旅日記 出発

出発前夜の大ゲンカ・前編

投稿日:2017-05-06 更新日:

南米旅へと出発するまで、あと8時間。

 

私はもう、3日前にはパッキングを完了していたので、

現地一日目のスケジュール確認や、移動の方法の確認、

移動中に聴くための音楽を、PCで移動したりしている中、

まさしくこの期に及んで、慌ただしくパッキング準備を始めた相方。

ちなみに、彼はラグビーの五郎丸歩選手によく似ています。

なので、これから彼のことをゴロー丸と書くことにします。




 

 

ちなみにどうでもいい情報をもう一回書くと、私のタイプは、

落ち着いた優しさがあって、聡明、賢明な人が好きなんです。

ゴロー丸が、そのタイプに当てはまるのかというと。。。

 

う~~~~ん。。。( ̄ー ̄;

 

「あーーー!あれ買い忘れたぁーーー!!!」

 

「ねーーー、あれがないんだけど、どこに置いたか知ってるーー???」

 

うっさいゴロー丸。

 

彼は、そもそも、海外一人旅なんて、とてもできないタイプです。

いわば、おっとりの箱入り息子で、

橋をガーーーッと突っ走って渡る私に対して、彼は3度くらい叩いて渡るタイプ。

 

バックパック旅なんて、全く縁遠い人生を送ってきて、これが初です。

 

自分の旅スタイルができていて、持っていくものもほぼ決まっている私に対して、彼は、バックパックも新品だし、自分が使うものも整理できてないし、

それらを含め、さんっざん、私は2週間くらい前から、あなたは初旅なんだから1週間前には準備を始めなよ、と言っていました。

1週間前から準備をすれば、足りなかったもの、持っていきたいものを買いそろえるには、充分時間があるからです。

 

しかし、ゴロー丸はと言うと、私がいったん実家に行った3日前にも、私が東京に帰ってくるまでに完了しとくようにと念押ししたのに、

モンスターの狩りに出たり、

大好きな恋愛ドラマを見ては、ぽけーっとし、

全く、準備を始めませんでした。

 

もはや、勝手に苦労するがいい、と私は何も言いませんでした。

そしてまた、ゴロー丸のドタバタに戻ります。

 

「あれ、どこいったかなぁー」

「あーーー、ないないないーーー」

 

あっちの部屋、こっちの部屋と、何度となく行き来して、ほんとうるさいゴロー丸。

 

さ「だから、さんざん言ったよね!?前日に準備するなんて、初心者は絶対やっちゃだめだって。」

 

はっきり言って、私もきっちりしているタイプではない。

でも、泥縄的なのは、だいっきらい。

 

ゴ「あー、もうそれは言わないでよ。仲良く行こうよ!」

さ「じゃあ、言わせないでよ!」

ゴ「♪言わせないでよ~♪」

 

いつも、人のセリフに適当な音程をつけて、受け流すのが、奴のやり方。

その間、私はずーっとイラ。。。しかし、私だって前日であるのは変わりなく、やることしなくては。

再びPCへ向かう。

 

しかし、相変わらず部屋の中を、強制捜査のごとく荒らしまくりながら、「ないないないよー」探しまくるゴロー丸。

そして、彼が適当に戻した物が、私めがけて落ちてきたところで、ブチ切れる私。

 

ゴ「もー、怒んないでよ~」

 

こうして始まった南米旅前夜、果たしてゴロー丸の準備は、整うんでしょうか?

 

そして、事態は、更にアホみたいな大喧嘩へと、突入していくのです。

 

まだ、桜が散り切る前だったな。

 

長いので続く。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 出発

執筆者:


comment

PREV
南米旅の持ち物はこれ!
NEXT
出発前夜の大ゲンカ・後編

関連記事

アンコールワットの夕陽はどんなでしょう

タ・プロームを観終わり、大満足で後にします。   「凄かったねー。」 ゆきさん「うん。もう大満足やね。 これで夕陽が見れたら、今日はもうええわー。」   そう。 アンコールワットを…

続きを読む

ドイツ名物CURRYWURSTとアレクサンダープラッツをぶらり

ベルリンの壁も無事、見られたことですし、お腹すいたー!! ドイツと言えば。。。白いソーセージ!! で、ドイツで流行っているファストフードで、すっごく食べてみたいものがあったんです。   &n…

続きを読む

いよいよカオサンへ

パヤータイに到着です。 ふと、下をのぞきこむと、こんなに素敵な景色が。 なんだか、ミニチュア模型みたいな不思議な組み合わせ。 ここからカオサンまでバスで行くか、タクシーにするか迷ったけど、 どうやらバ…

続きを読む

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

メコン川からラオスの村を見つめて

トラックに乗せられ、ちょっと走って、まずはスローボードのチケット売り場に到着。 でも、ツアーに組み込まれているので、ここでは手続きだけです。   ボードに名前、国、パスポートNoやらを書かさ…

続きを読む

いい男と・・・な男

バスターミナルに到着すると、英語が話せる人が乗り込んできて、 ここからの移動について説明してくれるのですが、(ベトナム、、おまえもか) かなり、この人の英語、ベトナムなまりが強くて聞きとれず。。。(;…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link