旅日記 タイ チェンマイ

チェンマイの喫茶店へ行こう!

投稿日:2014-02-22 更新日:

Slowhouseには、結構日本人びいきのタイ人の男の子達が出入りしていて、もちろん、彼らは日本語を話すことができます。





彼らは、本当に優しいけれど、(たぶん)下心がなくて、

日本人との距離の取り方もちゃんとわかっています。

 

で、今日はその中の一人、アートというタイ人の男の子が、

車で観光に連れて行ってくれるとのこと。

 

そもそもアートは、Mさんの事がとってもお気に入り。

なので、そこに便乗して私も連れて行ってもらえることになりました。

 

わーい!楽しみーーーー!!!

 

だったのに、どうやらアートは、鍵を車の中に入れたままロックしてしまったらしく、結局、車は使えず。。。

結局、ソンテオで観光へ行くことに。

 

まぁ、Mさんにかっこいいとこ見せられなかったアートも気の毒ですがね。。。

 

でも、地元人がいると安心感があります。

アートは、すごく物腰の柔らかい話し方をする男の子。

よく高校生の時とか、なぜか女の子の集団と行動してる男の子がいたけど、そんな感じの男の子でした。

 

それに、まだ初級日本語レベルなので、まだまだ日本語がままならないことも多く、

普段は、上級クラスよりも初級クラスの子を受け持つことの方が多いのでここは、私の出番ですね!(゚∀゚ )

 

まずは、喫茶店好きのMさんの希望で、可愛い雑貨屋さんと喫茶店が一緒になっているお店へ。

 

PAPER SPOON

誰かと行動するのって、本当に面白いなって思うんです。

だって、私一人だったら、絶対こんなお店見つけられてないし、

きっと入ることもなかっただろうし。

自分の知らない世界を見られるチャンス!

 

で、本当にここは、可愛い造りで、この女子力の高さ!

綺麗な色の石が埋め込まれて、牛や花の絵になっているんです!


 

トイレだって、こんな可愛い!


ここは、喫茶店の方で飲み物やデザートなども飲食できて、

で、雑貨を売っているスペースもあって、手作りのこんな可愛い小物も売っています。


可愛いねーってはしゃぐ女子3人と、一緒に可愛いねーってはしゃいでいるタイ人男子。

なかなか面白い図であるはず。

 

手芸好きの友達へ、可愛いボタンがあったので購入しました。

 

実は、まだこの旅で食べ物以外の物を買っていなかったんです。

なので、この友達へのお土産が第一号。(^-^)

 

ちなみにここでアイスココアを頼んだのですが、

めちゃくちゃ濃くておいしかったです。

たぶん、人生の中で飲んだココアの中で一番。

 

そして歩いて、お寺へ向かいます。

 

誰かと観光するって、やっぱり楽しい。

可愛いねって言って、ほんとだーって返ってくるとか、

これ○○かな?って聞いて、答えが返ってくるとか。

 

癒されます!!(´∀`)

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

関連記事

香港の路上食堂でディナーを

油麻地のナイトマーケットの路上食堂で夕食を食べました。とにかく香港グルメは最高過ぎて、食べるのが楽しみになるくらい。路上食堂のおススメメニューなどを紹介。

バイクでプノンペンの町を走ろう

よし!今日からはまた心を入れ替えて、呉さんと仲良く楽しく行くぞ! 喧嘩してばっかりだったけど、縁があって二人旅をしているんだから。   主張はわがままにならないように、でも自分の旅もしっかり…

続きを読む

どうにかこうにかヨーロッパ旅終了!そしてまた怪しまれる

快適なアブダビ空港到着。 これちょっと、友達からは、 写真の撮り方がださいと言われてしまったんですが、 一応シンボルなので、乗せときます。(;´▽`)   ここまで来れば、日本まであと一歩で…

続きを読む

東門市場と龍山寺で台湾の日常を感じる

ルンルン気分で、中正記念堂を後にしました。 もう、ここまで来たら、東門市場も歩いてすぐなので、行ってみましょうかねぇ。 沖縄饅頭だって~。へぇ~。 もはや、4年前の足跡を辿ってみる旅になっておりますが…

続きを読む

長旅をしていると現地人オーラが産まれるのでしょうか

墓地を出て、ちょっと人恋しくなってしまって、 再び中央広場へ戻りました。   途中にあった鳥箱。 こういうの癒される。   さすがに墓地とか歩いてしまったら、 こんなににぎやかな場…

続きを読む

寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン

ラオスへ向けた2泊3日の片道旅、まだまだ出発したばかりです。 チェンマイを後にして少し走ると、 バンは、まるで寓話の世界のような場所に到着しました。   ななな、、、なんですかー! この雪景…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link