもするんだけど、

そんなエピソードは、またそのうち。

 

フエの街の印象は、ハノイやホーチミンほど、道はごちゃごちゃしていなくて、

交通量もめちゃくちゃ多くもなくいい感じ!(大きな道路は相変わらず凄いけど)

とは言え、さっき目の前で交通事故が起こりかけたんで、ベトナムはどこに行っても気を抜けませんが。

 

やっぱり、旅は田舎の方がいいです。

 

裏道は、こんな感じ。


 

今日の宿は、New Line City Hotel 600円くらいです。

 

ちょっと、わかりにくい道の奥にあるってことをのぞけば、

 場所も悪くもなく、かなりいいクオリティ。広いし、綺麗!!しかも安い!

ここなら、快適に過ごせそう!

 

フエは、ちょうど町のど真ん中じゃなければ、一本裏道に入っただけで、

安いホテルがたくさんありました。

 

シャワーを浴びたら、散策へ出かけます。

宿のお姉さんが、フエの地図をくれて少し説明してくれました。

ついでなので、次の町、ホイアンへの足も確保してもらいました。

AM8:00発のバスです。 6ドル

 

よし。次の町への足さえ確保できちゃえば、この町を思いっきり楽しむぞー!!

 

ベトナムは、地図もくれるし、だいたいの宿でバスの予約等もできちゃうので便利です。

 

フエは、ハノイほどは寒くもなく、昼は半袖でもちょうどいいくらい。 

日差しはちょっときついです。

 

王宮がある向こう側の岸と、こちらの岸の間に流れるフォーン川があるからかなり清々しいです。

 

川沿いには、公園が。

そこのオブジェが面白いものばかりでした。

 

 

とりあえず、お腹がすっごくすいたので、ごはん屋探し。

ベトナムは、ほんとに食べてみたい料理がたくさんで、 しかも、町によっても名物がたくさん。

ガイドブックを見ていても楽しい~!!

 

で、まずは向こう岸へ行くために、川を渡ります。

 

で、ランチを食べるために行ったお店は、ここ!

PHO TUAN

 

このお店の周りは、実家の近くにある佐原によく似ていました。

佐原より、生活感があって明るい感じがしましたが。

うんうん。フエ、いい感じ。好きかも!!

 

で、今日のランチはこれ。

チキンフォー 30,000ドン =140円くらい


ここのフォーは凄く量が多くて、すっごいお腹いっぱいになりました。

お店は、かなりマイナーな場所にあるので、店内は私しか客はいませんでしたが、ここのお店のおばあちゃんも目が合うとにっこり。

うんうん。やっぱりフエいい感じ。

 

久々にイライラしないで過ごせる町かも!!(´▽`)

 

なんて。

ここまで癒されていたのに、この後この旅何度目かの、許せない!!

って出来事がいきなり起こるのです。。。

 

あー、もう!平和に旅させてくれよ!神様!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, フエ, 長距離バス

執筆者:


comment

関連記事

パクセーの村は懐かしい明りの色

スローボードは、パクセンの村に到着しました。 今日は、ここで一泊です。 この片道ツアー、意味わかんないのは、ラオスに入ったら放置気味というか、 しかも、2日目は自分で宿を探さなくてはなりません。 &n…

続きを読む

おとぎ話のような街プラハの早朝を歩く

バスは、道端で降ろされることもありってガイドブックには書いてあったので、 東南アジアの”ここどこ?”再びかと思って心配してたけど、 ちゃんとしたプラハのフローレンツバスターミナルで停まってくれました。…

続きを読む

セドレツからムニュストへ。そんな線路ってあるんですね!?

ずっと来てみたかった念願の墓地教会も見られたことだし。 この居心地のよかったセドレツも後にしましょう。 ほんとは、こんな何にもない田舎町で、のんびりしたかったけど。 時間も限られています。 &nbsp…

続きを読む

日本人宿での日々が始まる

気を取り直して。 アユタヤで、チェンマイに行くことにした時から、考えていたことがありました。 それは、日本人が経営している宿に泊まってみたい!   その時、ちょうどビンとの一件で、ちょっと滅…

続きを読む

イグアスの滝 始まりの場所

イグアスの滝は、アルゼンチンとブラジルの国境にまたがる物凄く大きな滝で、 世界三大瀑布です。 ナイアガラフォールズ、ビクトリアフォールズ、そしてここ、イグアスフォールズとなるのです。   &…

続きを読む

マカオでも人骨を巡る旅

聖ポール天主堂跡は、マカオの歴史をぎゅっと詰めたようなそんな歴史的建造物。その歴史の波の中を泳いでいた人達の骨も祀られているのです。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link