旅日記 香港

香港の街へと向かうのだ!

投稿日:2018-03-19 更新日:

香港国際空港に到着!

予想はしてたけど、すでに日本語がかなりあって、香港の空気も、なんだか私のテンションが上がるように助けてくれません。

ちっとも、遠くに来た感を感じられない。。。




 

と、いきなり愚痴で始まっちゃってすみません!

 

実は機内で、「入国カードを切らしているので、個人で空港で見つけて書いてください」的なアナウンスが流れてたんですよね。

大きな空港って、入国でも時間使っちゃうし、だからこそ、この入国カード問題は、本当にさっさと機内で配ってほしい所ですが、仕方ないので、素直に探します。

柱のところにボールペンと共に置いてありました。

ISSUEの欄がパスポート発行日だよって言ってんのに、そんなわけないって言い張るゴロー丸に若干イラッとしていたんですが、それよりも、隣にいたブラジル人の女の子が、カード記入に苦戦していて、助けを求められたので、一緒に書きました。

今日は、よく訪ねられる日です。

「実は私、一人旅で初海外なの。」と言う彼女。

それはぁー、不安だね!!私も、初一人旅の時は、国境越えがわけわからな過ぎて大っ嫌いだったよ。イミグレ、めんどくさいし大嫌い!

とか言ったって、大事な場所だから仕方ないんだけど。

 

でもでも、初一人旅、キラキラしてていいなぁ~。きっと、楽しい事がたくさん待ってるね。

ちょっと心配だけど、彼女の旅も素敵なものでありますように。

 

審査の列は、それなりに人もたくさん並んでいたけれど、凄く時間がかかることもなく、結構スムーズでした。

荷物も無事、ロストすることなく受け取ったので、いざ中心街へ向かおう!!

 

まずは、香港の空港で手に入れたいオクトパスカードを探します。

オクトパスカードとは、Suicaみたいなもので、チャージして交通機関に乗れて、買い物もできちゃう便利なカードです。

香港のバスなどは、お釣りが出ないそうなので、ぴったりの小銭を毎回用意するのが面倒なところ。なので、デポジットはありますが、買ってしまった方が楽です。

 

生徒の話では、空港でも、コンビニや売店なんかで買えるからって話だったんだけど、さら~っと見たところ、よくわかんないし、レジも凄く混んでいたので、インフォメーションカウンターで聞いてみました。

そしたら、無表情のまま「トレインカウンター!」と一言だけ。

 

へ。。。へい。

この感じは。。。

 

わかってます。いきなり現地の人の優しさを求めるのは、都会ではとんだお門違いってことは。

でも、人も都会的ですね。あは。。。(^_^;)

 

おもいだす ボリビア空港の あたたかさ 字余り失礼します。

 

トレインカウンターも、広い空港内で探すのは大変ではありますが、なんとか見つけて、ここ!

ここで、オクトパスカードは買えますからね!

 

オクトパスカードは、150HK$(香港ドル):2060円くらい ※2018年現在

デポジット50HK$で最初に使えるのは、100HK$分です。

帰国する時に、返却すれば返金できますが、手数料やらでデポジットの全額は返って来ません。

 

オクトパスカード

さて。手に入れたら、さっさとダウンタウンへ向かいたいところ。

 

市内までの移動は、電車かバスが主流です。

電車の方が、早く行けるんだけど、生徒いわく20分くらいしか変わらないらしいので、バックパッカーらしくバスで行くことにしていました。

この空港に着いたら、市内までのバス問題もなかなか自分的には、未だに慣れないところではありますが、香港の空港は、簡単でした。

なんてったって、一歩外に出たら、ちゃんと大きな案内掲示板があるのです。

 

ここで、自分の宿までのバスのナンバーと乗り場も調べられます。

でもって、今回香港旅でお世話になる宿は、重慶大厦なので、私達が乗るバスは、A21バス。

乗り場への誘導もわかりやすくていいですね!

乗り場もはっきり。わかりやすい!

余談ですけど、今までの旅した中で、空港からの移動で一番あたふたわけわからない泣きたいー!ってなったのは、ポーランドのクラクフの空港でした。

あの時は、それでも現地の人に助けられたんだけどさ。

 

バスは、2階建ての綺麗なバスです。

旺角行きのA21番バスです。

 

せっかくなので、2階席へ行きました。

2階もしっかりカメラがついているし、

1階の映像モニタまであるし、徹底!!

都会の良さと悪さを感じながらも、それでも香港旅が始まった。

 

バスの窓を流れる景色は、最初はこんな感じです。

でも、綺麗な青は、あっという間に終わります。

すぐにバカ高い建物がたくさん現れて、ボロさと真新しさが融合する不思議な国だなと思いました。

そろそろ、また一人旅しないと。

一人で出ていくことに怖気づいてしまう気がする。

でも、一人で行くのは、やっぱり田舎にしよう。山間の国がやっぱり好きだなー。

 

 

そんなことを考えていると、中華圏らしい景色が広がり始めました。

そして、車内の掲示板が次々と停車地を変え、人を降ろしながら進み、私達もNo.14の中間道で降りて、重慶大厦へ到着したのです。

さてさて。噂の重慶大厦の雰囲気とは???

どきどき。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

7+

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

PREV
香港旅の始まり
NEXT
重慶大厦の雰囲気はどんな感じ?

関連記事

シェムリアップの岡村さんとの出会い

ドミトリーには、何人か日本人の女の子が泊まっていました。   学生ボランティアで来ている子。観光で来ている子。バックパッカーの子。 みんなとちょっとお話をしていましたが、それぞれ出かけてしま…

続きを読む

アルゼンチンの長距離バスの食事クオリティー

南米の長距離バスでは、だいたい食事が配られます。   で、プエルトイグアスを出発して9時間近く、 目の前での交通事故目撃のショックで体調を崩し、寝入っていたら、強制的に起こされて、 アテンダ…

続きを読む

海老ワンタン麺に一目惚れ

初の香港グルメにすっかり心奪われてしまいました。
香港の食べ物って、味はもちろん、どれも食感が日本で食べた事のない食感で美味しいんです。とにかく、ワンタン麺は絶対に食べなくては。

リマのアルマス広場、旧市街に立って

ガラッと雰囲気の変わる旧市街に到着しました。   急に歴史的な建物の並ぶエリアが現れて、 再び違う国にでもやってきたかのような、変わりっぷりです。   アルマス広場、リマ版 観光客、現地人、…

続きを読む

やっぱりポーランド、なんか暗いって

ドミトリーには、寝る時まで誰も来ず、一人だと思ってたけど、夜中爆睡してたら誰か来た。   でも、眠すぎて起きられず。 で、朝方部屋に鳴り響くヘビメタの歌で目が覚めました。   同室の人の目覚…

続きを読む

これが忠烈祠の衛兵交代

ふらふらとさまよって、ようやく到着した私を待って、衛兵交代式が始まりました。 あ、私を待ってたってのは嘘です。 でも、到着と同時に始まったので、かなりびっくりしました。   ここも、1時間に…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link