旅日記 ポーランド クラクフ 世界のごはん・お菓子

めげずにレストラン・ポラコウスキに再トライ!

投稿日:2016-09-02 更新日:

帰国まであと少し!となったところで、

気が抜けたのか見つからないものが出てきた。

ついさっきまで使っていたボールペン、靴下1足!

 

あまり、物は失くさない方なのに。

どこからか見つかることを願う!!

 

 

チェックアウトをする時、親切な管理人さんが優しい目で、

バイバイって言ったのが、印象的でした。

 

Enjoy hostelは、ほんとに新しくて、綺麗で、

キッチンも冷蔵庫をはじめ、ちゃんと器具が揃っているし、

シャワールームも4つ、トイレも3つ、共有スペースも広いし、

かなりいいドミトリーだと思います。

 

まだまだ改装をしていて、

ゲストハウスとして、これからもたくさん旅人を迎える準備をしているんだなと思いました。

まぁ、初日、謎の家族の部屋になってしまったのは参ったけど。

 

クラクフは今日は曇り。

雨が降ってないだけ、ましだけど。

ハンガリーでは天気に恵まれてたんだけどな。

 

ヨーロッパ旅、最後の宿へ移ります。

帰国前は、ちょっといい宿でのんびりがいいのです。

 

ヨーロッパの安宿は、東南アジアの宿みたいに、レセプションがわかりやすくなくて、

なんだかんだうろたえることがかなりありました。

 

呼び鈴が必要とか、

おまけにエレベーターの脱出方法がわからないとか

東欧式エレベーターでパニックになる

 

レストランとくっついていて、入り口がわからないとか 

→ チェコ料理と詐欺に遭う

 

扉をいくつも開けなくちゃならなくて、

本当にここで合っているのかわからないとか

いきなり大変なベルリンの歓迎

 

でも、そんなことも思い出だし、最後ですね。

 

前回の長旅の東南アジア旅では、

体調不良で何度も倒れこんだりしたけれど、

今回は、行く前が怪しかったけど、笑

旅の最中は、ずっと健康でした。

 

けど、それに対して、カメラが途中で怪しくなり、

現在は、スーツケースの車輪が1つとれそうになっていて、

昨日はスマホまで調子が悪くなったのです。

なんとか帰国まで、全員そろって、無事帰りたいです。

酷使しすぎてごめんよー。

 

とりあえず、残りのポーランド生活を満喫させるには、

ごはんですよ!ごはん!

 

いくつかレストランを見て回ったけど、やっぱり。。。

来ちゃった♡ポラコウスキ

安くておいしいに敵うものはない!!

 

昨日かなり、おばちゃんに威圧されて、心折れそうになったけど、

毎日通ったら、おばちゃんとの間にも何かしら生まれるかも!

前向きスクリームです!!

 

とは言え、そーーーっと中に入り、レジを見てみる。

 

おおっ!!

今日は、赤毛のアン風の三つ編みをした、

とっても可愛らしいお姉さんです!

なんだかんだラッキー。

 

「ボルシチありますか?」

お姉さん「Uh huh!」

 

お姉さんは、可愛らしく返事をしてくれると、

小さなカップを奥から持ってきて、

 

「ポーランドの有名なスープよ!味見して!」

 

と、ジュレックを注ぐと飲ませてくれました。

う、、、うん。通じてない!!

 

お姉さん、ごめんね。

私の言葉がどんな風に伝わったのかわかんないけど、

これは昨日も飲んだからおいしいのはわかってるんだけど。。。

 

でも、どう見てもスープはこれだけっぽいから、

今日もジュレックを注文。

 

で、目に入った春巻きっぽいのが気になったので、

 

「それは何?」

「ポーランド料理よ!」

 

うん。そうだね。きっと。

今日はもうピエロギはいいやって感じだったので、

せっかくなので頼むことに。

 

お姉さんは、お皿にとってくれると、

「おお!ちょっと待ってね。」

と言い、再び奥へ。

 

「この料理はね、これをつけて食べるととってもおいしいのよ!」

と、サワークリームを大量に乗せて来てくれました。

 

昨日とは、同じ店だなんて思えないくらいの、

なんていう素敵なサービス!

 

めげずに来てみて良かったよー。お姉さん、ありがとー♡

ってことで、今日のお昼ご飯。

ポーランドの定番スープ、ジュレックと、

この春巻きみたいなのは、 

NALESNIKI ZE SZPINA

っていうんだって。

 

見た目春巻きみたいだけど、

どっちかと言うとクレープに近い食べ物らしいです。

中身は、ほうれん草みたいな青菜を大量に詰めて巻いてあります。

ガーリックっぽい味付けがされていて、

お姉さんが言った通り、サワークリームととても合います。

 

で、今日もこの2つでお腹いっぱい。

値段は、16.40ズロティ=430円くらい やっぱり安い!!

 

店員さんが優しいと、店の内装も良く見えてくるから不思議。笑

でも、とっても可愛く造られているんだけどね。

 

壁棚に飾られている、これらの野菜は、本物なんです。

確かに初日、おばちゃんとの戦いなんかはあったけど、 

やっぱりおいしいし、ちゃんとしたレストランよりも入りやすいし、

メニューも結構あるので、クラクフに長期滞在していたら、

結構通いたいお店です。

 

そして、レジに可愛らしいお姉さんが居る時を狙えば、

更に入りやすいです。笑


さあ、この旅最後の新しい宿へと行きますか!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    いい店じゃないですか

    出張の為、コメントは残せませんでしたが、毎日拝見して旅情を楽しみにしていました。

    やはりスタッフの対応がその店の評価を決めますね。
    施設をどんなに良くしても、やはり人が大切ですね。

    壁の装飾が本当の野菜とは驚きました。
    注文がくるとその野菜を使うのでしょうか。
    日本料理に例えると、海鮮料理の店で生け簀の中を魚が泳いでいて、注文があると魚を捕まえて料理する感じでしょうか。
    考えると日本の方がすごいかな。

    また、スープが美味しそうですね。日本にはない感じで寒い国の料理という感じです。

    気をつけて旅を続けてください。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
クラクフ市内から空港へのバスでの戻り方
NEXT
心から大好きな宿に出会えたよ!POKOJE GOSCINNE SUN

関連記事

こうして思い出の町に変わるのです。

パーイでマル一日過ごす、最後の一日です。   パーイはほんとに時間が止まっているかのようにゆったりのんびり。 本当に癒されました。 東京で、「時間がない」がくちぐせになった毎日で、何かを失く…

続きを読む

出発前夜の大ゲンカ・前編

南米旅へと出発するまで、あと8時間。   私はもう、3日前にはパッキングを完了していたので、 現地一日目のスケジュール確認や、移動の方法の確認、 移動中に聴くための音楽を、PCで移動したりし…

続きを読む

ラオスからベトナム 陸地越えはいつだって大変

すっかり熟睡してしまっていたのですが、周りのいびきで起こされました。 どうやら、いつの間にかバスは停止しているらしいです。 (後から聞いたら、2時くらいから停止してたらしいです。) 国境が開くのを待つ…

続きを読む

寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン

ラオスへ向けた2泊3日の片道旅、まだまだ出発したばかりです。 チェンマイを後にして少し走ると、 バンは、まるで寓話の世界のような場所に到着しました。   ななな、、、なんですかー! この雪景…

続きを読む

初めて見たカンボジアは

ついさっきまで見えていたベトナムの景色とは、明らかに変わり始めます。 目に映る色が、茶色なんです。 ああ、カンボジアに来たんだ。   ベトナムは、のどか~って言いたくなるくらい、田舎道には緑…

続きを読む

バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

バラナシ初日、宿に向かうリクシャーマンに危ない宿だと大嘘つかれたけれど、 宿はとても快適で、宿の人にはお世話になりました。   バス停に向かう時間まで少し待機させてもらっていたら、 宿のオー…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link