旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

ニュージーランドで出会った”ラッキーな戦闘機”

投稿日:2019-11-03 更新日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

オークランドミュージアム内部、

ジャイアントモアを始め、過去の動物たちの剥製に感動していたら、

続いて恐竜の骨が登場!

プテラノドン??

私、恐竜の化石見るのも好きだけど、プテラノドンは初めて見たかも!

 

他には・・・

古いマトリョーシカ。

きっと誰かの宝物だったんだね。

 

昔の街中のお店は、こんな感じだったんだって。

どの国に行っても、昔と今は変わっているから、

こんな昔の再現は、凄く素敵だし興味深い。

ニュージーランドで、古い町並みはどこにあるのかな。

ニュージーで学生のうちに、行ってみたいな。

 

そしてそして、この博物館内は3階まであるのですが、

3階に上がったところで、驚いた事がありました。

戦争についての展示がたくさん登場したのです。

しかも、日本人の物がいくつも。

このニュージーランド留学で、英語が少しでも上達出来たら、

私は、いつか世界を旅したいのです。

その時、世界中の負の世界遺産を見て周りたい。

きっと、たくさんの日本の過去も見るんだろうなと思います。

でもまずは、ここで出会いました。

 

戦争に使われていた飛行機が展示されているエリアがありました。

展示物の中には零戦もあって、

残酷な話ばかりが生まれる戦争中のエピソードの中で、

でも、このゼロ戦のタイトルは、”幸運な戦闘機”です。

 

第二次世界大戦中、ソロモンの攻略を目指した連合軍により、

ソロモン諸島から飛び立つはずだったこの零戦は、爆撃により破損してしまい、

結局その後、部品が足りずに修理されないまま、

飛び立たないまま、誰も傷つけないまま、

終戦を迎えたというとてもラッキーな戦闘機だったそうです。

また、もちろんこの零戦に乗るはずだった若い戦闘員も、

その出来事により、命を救われたそう。

 

でも、実は、その若い戦闘員の命を無駄にしたくなくて、

整備員が、修理を遅らせていたという背景があったそうで、

その人達の想いによって、戦闘員(シバヤマさんという人だったそう)も、

この戦闘機も、戦争の犠牲とならずに生き残ったのだそうです。

この話を読みながら、一人で感動していると、

隣で、たくさん並ぶ銃を見ながら、サウトがはしゃぎだしました。

「僕、これ持ってるよ!これもこれも持ってる!」

そして、銃を構えるような仕草をすると、

その辺にいる他の見学者に向かって、「バババババババ!!」と、

襲撃音のオノマトペを口にしながら、撃つ真似。

 

正直、これにはドン引きしました。

そりゃ、国によっての争いに対しての考え方が違うのはわかってる。

戦う事が美学なんだと、戦わない事は逃げだと。

サウトの国は、そういう考えなのかもしれないけど。

それは、守るためになのか、意地のためになのか、

戦う人にしかわからないのかもしれないけど。

 

でも、ここに展示されているものは、

絶対に戦争に対して”No”を付きつけるためなんだと、そう信じてる。

ニュージーランドも、争いには”No”なんだって。

とにかく、もっともっと世界が平和になって、

ここにある国旗のたくさんの国を、いつか旅出来ますように。

サウトには、わかんないだろうな。こんな気持ちなんて。別にいいけど。

 

オークランドミュージアムは、凄く見どころ満載で、

色んな展示に出会えて、凄く楽しかった!しかも、無料なんて!!

連れてきてくれたパパには、本当に感謝!

サウトは、結局うるさかったけど。

博物館を出た後は、マウント・イーデンに連れて行ってくれました。

到着するとパパは、2人でぐるっと歩いてきなさいと言って、

私とサウトを送り出しました。

 

マウント・イーデンは死火山で、標高は196m。

その昔、マオリの要塞”Pa”があった場所なんだそうです。

中央には、大きなクレーターがあって、そこまで歩いて降りられます。

小さくてわかりにくいけど、中央の下の方に歩いて降りてる人がちらほら。

走り降りてる子供もいるけど、結構な急斜面なんで、

さすがに降りるのはやめました。

オークランドには、50箇所程の死火山かあるようです。

さっき、博物館で見た、火山の爆発によって、このニュージーランド島ができたって話も、

よくわかるような気がする。

 

でも、山頂からの眺めが抜群で、オークランド市街を、

ぐるりと見渡す事ができるのです。

ニュージーに来た日に、エージェントの人から色々説明してもらった場所は、

どっちの方だろう。

マオリの住む村とか、LGBTに寛容なニュージーのゲイのカップルの住む町とか、

行ってはだめだよって場所とか。

もう、方角すらわかんないけど、行ってはいけない場所以外は、

帰国までには、色々見て回れるといいな。

こうやって、高い場所から見るオークランドは2回目だけど、

あの時とはちょっと違う気持ち。

私はちょっとだけ、ニュージーランドに馴染めてきた気がする。

 

そんな事を思いながら歩いていると、スーパーナルシストのサウトが、

「サヨ、ここで写真を撮ろうよ!」と言いだしました。

「もちろんいいよ。」

最初にサウトが私のカメラで私を一枚撮ると、

「僕も撮ってよ!」

と言うので、快くサウトを撮りました。

「見せて見せて。」と、撮った写真を見たがるサウト。

見せてあげると、「あー。。。」と言って、あまり自分の写りが気に入らなかった様子。

もう一枚撮ってよと言うので、まぁいいかと思い、

同じように撮って見せてあげると、今度は満足そう。

 

でも、次の瞬間。。。

「もう一枚撮ってよ!」と言って、かぶっていた帽子をとって私に持たせる。

はいはい。帽子なしバージョンも撮りたいのねと思い、

それでも気持ちよく撮ってあげると、今度は上着を脱いで「もう一枚!」

ヘッドホンをとって「もう一枚!」

 

気がつくと私は、望んでもいないのに、彼のカメラマン状態になってました。

しかもなんか、サウトの荷物、全部私が持たされているし。

若干、なんだこれと思いながらも、それでもまだ付き合ってあげていたら、

更に調子に乗ってきた。

 

「あのベンチのところで撮ろう!」

「次は、あの景色をバックに撮ろう!」

かれこれ、私のカメラなのにマウントイーデンでの写真は、

私の写真が一枚、サウトの写真が何十枚と連なってる。

1つの場所で、帽子をかぶったバージョン、帽子を脱いだバージョン、

上着きて、脱いで。ヘッドホンして、とって。

 

しかも、奴のポーズと来たら、正直すんごいダサい!!

ベンチに片足だけ乗せて前のめりになって、

手はDAIGOのうぃっしゅみたいなポーズで、なんか古いんだよ!!

 

それよりも、なんなの?写真集でも作りたいの?

私は、あんたの専属カメラマンなの?

そのうえ、奴の荷物まで持たされて移動してんのなんで?

 

しかも、せっかくパパがこうしてお出かけに連れてきてくれてるのに、

奴と来たら、車の中ではずーっとでかいヘッドホンで音楽を聴いてて、

かなり失礼。

そのでかいヘッドホン、今、私がずっと持たされてるんですけど。

なんか、だんだん腹が立ってきた。

 

なんで私が、自分のカメラであんたをたくさん撮らなきゃいけないんだ!

 

私に一切の気を使う事もなく、おかまいなしにその悪行を続けようとするサウト。

「サヨ、今度は向こうで僕を撮ってよ!」

もはや、イライラが頂点に達した私は、

奴に持たされてた荷物を全部、奴に突き返すと、

奴を無視して、パパの待ってる車へと歩き出しました。

 

「ヘイ!ヘイ!サヨ!どうしたんだよ!?僕を撮ってよ!」

それでも、まだこっちの気持ちにも気付かずに叫んでるサウトの声を、

背中で跳ね返しながら。

 

もう、この素晴らしい景色すら、堪能してらんない。

せっかくパパが連れてきてくれたのに、

ちょっと残念なマウント・イーデンになってしまったのでした。

 

***

今日のパパの作ってくれたディナーは、

魚のフライ(フィッシュアンドチップスの魚のみ)

それから初めて食べたラビオリ。

揚げ餃子みたいな食べ物です。ソースをつけて食べるらしい。

とても美味しい。

***

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

PREV
オークランドミュージアムに行く
NEXT
【南米旅】ボリビア ラパスの街まとめ

関連記事

Wat Mae Yen

さて、犬くんとはバイバイしましたが、 今日はまだまだパーイの郊外を散歩したいと思います!   どこにいこっかなー。標識がいっぱい。 で、次に向かったのは、Wat Mae Yenです。 パーイ…

続きを読む

ウユニから南下する術を探しに

ウユニ塩湖の朝から晩までの全ての景色を堪能して、大満足ではありますが、 寝不足だからと言って、宿でのんびり。。。とは、いかないのです。   次の目的地への足探し!!   そもそも、一人旅の時…

続きを読む

ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

まだ、強制収容所に関する話が続きますが、 あとちょっとお付き合いください。     続いてブジェジュンカ村に造られていた、 ビルケナウ強制収容所に到着しました。   ユダ…

続きを読む

いい男と・・・な男

バスターミナルに到着すると、英語が話せる人が乗り込んできて、 ここからの移動について説明してくれるのですが、(ベトナム、、おまえもか) かなり、この人の英語、ベトナムなまりが強くて聞きとれず。。。(;…

続きを読む

100万ftのブダペストの夜景ってこういうこと!

ブダペストで過ごす最後の夜です。   この旅の中で一番長く居た街。 宿を延泊してまでだいぶのんびり過ごしました。   でも、まだブダペストには、”素敵”が詰まっているんですよ。 と…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link