旅日記 タイ バンコク 負の世界遺産など

シリラートの死体博物館に行く

投稿日:2014-01-25 更新日:

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。

スイマセン、悪趣味ですね。

 

ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。

まだ、そんなに海外に興味がなく、若気の至りで

バンドなんてやっちゃってた頃、PCも持っていなくて、

友達の家で見せてもらったPCの友達おススメサイトでこの博物館の存在を知りました。

(奴がなぜ、そんなサイトを見ていたかは、謎)

 

日本でも、人体の不思議展とかやってた時に、ちらっと目にしたことはあるにせよ、

当時の私は凄くショックを受けたのでした。

いつか、タイに行く機会でもあったら、い、、、いってみようかな。

と、当時、純粋な?私は、そう思ったのでした。

 

それから数年後、

私、来たよー!!

君があの頃ぼんやり思ってた場所に。

 

なんか、これは個人的に凄いなと思うのです。

何かの力の導きというか。

まぁ、死体博物館ってのは、あれだけど。

 

昔、自分が偶然何かで見た、しかも海外の場所に来たっていうのは、

きっと凄いプレゼントだと思うんですよね。

 

でもって、解剖博物館の方から。

 

ここは、無料なのですが、受付で記帳をします。

簡単に名前、国、などでした。

で、階段をあがって、

3階へ来ると、いよいよです。

 

あ、苦手な方は、写真注意してくださいね!!!

まずは、軽いジャブとでも言いますか、骨などの展示室から。とは言え、充分、凄いものも写ってますが。。

 

この時、客はあまりいなくて、私と欧米系のお兄さんの二人きりでした。

悪趣味だからかな??

 

そこから奥の部屋へ行くともう、輪切り状になってる腹部の標本とか、それ以外とか、

ホルマリン漬けの臓器とか、切断面とかが並び、

まるまる人間の体もあります。

 

おびただしい数の赤ちゃんの標本も並んでいました。

 

全部、本物です。

 

 

でも、なんかこれ、本物なんだなぁという感じで、そんなに恐怖みたいなのはありませんでした。

ただ、双子や幼児の標本を見るのは、ちょっときつかったです。

 

こんな量の人体を、どうやって集めたのか。何の人達なのか、

たぶんどころか、かなり私は無知な人間なのだと思います。確実に。

こういうのの怪しい話も都市伝説程度には聞いたことあるし。

 

あとは、動物や魚の標本。

 

でも、ネットで見てた感じの暗ーい怖い雰囲気は全然なくて、

むしろ無数の窓から光が差し込んで明るい。

まぁ、ネットはそういう不気味感作っていますが。

 

でもでも、もう一人の彼が先に出てしまったら、私ここに一人!

それだけはちょっと避けたい。

お兄さん、お願い私を一人にしないで!!

心の中で叫びながら、さっさと出ました。

 

なのに、懲りずに次なる、法医学博物館の方へ向かいました。

こっちはちょっとわかりずらくて、何人かに聞きました。

 

で、まずは1階の受付でまた記帳。

2階へあがると、カウンターがあり、お姉さんがいます。

こっちは、入場料20バーツ。

 

無料の方に比べると、今度は細かい説明なども載っています。

で、こっちの方が、事故や事件などの犠牲者の写真もあって、

写真を見るのがちょっと気持ち的に大変でした。

 

一体まるごとの人体もいます。

それらの人体は、極悪犯罪を犯した人達なんだそうです。

さすがに写真撮るのは、躊躇してしまいました。

なので、こちらの館内の写真は一枚もありません。

 

あとは、2004年の津波の写真やその時の模型の写真もありました。

なんか、グロさを押し出している感じではなくて、

偶然の人間の日常に遭ったことを、淡々と紹介している感じなのです。

だから、この病院の敷地内にあるんだろうけど。

この、不思議である意味、理にかなっている感じがタイなんだなぁと、

そんな事を思っていました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク, 負の世界遺産など

執筆者:


  1. エルキャット より:

    こんな場所があったんですね・・・

    こんにちは。勤務中にこっそり見ていたら更新がされていましたね。

    タイにこんな場所があるなんて知りませんでした。
    サヨさんが記事にしていなかったらこれからも知らなかったことだったと思います。ありがとうございます。

    でもでも、サヨさんがバンドやっていたんですねw何を担当していたのかもチョット気になりますw

    「本当はタイよりも私に興味があるんじゃないの?」なんて意地悪な事言わないでくださいね(笑)

  2. HIDE THAI KhonKaen より:

    ちなみにタイは遺体が安いので、コンケン大学には日本人医学生が勉強しに来ます。

  3. acorn☆ より:

    たくさんの更新~嬉しいです♪

    本当に、わくわくどきどき…しながら読ませていただいています^^

    人体の不思議展15年以上前に行きました^^;その時も思いましたね。この方たちはどこから?って。後にその出所含めていろいろと週刊誌に載ったような?でも、あれも、十分死体博物館だったと思います。しっかり、まじまじ見ましたよ、私(>_<)こちらも、興味深いですね。

    更新楽しみにしています。お気をつけて、楽しんでくださいね(^^)/

comment

関連記事

インディオ市場でアルパカを

おい!洒落っ気もないバックパッカーが、 ”ティファニーで朝食を”みたいに、 気取って言うなって突っ込まれそうですが、 ついに一緒に日本へと連れて帰るアルパカに遭遇したのです。   マスター!…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

ヨーロッパ旅初のバス移動、クラクフからPolskiBus

さぁ、いよいよ、この旅最初の陸路移動の日。 夕べも遅くチェックインしてきた私の上のベッドのおばちゃん、凄いいびき。 初日は良かったけど、このドミトリーは、いびき運っていうのかな?なんか当たりすぎ。うる…

続きを読む

魅惑のトランジット

南米行くなら、どこ経由??? アメリカ、オセアニア、 はたまた、逆を行って、ヨーロッパとか、アフリカとかもあるらしい。 で、今回最初に狙ったのは、オセアニア経由。 第二の故郷ニュージーランドへの里帰り…

続きを読む

シェムリアップで寝込む。私の旅は不調つづきかも

この日は、再びの物凄い胃痛とピー&ピー(御想像におまかせします)で、 夜の間中、何度も起きトイレへ、そして全く眠れず。。。   アンコールワット、行けませーーーん!!!(>_<) 再び体調絶…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link