旅日記 アルゼンチン ブエノスアイレス

束の間ブエノスアイレスを怪しい人間になって歩く

投稿日:2017-08-05 更新日:

今思えば、なんであんなにビビっていたのか、謎!!

 

バスは予定時刻を大幅に遅れて、アルゼンチン首都のブエノスアイレスのバスターミナルに到着しました。

さあ、ここから再び気を引き締めなくちゃ!!

 





っていうのも、ブエノスアイレスの長距離バスターミナルは、まさにスラム街のすぐ脇にあり、

到着する寸前にもスラム街を通ってきたけれど↓

 

ブエノスアイレスのバスターミナル自体も、今までにない暗さなのです。

のほほん気分で旅してきたアルゼンチン北部とは、同じ国と思えないくらい、

急になんか雰囲気が変わって、できればここを歩きたくない。

 

かと言って、ここでタクシーに乗るのも嫌!!っていう、どうしようもない雰囲気です。

 

うーん、ちょっと近寄りたくないなぁって感じの怖い人も歩いていて、

ターミナル内を通過して、スラム街へと消えていきます。

 

ちなみに、この後はフライトです。

 

本当はブエノスアイレスを観光するには、少しだけの時間があったはずなのに、

バスが遅れたせいで、観光時間などなくなり、空港へと直行しなければいけなくなりました。

 

ブエノスアイレスには、空港が2つあり、今回我々が使うエセイサ空港、

もう1つは、ホルへ・ニューベリー空港。

この2つの空港は、かなり離れているので、この2つの空港間で乗り換えとかあるとかなり大変らしいです。

いわば、成田空港に着いて羽田空港発の飛行機に乗り換えなくちゃいけない感じ。

 

空港へ向かうには、バスが一番便利だけど、このバスターミナルからは、出ていないのです。

 

出ているのは、このバスターミナルから、徒歩10分ほどの場所にあるLeon社。

歩いて行かなくてはなりません。

 

フードをかぶります。

 

前にも記した通り、世界一周した旅友いわく、南米の強盗は、人を見て襲うのです。

 

この見た目じゃ、弱弱しいかもしれないけど、意外と私は強いんだぞ!!

今の私に触れてみろ。怪我するぞ!!

 

ばりの目つきで、歩きます。←単なるあほ

 

今思えば、思いっきり昼間だし、ラパスもへっちゃらだったし、

もっと怖い町もひとりで旅してきたくせに、なんであんなにビビっていたのか。。

 

って言うのも、このブエノスアイレスのバスターミナル付近での被害話が後を絶たなかったんです。

 

スラム街と隣接しているばかりに、強盗やら襲撃やらに遭ったとか、

ターミナル内を歩いていたら、いつしか人が少なくなって、気付いたらとり囲まれていて、荷物全部やられたとか、

迷子になって、気付いたらスラム街へ入ってしまっていたらしく、後ろを歩いていた相方が襲われていたとか。

 

良い話を聞けなかった。

 

ケチャップ強盗かと思ったら、リンスかけられてて、私のはいい匂いで良かったよ~

 

なんて、おっとりした友達が言ってたのもこの街。

 

そうそう、スラム街に間違って入ってしまい、やっぱり襲われそうになり戦ったとか言ってた男の旅友もいたな。

 

もう全部、ブエノスアイレスだった!!

 

とにかく道を間違えてはいけません。


一歩間違えただけで、スラム街です。

必ず公園を通って行くのです。


もう体調も復活していないのに、隙なんて見せないように、必死です。

 

と、そんな状態だったので、写真がほぼありませんです。

唯一の公園からの写真です。


でも、Leon社に到着した時は、心から安堵したよ。

やっとここが、Leon社です。

と、私はナイフなんだぜばりに虚勢はってた私。

そして、安堵すると、再び体調不良が押し寄せます。


が、まだまだ移動は半分も来ていないのです。

なんで、こんな時に限ってさぁ―。私の体調ってやつはさぁ―。

 

予約などはしていませんが、カウンターでチケットが買えます。

料金は、100ペソって聞いていたけど、ここでも地球の歩き方の情報は間違っているので注意。

アルゼンチンの歩き方の情報は、ほんっとうにあてにしない方がいいです。

 

この時で、一人210ペソ。

そして今後もインフレの影響で上がると思われるので、注意です。

 

バスは、一時間に1~2本出ているらしく、チケットもオープンチケットなので、どのバスに乗っても良さそうです。


観光時間もないし、ビビっているしで、すぐにバスに乗り込みました。



まあ、長距離バスではないので、車内は、普通です。

ひとまず、エセイサ空港までの、束の間のブエノスアイレスの景色をどうぞ!!

 

印象としては、結構、かっこいい教会がたくさん見えたんですよね。

 

どうせ、私のあの調子じゃ、街を歩いていても、しばし警戒モードだったかもしれないけど、

せっかくだから、すっごく歩いてみたかった。

結局、通り過ぎるだけの街になってしまった。

いつか、来るのかな。ブエノスアイレス。

でも、願わくは、次のアルゼンチンは、南部に行ってみたいのです。

大好きなペンギンに会いに行きたい!!

とりあえず、そんな想いを残していくよ。

 

通り過ぎるだけの町もたくさんある。それでもいつか、また戻ってくるのかも。

 

次の街へ!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, アルゼンチン, ブエノスアイレス

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    今回は

    今回は度胸がすわっているサヨさんもびびってましたね。

    雰囲気的にこわい感じだったのでしょうね。

    アルゼンチンやブラジルなんてやっぱり日本の裏側なんで、日本の常識が通じないのですかね。

    健康に気をつけつづきを期待します。

  2. ☆まりりん より:

    えー!アルゼンチンてペンギンもいるの?知らなかったー!
    歩き方で入場料が合ってたことはほぼないね。

comment

関連記事

チェンマイの旧市街へ

まみさんは、朝早くパーイへ出発して行きました。 私とは逆ルートで東南アジアを周る彼女。 お互いの旅の健闘を祈って、握手をしてお別れです。 旅は、こうして出会いと別れを繰り返していきます。  …

続きを読む

72時間、ぶっ通しの長距離移動スタート!でもその前に。。。

朝起きて、いつものようにメールチェックをすると、 今更、ものすっごく今更、 アゴダから、ホテルの予約ができませんでしたの謝罪メールが届いていました。 →宿の予約がされていないのは事件です。 &nbsp…

続きを読む

シリラートの死体博物館に行く

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。 スイマセン、悪趣味ですね。   ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。 まだ、そんなに海外に興味がな…

続きを読む

やっと憧れのクトナー・ホラが見えてきた。でも。。。

下調べゼロで来ると、ヨーロッパの鉄道に乗るのは大苦労ということがわかりました。当たり前っす。 電光掲示板で、クトナー・ホラ行きの電車の出発時刻が出るのを待ちます。     待ちます…

続きを読む

激動のアユタヤの日々が始まる

いよいよ、カンチャナブリーともお別れです。 アユタヤまでは、ミニバスで移動することにしています。 2日前に、近所の旅行会社で予約をしておきました。   受付には、可愛らしい女の子達が3人いて…

続きを読む

アユタヤ最後の夜は素敵な時間でした。

やっと日本人のサムライに会えて、一人旅で張り詰めていた緊張もほぐれました。 3人で、夜の宴会がスタートです。   間もなく、同じ宿やら近くの宿やら、サイフォンのレストランに来た他の外国人も加…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link