国内の変わった場所・おすすめ場所

東京の昭和な街、青梅

投稿日:2018-02-12 更新日:

都心に住んでいると、あんまり東京の西方面へ行く機会ってなかなかないけど、たまたま通りかかった青梅のシネマチックロードが、とっても見た目が楽しくて、ちゃんと街を歩いてみたくなって、もう一度調べ直して、電車で出かけました。




 

まず、駅に到着して、目に飛び込んできたのは、レトロな駅名の看板。

そして、駅構内も昭和の頃を思わせる作りで、タイムスリップしたような気持ちにさせてくれます。

古い木で作られた木のベンチと、木の待合室。

文字の読み方も昭和時代の右書き!

中に入ってみると、

中まで徹底した木の造り。

 

そして、ポスターがレトロ!


そして、駅の出口へと進んで行くと、通路までレトロなポスターがたくさん!

 

なんだか本当に昭和の町に来た様な、不思議な感覚になります。

 

そして、もう1つ、この町では欠かせない人が。。。

天才バカボンや、今、流行りのおそ松さんの原作者、赤塚不二夫先生!

 

赤塚不二夫記念館も、この青梅駅の売りです。

もちろん駅にも、赤塚先生のキャラクターがたくさん!ニャロメ!!

まず、駅を出たら右へと歩き、青梅観光案内所で観光MAPを手に入れるのです。

というのも、この町の楽しみ方は、レトロなポスターを見つける旅。

100のレトロなポスターと、絵本作家の山口マオさんによるたくさんの猫パロディーの映画看板があるのです。

その看板を探すのに、このマップは欠かせません。

 

さあ、早速昭和の町へ!!

 

ポスター散策のできるエリアは、あまり広くはないので、

いきなりレトロなポスターが、街のいたるところに次々と発見できます。

 

これは、私がこの町を気になるきっかけになったキャッチコピー。

街はシュールな映画館

これを目にしたのです。

そして、見つけるたび楽しくなっちゃうのが、

山口マオさんのにゃんこパロディーシリーズ。

極道のにゃあたちって!!笑

 

それにしても、昭和レトロと猫ってなぜかセット売りですよね~。

台湾の昭和の残されている街の平渓線も、セットでした。

記事はこちら→ 台湾に昭和があった!

 

でも、ほんと可愛くって、ついつい写真撮っちゃう。

 

 

それらは、電話ボックスやバス停なんかにも。

とにかく昭和らしさが散りばめられています。

 

看板だけじゃなくて、町の家や建物なんかにも、

時々、レトロ可愛い感じを発見できます。

 

散策しながらの足元にも発見!

バカボンのパパと、これはー、愛すべきシーズーさんでしょうか。

正直、派手な町ではないし、お店もいっぱいあるわけではないけど、

こういうスタンプラリー的に何かを探せる街って、いい散歩にもなるし、見つけるたびに楽しいんです。

友達とお話しながら、レトロ看板探しをするのも楽しそう。

 

東京の西方面へ行かれる際に、お時間があれば青梅市のレトロな町を歩くのもおススメです。

車で行けば、自然たっぷりの観光場所もたくさんあるし。

 

そんな青梅駅では、レトロ看板探しの他に、小さな博物館などもありますので、それらの紹介はまた次回書きます。

 

青梅駅

中央線・青梅線が発着。

新宿より快速で1時間15分くらい。

看板の並ぶシネマチックロードへは、駅下車徒歩1~2分の道から始まります。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
安くて美味しい!タイの屋台で食べられるタイフード 2
NEXT
東京の昭和な町、青梅 博物館とカレー編

関連記事

昇仙峡 初秋の曇り空

今年の紅葉は遅いですねー。都内の昼も、季節はまだまだ初秋って感じ。 待ちきれなくて、時間もなくて、少し早目ではありますが、紅葉を観に行ってきました。 緑はまだまだ残っているけれど、緑、オレンジ、黄色、…

続きを読む

川崎に九龍寨城があった!

あの香港の九龍寨城が日本の川崎にありました。ビル丸ごと九龍城砦のようなスラム街になっているようです。内部に潜入してみると、あらゆるところに九龍城の面影や亡霊が。

生きたまま仏になるってどういうこと?

即身仏って知ってますか? 僧侶の修行の中でも、もっとも過酷で崇高な修行なんだそうです。 生きたまま自分が仏となった僧侶をそう呼ぶそうです。 生きたまま仏なんてどういうこと? それは、この後書きましょう…

続きを読む

愛宕念仏寺の可愛い千二百羅漢

色即是空の言葉を選んだのは何でなんだろう。   前記事(微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺)で、京都の愛宕念仏寺について書きましたが、今回はそんな愛宕念仏寺で出会った、可愛らしい羅漢像の…

続きを読む

殺生石と千体地蔵のいる景色

栃木県那須町に、殺生石(せっしょうせき)という、ちょっと怖い名前のついた石の置かれている場所があります。この場所に残る伝説も、ちょっと怖いお話だったりするのです。とは言え、現在はどんな場所なんでしょう?

ペンギン好きにおすすめ 那須どうぶつ王国

動物園好きな人にとって、出来る限り近くで動物を見られるってのは、かなり嬉しいポイントだと思います。 そして、那須どうぶつ王国では、そんな願いを充分に叶えてくれちゃうんです。 しかも、ガラス窓とかの仕切…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link