旅日記 ベトナム ビン

2年ぶりのベトナム

投稿日:2014-04-11 更新日:

ベトナムに入ると、町の様子もラオスとはちょっと違ってきました。

教会が目に飛び込んでくるようになり、派手な看板や電気の色。

何より、目に入る看板の文字が違います。

 

もう意味記憶にもエピソード記憶にもならないタイ・ラオスの文字と違って、

ベトナムの文字は、意味はわからなくても、短期記憶にとどめておくには、チャンクがよくわかる文字。

なにより、人生2度目の国ってだけあって、なんか安心しました。





そしてバスは、1つ目の町へ到着。

13:00くらいでした。

 

おじいちゃんとドイツ人カップルは、この町で降りるので、ここでサヨナラです。

ちょっとの間、一緒にいただけなのに寂しい。。。(´・ω・`)

 

本当に優しくしてくれたおじいちゃんに感謝です。

それから、たくましい!本当に素敵だと思う。

いくつになっても、ひとりで新しい世界へ飛び込んでいる姿。

私も老後は、海外で過ごしたいと思っているから、たくましさに勇気をもらえるよ。

 

私はせめてものお礼に、ちょっとだけ知っているベトナム語を教えたんだけど、

その吸収力の速さにびっくり!

どうか、おじいちゃんのベトナム生活は、楽しいものでありますように。

 

旅のノウハウも教えてもらったし、この旅中盤で、こんなに素敵な出会いがあって嬉しかった。

どうかどうかお元気で。

 

と、感傷に浸っていましたが、

この後が、本当に長かったんです!(x_x;)

 

15:00頃、バスは休憩で、サービスエリア的な食堂に停まりました。

どうやら、せいいち君が調べてくれたところ、ビンという町とのことです。


食事休憩なので、ちょっと長い時間停車するのですが、やっぱりトイレ付じゃないバスの上、

何時に到着するのか不明、、、ときたら、不安だらけで食べられませんでした。。。

 

でも、食堂を離れて時間が経つのを待っていると、

お菓子売りのおばちゃん達が、これどう?と積極的に色々な物を売りに来ます。

 

ああ、この強引さ商売熱心さ、ベトナムに来たんだなーと感じます。

ベトナムの強引さは、ちょっとめんどくさい時もあるけど、無口にさせておかない国は嫌いじゃないです。

 

とりあえず暇なので、食堂の女の人達が集まっていたところに行ってみました。

 

「シンチャオー!」

みなさん「シンチャオー!!」にこにこ。(^-^)/

 

私、やっぱり現地の田舎のたくましい女性陣が好きなんですねー。

そこでふれあい体験をするのも、本当に好きです。

 

座っていたおばあちゃんが、私を見ながら何かを言ってきました。

おばあちゃんの隣にしゃがみ込んで、なあに?と聞きます。

再び、何かを話し始めるおばあちゃん。

 

でも、完全ベトナム語なので全然わかりません。。。(T▽T;)

 

なんか、ほめてくれているのはわかるんだけど。。。

 

「ごめんね。なあに?」と言っていると、

おばあちゃんもなんだか外国人にベトナム語で話しかけていることがおかしかったみたいで、笑い出しました。

 

近くにいた娘さんが、「可愛いねーって言っているの。どこから来たの?」と通訳をしてくれました。

 

「ああ!日本だよ。」

 

で、娘さんが再び、おばあちゃんへ伝えると、

 

「ああー!ジャパン!」と、おばあちゃんは更ににこにこ。

 

すると、大きな竹でたばこを吸っていたマスターらしきおじさんが、急に話に入ってきました。

 

「日本か!コリアンじゃないんだな?」

 

「日本だよ。私、コリアンじゃないよー。」

 

「ようこそ日本!ベトナムに来てくれてありがとう」

 

と。

それだけ言ってまた、奥へと消えて行きました。

そこは、だいたいチャイナと言われるところだと思うのですが、韓国人となにかありましたか?

疑問だけが残りました。(^_^;)

 

強引なんだけど、話すとフレンドリーなベトナム。

やっぱりちょっと安心したのでした。

 

いつの間にか、ほほえましく交流を見守っていたコムロが、「もう行くよー。」と言ったので、

みんなとバイバイ。

 

再びバスに乗り込みます。

 

しかし、長いな~。さすが、24時間バス。

 

でも、どの国も田舎はいいですな。景色もとても綺麗です。


と、景色をパシャパシャ撮りつつ、音楽を聴くのもほんとに飽きたので、

そっと音楽をとめて、隣のジェシーさんとその向こうのヨハネスの会話を盗み聞きしていました。

 

ジェシーさんは、フランスで生まれたそうで、職業は英語教師。

色んな国で子供たちに英語を教えてきたそうです。

 

で、次の国にベトナムを選ぼうかと下見に来たとのこと。

 

ヨハネス「日本は?日本も危険情報出てないし、いいんじゃないか?」

 

お、日本出てきましたね!

 

ジェ「日本も良いと思う。でも物価が高くてな~。」

 

まぁ、そうですね。。。

 

ジェ「今まで行った中では、中国の田舎と台湾がとても良かった。特に中国の子供たちは、可愛かった。」

 

へぇええええーーーーーー。(こころから)

 

と、どうでもいい情報まで、精緻化リハーサルできちゃうくらい、ほんっとうに暇でした。。(´・ω・`)

 

 

そんなことをしていても、再び退屈するくらい、ビンからハノイまでは長かったです。。。

結局、ハノイのバスターミナルについたのは、19:00近くでした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ビン

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ラオスからベトナム 陸地越えはいつだって大変
NEXT
いい男と・・・な男

関連記事

ヴィクトリア・パークと渣甸坊を歩く

香港最大の広さと言われているヴィクトリアパークで出会った以外な異国文化。香港に来て、これに出会っちゃうとは。
また、香港島の女人街と呼ばれている渣甸坊も歩いて、やっと買いたい物に遭遇。

タイのニューハーフショー 

この旅、一番のドキドキと共に、ニューハーフショーは幕を開けました。 舞台が暗転して、流れている音楽も大きくなると、私のテンションも高まります~!!(≧▽≦)   ジャニーズしかり、 シルクド…

続きを読む

シリラートの死体博物館に行く

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。 スイマセン、悪趣味ですね。   ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。 まだ、そんなに海外に興味がな…

続きを読む

アンコールワットの夕陽はどんなでしょう

タ・プロームを観終わり、大満足で後にします。   「凄かったねー。」 ゆきさん「うん。もう大満足やね。 これで夕陽が見れたら、今日はもうええわー。」   そう。 アンコールワットを…

続きを読む

メコンデルタ 島に生えるフルーツの木々

そしてまた、船に乗り込み、ちょっと走ったら、小さな島でランチです。 ここでもまた、例のわがままスペイン人軍団が、ランチより先に島を散策したいとか言い出しました。 ハンサムスリムに却下されていましたが。…

続きを読む

忘れたくない瞬間とまたしてもインド人にキレる瞬間と

日記を見返してたら、ヒンディー語で書かれた私の名前を発見しました。 誰かインド人に書いてもらったんだろうけど、 誰に書いてもらったのか覚えてないのです。 彼らかなぁ。。。→ インド人の男の子達との束の…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link