旅日記 ペルー クスコ

12角の石と14角の石

投稿日:2017-10-01 更新日:

雨です。

すぐに止むだろうけど、またしてもザーザー降り。

山間の町は大好きだけど、天気変わりやすいのは、面倒ではあるなー。

 

ふと、お店の前を通ったら、可愛い光景。

ズームすると。。。

可愛いニャーの上に、たくさんの鳩達が雨宿りしてた。

 

ペルー版、忠犬ハチ公。

って、うそうそ。誰も信じないと思うけど。

クスコの犬は、飼い犬でも普通に繋いでなくて、

ふらーっと町を歩いてるから、

野良犬なのか飼い犬なのか不明。。。

 

でも、今のとこ、野犬には会ってなくて、みんないい子。

 

 

  

猫も雨宿り。

犬は、山ほど見かけるけど、猫ってそんなに見かけない。 

あまり飼われていないのか、それとも外に出す習慣がないのかな。

 

さて。

 

クスコの町には、有名な見どころがあります。

マチュピチュで散々見てきた、インカの見事な石積みですが、

ここクスコでも、ちょっと変わったそれが見られるんです。

 

雨だけど、行ってみましょう―!!

 

カテラドルから裏のエリアへと向かいます。

細い路地を抜けて行きます。

すでに両脇には石積みの壁が続いています。

 

この何もない通りを歩いていると、普通にその石は現れます。

 

12角の石

わざわざ12角も作って、

それらをぴたりと他の石を積み上げ合わせきっているのも見事だけど、 

当時のインカ人の石材職人は、

俺の技術は凄いんだぜ!!ってのを見せつけるために、

こういうのを造っていたのかな。

 

それとも、かつてはここに宮殿が建っていたそうなので、

王への敬服の証として、これを造ったのか。。。

 

どっちにせよ、真実はもうわからないけど、

誰かが造ったこの凄い物が、

時を超えていつまでも残されていくんだね。

 

建物や遺跡自体は、修復を繰り返すけど、

これは一切変わらないことだし、

おばあちゃんなんかが、昔クスコで12角の石を見た。って言うのと、私が今見てる物は一緒。

でもって、いつか私が年老いて、誰か若いバックパッカーの子と話すのかも。。。

そんなことを思うと、夢がありますね。

ちなみに14角の石もありましたよ。

ちなみにこの辺りのエリアも、

何気に変わったお土産屋さんやお店があって、 

町歩きしてても楽しいです。


 

ツアー斡旋のおじちゃんも声をかけてきます。

「マチュピチュ?」

「マチュピチュ昨日行ったんだよー。」

「Oh~、アミーゴ~。。。」

 

断っても、おじちゃんなぜか楽しそうにグータッチしてきた!

  

こういう程よい観光地感も、クスコの居心地の良さ、

人の雰囲気を作ってると思う。

 

可愛いTシャツのお店見つけた。

路地裏って感じのお店で、一目惚れした帽子を買いました。

 

南米旅に出てから、帽子をよく買っています。

デザインは、可愛すぎるのもあるけど、

可愛すぎて、親友の子供のお土産に買っちゃいました。( ´艸`)

  

お店番に飽きちゃったのかな?? 

 

どこの国に行っても、この口から噴水がビャヤー系はあるけど、

やっぱり写真を撮ってしまうのです。可愛い。

 

そしてまた、晴れました。

  

晴れると本当に見事な景色。

さすが街自体が世界遺産のクスコって感じです。

 

ふらふらとさまよっていたら、

ジェラードアイス屋さんを発見!!

 

ここ、結構変わった種類のアイスがいっぱいあります!!

 

お店のおじちゃんが全部何の味か教えてくれるんだけど、

どれも聞いたことのない名前で、全部食べたいくらい。

   

とりあえず、気になったNo1のチリモヤをチョイス。2.5ソル。

チリモヤは南米の果物です。

個人的には、桃に近い味だと思うんだけど、凄くおいしい!!

そのうち、実物も食べてみたいと思う。

 

そして、すっかりおいしくて、常連状態になったお店、

PUCARAで、お茶タイム。

 

チョコレートケーキとチーズケーキ。

クスコで、ずーーーっと食べ通しの私に、ゴロー丸は驚いている。

いや、引いているのかもしれないけど。

でも、ここのケーキは手作りケーキでとてもおいしいです。

 

少しくつろいでいたら、

初日にリンカツアーを紹介してくれたツアー会社の人が、

偶然お店に入ってきました。

無事、リンカさんの手配で行けたことを報告して、

少しおしゃべりをしました。

 

「クスコいいとこですねー」

「次にクスコに来る時は、少し住んでみなよ」

 「住んでみたいですよ!!私、クスコなら住めると思う。」

 

もちろんリンカさんもだけど、この人もずーっとクスコに住んで、

お仕事をして、

私が日本で仕事をしている時間も、買い物をしている時間も、

こんな風に地球の裏側で、この人は馴染みのお店で時間を過ごして、

時々、旅人をお世話して、話したりしてるんだなって思ったら、

なんだか、よくわかんないけど、泣きそうになった。


 

いつも長い旅先で、町を去る頃に時々纏われるこの気持ちがよくわかんないんです。

悲しいわけでもなくて、嬉しいのとも違って、しいていうならセンチメンタル???

いつだって、通り人でしかない私と、遠い町でずっと佇んでいる人と。

 

クロスした運命と、

いつかまた会えるのかな?っていうそんな切ない気分。

 

とにかく今日は、よく会える日だ。

いっつも、少し長く居た町では、最終日に再会のプレゼントっていう奇跡が起こります。

 

そして今日の食べまくりデーは、まだまだ終わりません。

なんてったって、クスコ最後の夜!!

 

噂に聞いて、行ってみたかったあのお店に夜ごはんを食べに行くんだ!!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, クスコ

執筆者:


comment

PREV
ふと思い出すのは、こんな瞬間
NEXT
クスコで安くお腹いっぱい食べるならQORI SARA

関連記事

ウィーン中心部を散策しよう

ウィーン時間は、まだまだこれから。 中心部を軽く散策しよう!! どうやら魅力的な建物がたくさんありそうです。 しかもシュテファン寺院の周辺にたくさんあるので、周りやすそう! 街角のオブジェもゴージャス…

続きを読む

十分のおまけ

無事、十分瀑布も観終わったので、再び十分駅へ帰ります。 途中、流し運転をしていたタクシーのドライバーから営業されましたが、 乗るほどの距離でもないので、歩きます。   ドライバーはすんなり去…

続きを読む

波乱のメコン川ツアーの始まり

バスはいったんトイレ休憩で、おしゃれな休憩所に停まりました。   まぁ、いつもの高いお土産屋さんですね。 ここは、宿泊することもできるらしくて、 リゾートっぽくて、花と小屋が美しい、いい感じ…

続きを読む

ワット・プー・カオトーンに到着

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。 こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。     最後、入口を間違えて、遠回りして裏口…

続きを読む

四万人の遺骨で出来た教会

聖マリア大聖堂を後にすると、ここから徒歩5分くらいのところにある、 セドリツのもうひとつの名所、墓地教会を目指します。 もちろん、ここもずっと行きたかった場所。 でも、今日は本当に人骨だらけの写真にな…

続きを読む

この旅史上最悪の国境越え カンボジアからタイ

泣きべそだろうが、名残惜しかろうが、時間はどんどん進みます。 タイへの帰還に向かって。   実は、ヤマトから私とゆきさんの他に、もうひとり日本人の男の子が一緒でした。 まだ大学生の彼は、春休…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link