旅日記 タイ チェンマイ

日本人宿での日々が始まる

投稿日:2014-02-21 更新日:

気を取り直して。

アユタヤで、チェンマイに行くことにした時から、考えていたことがありました。

それは、日本人が経営している宿に泊まってみたい!





 

その時、ちょうどビンとの一件で、ちょっと滅入ってて、

とにかくこの辺でいったん、安心して過ごせる場所に行きたいって思っていました。

そして、チェンマイでの宿に選んだのは、

Slowhouse

ふー。やっと日本の環境でゆっくりできる。。。

受付も日本人だし、宿泊客もほぼ日本人です。

 

個室もドミトリーもあります。

で、この旅では初のドミトリーに泊まることにしました!

 

同室は、まみさんというカフェ好きの女の子。

この旅始まって以来の、初の日本人の女の子との時間。

ああー。癒される。

 

で、この日は近くの韓国人宿が満員だったらしく、

何人か韓国人の子たちも泊まりに来ていました。

  

それから、部屋は違うけど、マッサージ学校へ通っている方もいました。

 

他には、一目見て沈没者だとわかる、しゅうさんという不思議系な男の人。

ここは、日本でした。

 

それに、ここの周辺は日本人経営の店などが多いらしく、

日本語の看板がとてもたくさんあります。

もちろん、ラーメン屋や日本料理店も。

 

なので、旅の途中で日本人が少しのんびりするには、とてもいい場所だと思います。

女の子は、くれぐれもソンテオに注意したうえで!!

 

 

さて、宿について荷物をおろしたら、町をしばし、ぶらぶら散策します。

  

歩いて5分もしない場所に、ガートスワンケーオという、

大きなショッピングモールがあります。

中は、服屋、靴屋、フードコートなどなど。

色んなお店が入っています。

 

ちなみに、タイのカラオケBOX ↓

 

フードコートでランチをとることにしました。

 

カーオマイガイ

これ、好きなんです。

 

ちなみにここのフードコートは、お店でお金を払うんじゃなくて、

フードコート入口にある、チケット売りのお姉さんからチケットを買って、それを使う仕組み。

 

よくわかんないけど、先にお店に行って、お兄さんに聞いた額を出したら、その金額分変えてくれました。

 

そして、そして。

夕方になると、外に屋台が並び始めます。

 

その屋台で買ったプリン。

これ、本当にプリンだったのかなぁ?なんかコーンポタージュの味がしました。

 

ちょうど、この日は土曜だったので、サタデーナイトマーケットに女子3人で行くことに。

すごいにぎわっています!

屋台の数もすごいし、なんてったって、靴をはじめバッグなど、

思わず買いたくなるような物が多数、売られているんです。

 

フードも色々あって、蟹の甲羅に入ったつみれっぽいのと、

東南アジアのデザート、初ロッティーを買いました。

  

どっちも激ウマ!(写真撮れず、スミマセン)

 

ちなみにここで、おばあちゃんが売っていためずらしいベルトが凄い気になって、

値段を聞いたら、800B!!(+_+)

 

そんな値段、今はとても出せない。。。

 でも欲しい。。。

 

おばあちゃんにいくらがいいのって聞かれて、400Bって言ったら、鼻で笑われました。(笑)

 

頑張って、650Bまで下げるって言われたんだけど、

悩みに悩んだ末、諦めました。。。

 

でもねぇ、その時は、どうせそのうちラオスあたりで、安く買えるかも!

とか思ってたんですよ。

 

まんまと、出会えず。。。

 

夜は、みんなで宴会状態だったんですが、まだ初日。

アユタヤ最後の夜の楽しかったみんなとの別れを引きずっていて、私気分が上がりきれませんでした。。。

でも、日本人宿の夜、誰かと一緒の部屋は安心して熟睡できました。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンマイ

執筆者:


comment

関連記事

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。   だんだんと、とばりが降りてくると。。。 夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。 ランタン、好きな…

続きを読む

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。   このお寺は、森の中にある寺院。   池があり、 この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。 この日も、カップルがちょうど手…

続きを読む

ワット・ラーチャブーラナ

気も取り直せないまま、まずはワット・ラーチャブーラナへ行きます。 そう。 ずっと、目の前に見えていたのに、入れなかった遺跡です。   せっかく、トンチャイゲストハウスはアユタヤの主要遺跡が真…

続きを読む

インドに到着!疑心暗鬼とわくわく感が止まらない

トランジットのマレーシアであっという間に荷物検査、 そして搭乗開始となりました。 やっぱり二人旅だとこういう待ち時間ってあっという間ですね。   インド人がかなり増えてきました。 色とりどり…

続きを読む

アンデスのミイラの少女に会いに行く

ウユニ塩湖の塩にやられて以来、急遽ウユニの町で民族パンツを買って、 ずっとそれを履いて旅してるゴロー丸ですが、 思いもよらず、アルゼンチンが都会過ぎて、恥ずかしくなったようです。   ゴ「な…

続きを読む

ペルー南部の田舎風景

クスコへ向かうバスの中から撮りました。 すっごくすっごく素敵で好きだなって思える景色が多くて、 今回もバスの車窓からシリーズです。       おおぅ、おまえ、まだクスコに着かない…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link