旅日記 タイ チェンマイ

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

投稿日:2014-02-24 更新日:

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。




 

このお寺は、森の中にある寺院。

 

池があり、

この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。

この日も、カップルがちょうど手つなぎして渡っていました。

 

アートいわく、デートスポットとのことです。

 

そして、寺院は、小さな洞穴の中にあります。

ウモーンとは、洞窟の事なのです。

洞窟の中はとっても静かなので、僧侶の修行などには最適なんだそう。

 

中にはもちろん、仏像が祀られています。

ここも他のお寺と一緒で、土足厳禁です。

 

お祈りをするアート。

この日は、はるこの一ヶ月目の命日でした。

なので、アートに教えてもらって、タイ版のお祈りを私もしました。

 

タイのお祈りは、最後に顔をなでるんですが、

その意味は、自分と自分の大切な人が守られますようにという

パワーを取り入れる意味なんだそうです。

 

どうか、はるこ、そして私の大切な人たちが守られますように。

今日は、みんながいるから、泣いている場合じゃありませんね。

 

そして、外には、こんな感じの不思議な石像が。


その中の石碑のようなものに書いてある意味をアートが教えてくれました。

意味は、

”情けは人のためならず”

というような意味。

 

貧乏な人には、良くしてあげなさい。

ただし、見返りを求めるのではなく。

いつか、まわりまわって自分に戻ってきます。

という感じだそうです。

タイ人が親切なのは、そういう信仰を深く心に抱いているからかもしれませんね。

(ただし、悪徳乗物商売の奴らのぞく)

 

 

そして再び歩いて、ランチに向かいます。

案内してくれる人がいるって楽ですね。

一人の時は、たいてい地図とのにらめっこですから。

 

ところで、タイのマンションなどのベランダには、みんなカーテンをつけています。

家の中ではなく、なぜかベランダ。

みんなで疑問に思って、アートに聞いたのですが、わからず(笑)

 

そしてそして、今日は、この素敵なカフェでランチです。

 

いわゆる、隠れ家的な感じで雰囲気ばつぐん!

 

さてさて。

タイにいる間は、なるべく一日1スムージー。 

 

今日のスムージーは、レモンライム&ミントスムージー

味は、モヒートに似ていて、凄くおいしい!

モヒート好きです。

 

でもって、チーズ入りのオムレツ。

もう、ずーっとタイのごはんばっかりだったので、洋食がめちゃめちゃ嬉しい!(≧▽≦)

 

これ、下に隠れてしまっているんですが、

豆乳パンがひかれていて、その上にこのオムレツ。

 

激ウマでした!!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

関連記事

旅、初のダウンまでのカウントダウン

昨日は、また夢の中で大号泣していました。 今、日本がとっても恋しい。 こうやって一人でたくさん考える時間があると、色んなことを考えます。   人間関係のわずらわしさもたくさんあるけど、 普通…

続きを読む

マイアミ空港から市内へ

ダラスより、2時間25分の国内線で、次の街へ。 短時間なので、食事は出ないけど、お菓子とドリンクサービスがありました。 あとは、アメリカン航空、アメニティがついてくれたらいいのになぁ~。 そして、短時…

続きを読む

バイバイ、ハノイ!

まだまだ夜の移動時間出発まで、時間はたっぷりあるので、再びホアンキエム湖までやってきました。 ハノイは、寒いくらいなので、いくらでも歩けるのがありがたかったです。 せっかくなので、湖に浮かぶ祠、玉山祠…

続きを読む

星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!

朝3:00出発で、再びツアー開始です。 もちろんメンバーは一緒だけど、実は、ラパスを去る時に、同じ宿でちょっと話をした2人と、ここで再会できました。   彼女たちは、別のツアーで、今から初ウ…

続きを読む

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

最後までビエンチャン。。。

やーーーっと、ビエンチャンを旅立ちます。 つまり、ラオスを出ます。   ビザなしで居られる無料滞在期間ギリギリの15日間いたので、長かったー。 連日、書いていた通り、ビエンチャンは本当に何も…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link