旅日記 アルゼンチン プエルトイグアス

72時間、ぶっ通しの長距離移動スタート!でもその前に。。。

投稿日:2017-07-28 更新日:

朝起きて、いつものようにメールチェックをすると、

今更、ものすっごく今更、

アゴダから、ホテルの予約ができませんでしたの謝罪メールが届いていました。

宿の予約がされていないのは事件です。

 

あれから何日経ったと思ってんだろう。

もう、仕事する気あんのかレベル。

 

しかも、今回の件に関してのアンケートにお答えくださいとか言う呆れた内容付き。

もうagodaのホテルサイトは、二度と使いませんと書いて返信しました。





   

と、そんな宿なし事件の結末から始まった朝ではありますが、 

今回は、素敵な宿に出会え、最後の一日を素敵に過ごせました。

 

朝食つきなので、中庭へ出ていくと、マルコと今日はもう一人、女性の従業員の方がいて、朝食を準備してくれていました。

パパイヤが嬉しい、ちょうどいい朝食。

朝食を食べ、午前中はのんびり宿で過ごさせてもらいました。

調べごとを済まして、この次の国の新しい町までの全てのルートと足を確保。

 

もうちょいのんびりしたいなぁーと思わせてくれた居心地のいい宿に、別れを告げて、

よし!また、旅立ちますか!!

 

マルコが爽やかに送り出してくれました。

 

でもまだ、バスターミナルへ行く前に、せっかくなので、イグアス川を見に行ってみました。

うん。

これと言って、そこまで特徴のない、密林に覆われた川ですね。

よし、満足。

 

私が密かに好きな、世界一周をした旅人さんが、

 

「観光スポットに行くのは、スタンプラリーみたいなもので、

大したことがないと言われてる場所でも、私は一応行って納得する。」

 

と言っているのを聞いて、それは凄くいいことだなと思って、私も見習って行くようにしています。

 

で、さらにウユニ塩湖で一緒だった、まつくんと話してた時に、

旅人あるあるで、興奮してたくさん写真撮って、日本帰って見直すと、

ありゃ?同じのばっかってこと多いよね、

っていう話をしてたんだけど、

私の写真、こういう小さな場所を含め凄い枚数なんですよ。毎回。

特に一人旅の時は、それも顕著で。

無駄に要領だけとってるっていうー。

  

まさに、ありゃ?の嵐。

 

PCは必ず持って行っているけど、ないと無理!!

でもまあ、そんなでも、いつか見返した時に一瞬にして甦る懐かしさは、

やっぱり写真ならではと思うので、相変わらず撮り続けてしまいます。

 

そんな、イグアス川沿いのなんだこりゃ?のフルーツや、眩い花などをどうぞ。

自己満って言われるかもしれないけど、この景色を見られない人達に、

届けたい景色がいっぱいあるのです。 

写真の腕もそんなにないくせに、いつもあれもこれもと欲張ってしまいます。

 

よし。

バスターミナル到着!!

 

プエルト・イグアスのバスターミナルは、まあまあ大きくて、お土産屋さんもあります。

そして、重量で料金が変わるブッフェもあるんですよ!


もちろん、食べましょう!!

 

ここのブッフェ、これなんだろうって食べ物が多くて、

選んでて凄く楽しい。

 

この手前のは、プリンでした。

なんていうか、このブッフェスタイルの違いも面白いなぁとは思うんだけど、

デザート系の甘いものと、おかず系、主食系、バラっバラに入り混じって置かれているんですよ。

で、これは甘いのか?しょっぱいのか?と賭け状態なのはもちろん、

味の予想をはるかに覆されたりして、なかなかの冒険です。

 

甘いものがデザートで特別とかそういう感覚ではないのかなぁ?

とりあえず食べたいものを食べたい順で食べるのかなぁ?

食文化の違いって面白いですね。

ちなみに、米系は日本人にはいまいちだけど、芋系は、すっごくおいしいです。

 

私はこれくらいで、ゴロー丸の分併せても、2人で166ペソ=1062円くらい。

ここでは、コンセントも使えるし、フリーのWifiも飛んでるし、

バスまでの待ち時間があっても退屈しないで済みます。

凄くいいバスターミナルだと思う。

 

食事を済ませたら、出発前に、プエルトイグアスのまだ行ってないエリアなんかを冒険してみますか!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, プエルトイグアス

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    胃袋

    しかし、サヨさんのブログを見ていると、強靱だなあと思います。

    特に胃袋ですね。

    なにを食べても飲んでも大丈夫な胃袋こそが外国旅行には必要ですね。

    私は中央アジアに行ったとき、ずっとお腹の調子がよくなかったです。

    特に水にやられました。

    また、どんどんアップしてください。

  2. コーラルシー より:

    こんにちは

    2枚目の写真、すっごくステキですね。

    これからもお体に気をつけて。

comment

PREV
これで最後!アルゼンチンBBQパリジャータ
NEXT
ひっさびさの一人旅プエルトイグアスの町、西側を歩く

関連記事

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

私の憧れの人は、こんなんじゃなーい!って叫びたかったハンガリー衛兵交代式

ブダ側からペスト側を見た時いつも、ドナウ川の向こうに目立つ、 とっても美しい建物、 国会議事堂に来ました。 ここ目立つけどね。 綺麗だから、ぜひ近寄って観たい!!って思うけどね。。。   炎…

続きを読む

エセイサ空港で大盛りランチを

ブエノスアイレスの市内より、40分ほど走り、 バスはエセイサ国際空港へ到着しました。 結構、市内から遠かったし、道は混雑するかもしれないので、 空港へ行く時は、1時間は余裕を持った方がいいかもです。 …

続きを読む

素敵な予感がするペルー旅の幕開け

チリのサンティアゴを飛び立ち、車内は満席。   SKYエアラインは、南米のLCCです。 食事もなし、ドリンクサービスも有料。 ひとまず再び寝まくりました。 南米旅、最後の国のペルーでは、再び体調万全で…

続きを読む

ナイトマーケットで直面した現実

少し歩くと、サームローのおじちゃんが来るときに教えてくれた 墓地がありました。 連合軍共同墓地。 戦争時代、日本軍の捕虜となり、とてつもなく過酷な鉄橋建設に係わった イギリス人兵士が眠る場所です。 こ…

続きを読む

ルアンパバーン名物 托鉢に感動!

今日は、ルアンパバーン名物の托鉢を見に行かなければ! ルアンパバーンにせっかく来て、これを見に行かなければ、次の町へ行けません。 ってことで、朝5時起床。   夕べも早めに寝たので、昨日の体…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link