旅日記 香港

銅鑼湾はインスタ映えの街?

投稿日:2018-04-08 更新日:

銅鑼湾を歩いていたら、シルベニアファミリーに出会ったよ!

でもきっと、”そっくりさん”だよね。うん。そんな私もシルベニアで遊ぶような可愛らしい少女じゃなくって、バット片手にホームラン打っちゃうような、小生意気なガキンチョだったんで、シルベニア詳しくないよ。

あっ。タイトル見つけたけど、やっぱり違うみたい。




 

今流行りの”インスタ映え”、私も今更ながら、インスタ始めたけど、結局使いこなせていない、映えない人間です。

まぁ、特に映えは狙ってないんですが。ないというより、できない。(^_^;)

 

銅鑼湾の街を歩いていると、そういうインスタ映えスポットがたくさんあって、まさに今流行りに乗るにはちょうどいい場所なんじゃないかなって思ったんで、そんなスポットを紹介します!

急げ~!!

 

まずは、前回紹介した渣甸坊のミニ女人街のエリア。

そこで見つけたのは、可愛いロッカーの数々。

これ、売り物じゃなくて、お店の人が商品の在庫を置いておくロッカーだと思うんだけど、どのロッカーも絵が描かれていて、とっても可愛いんですよね。

こういう可愛い絵の前で写真を撮ったら、いわゆるインスタ映えってやつなんじゃないの??

 

でも、香港女子にもインスタは流通していると思うけど、特にここで撮ってる人はいませんでしたが。

 

ゴ「インスタ映えってさ、壁でしょう?ほら、でかくて一面が壁って場所。」

さすが、私と違って、最新の物には飛びついてみるゴロー丸は、よくわかってる。インスタもかなり前からやってるしな。

 

で、壁と言えば、銅鑼湾には、結構あるんですよ。そんな感じの絵が描いてあってでかい壁。

ってことで、そんな壁の前で、インスタ映えを狙って写真を撮ってみました!

 

「こんなやつでしょ!?」

ゴ「いや。なんかもっと、みんな素敵なポーズとるんだよ!そんな鼻の穴に指突っ込みそうなポーズなんてとらないんだよ!!しかも旅人感満載で、やたら物持ち過ぎだし。」

 

ぐぅ。。。

なーるほど。

 

じゃあ、ゴロー丸やってみてよ!!素敵なインスタ映えのポーズとやらを!

 

ゴ「よし!こんな感じだよ!」

ゴロー丸、インスタ映えを狙う。

 

ふむ。なるほどね。何にもないのに、見上げてみちゃったりするのね。

それが勝手に名付けて、インスタポーズなのね。

 

「じゃあ、これをインスタにあげようか?」

 

ゴ「(´□`)!!」

 

ゴ「ちがうよ!!普通は、こんなポリスとか書いてあるポールなんかが映らないように撮るんだよ!うまいこと壁と人物だけ入れてさぁ!!」

 

ほおおー。そりゃもう、私のセンスのなさの問題ですわ。

だめだ。

リマでの素敵写真撮影の失敗に加えて、我々、インスタ映えも失敗してるし。。

 

結論。

インスタ映えを狙わない、旅人写真でこれからもお届けします。

でも、銅鑼湾には、そんなインスタ映えスポットがたくさんあるので、上手な人はぜひぜひですよ!

 

 

ちなみに私の好きな写真は。。。

 

こんな感じの働く人とか、

 

街の雰囲気そのものが雑多に詰め込まれた景色とか。

そんな風景に魅かれてしまいます。

 

そして、次の景色はまたしても、摩訶不思議な感じで圧倒されちゃう、そんな場所でした!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

関連記事

やっぱりなんか暗いって

ドミトリーには、寝る時まで誰も来ず、一人だと思ってたけど、夜中爆睡してたら誰か来た。   でも、眠すぎて起きられず。 で、朝方部屋に鳴り響くヘビメタの歌で目が覚めました。   同室…

続きを読む

チョコレート多めでアルゼンチンの長距離バス移動開始

最後のサルタの町散策を終え、預かってもらってる荷物をとりに宿へ戻り、 結構買い込んだお土産なんかをパッキングして、 お礼を言って、宿を去ります。 2人の従業員のお姉さんが、声をそろえて、 「se lo…

続きを読む

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!

朝3:00出発で、再びツアー開始です。 もちろんメンバーは一緒だけど、実は、ラパスを去る時に、同じ宿でちょっと話をした2人と、ここで再会できました。   彼女たちは、別のツアーで、今から初ウ…

続きを読む

次の国、マカオへ行こう!

香港を離れ、マカオへ向かいます!尖沙咀の朝が気持ちいいほど、新しい国へ行くと言うのはテンションが高まるのです。フェリーターミナルもすいすい進んで、あっという間に船の中。束の間の船旅です。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link