旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

それでもプラスに出会える留学

投稿日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

朝から、サウトとの言い合いに始まり、

とんだ偏見のせいで、その後も嫌な思いばかりしていたけど、

でも、いいことがひとつありました。

 

私の行っている語学学校は、2週間に一度テストがあるようで、

それによって、上のクラスに上がる人、今のクラスに留まる人、

(最悪、下のクラスに行く事も・・・)

と別れるようなのです。

 

まだまだ、新入留学生の私は、授業についていくだけで精一杯だし、

もちろん昇級はなかったけど、クラスメイトもだいぶいなくなり、

冷たかった彼女”も、違うクラスになりました。

あの後も、彼女に対しては、どう接していいかわからず、

もちろん言葉を交わす事もなかったし。

彼女と同じ空間にいるのがなかなかの苦痛だったので、

これは、私にとってはちょっと爽快な朗報でした。

 

が、サウトは相変わらず、おんなじクラスのままだったけど。

どれだけ奴の英語力は、進歩しないんだか。

ひとまず、また”彼女”と同じクラスになるのも嫌だけど、

サウトの二の舞も情けないから、しっかり英語勉強しなきゃ。

 

で、いいのか悪いのか、日本人は私一人になりました。

まぁ、ひどい接し方されるなら、ひとりの方がましかな。

まだまだ、一番仲いい!!って言えるような子も居ないし、

みんなおんなじ程度しか話さないから、

もうちょい仲良くなれる子と出会って、英語も上達したいとこです。

 

願わくは、新入クラスメイトが来てくれたらいいんだけど、

小さな語学学校なんで、なかなか人も来ません。

まだまだ私が一番の新入り。

今のシーズンも、一年の中で一番人が少ないらしいんだけど。

女の子のクラスメイト、欲しいなぁ。

 

そして、先生が変わっていました。

ずっと、専任らしきおばあちゃん先生の英語が、早口で聴き取りにくくて、

大変でした。

あまりにも、私のリスニング力がないのが問題かって思ってたけど、

同じ意見の人がクラスメイトにいたので、

やっぱりおばあちゃん先生が、このクラスレベルに向いてないと思う。

 

そして、新しい先生、若い女の先生になったんだけど、

先生の授業は、とーっても、わかりやすかったのです。

授業内容自体は、今までとおんなじオールイングリッシュなのに、

何を勉強してるのか、その使い方は何なのか、すっごくよくわかる!

初めて、日本語を聞いてるようにわかるって経験をしました。

クラスメイトのドニーも、彼女の授業はわかりやすいよ!と、

授業終了後に言っていました。

本気で、おばあちゃん先生の授業がいつもわけわからなさ過ぎて、

私は、英語を聴きとる能力ないのかもって結構ストレスでもあったから、

先生の教え方次第で全然変わる、私でも理解できるんだとわかって、

ちょっと自信になりました。

 

一日中、私に聴こえるように、ジャップジャップと言いながら、

他クラスの同じサウジアラビア人に、母国語で私の悪口を言い続けてたサウトを無視して、

今日は一人で帰る事にしました。

まぁ、同じホームスティ先だからって、一緒に帰る必要は何もないんだし。

パパママからは、一緒に帰るように言われてるけど、

そんな義務も背負うことないし。

 

バス停でバスを待っていると、

通りすがりの人に何かを尋ねられました。

「ごめんなさい。私わからないの」と、断ることができました。

もう一度、ごめんなさいと言うと、彼も、

「いや、いいんだいいんだ」と笑顔で返してくれた。

 

というのも、先日会ったとんぼくんからアドバイスをもらっていたのです。

日本人って、親切にしなきゃいけない、断ってはいけないって思ってる人が多いから、

何か聞かれたらわかんなくても、一緒に探そうとする人が多い。

でも、それは、こっちの人にとってはあまり親切ではなくて、

受け入れるんじゃなくて、断らないと相手の時間も奪ってしまうから。

なんだそうです。

郷に入れば。。。ですね。

 

偶然にも、ミンと帰りも同じバスでした。

ミンは、違う学校に行ってるからわかんないけど、

たぶん彼の英語力はかなり高い。

よって、家に着くまでの間、ずっと漢字の筆談で会話をしました。

これが、結構通じて面白かった!

サウトじゃなくて、ミンがホームスティメイトだったら、まだ良かったのになぁ。

まぁ、サウトもおんなじこと思ってるか。

 

ミンは帰り際、楽しかったと言って、小さなりんごをくれました。

そう言えば、チャイナの子もコリアンの子も、

結構、朝食にりんごを食べてる子多いなぁ。偶然??

ニュージーランドのりんごは、甘いんじゃなくて酸っぱいのが、

ニュージー人好みらしいです。

だから、このりんごも酸っぱめでした。

 

今日のパパの作ったディナーは、サーモンのテリヤキと、ベジタブル。

「ジャパンの調味料を使ってみたんだ。」

と、パパが言いました。

そんなパパの気持ちも一緒に、今日の夕飯もとってもおいしかった。

サウトは、ごはんの時間には帰って来ませんでした。

まぁ人が少ないのは寂しいけど、顔合わせるのも嫌だったから快適。

 

デザートに、今日もママとフィジョアを食べる。

フィジョアに出会えて幸せ。

 

毎日、毎日、濃いと思う。

笑ったり、泣いたり、怒ったり。

これが貴重ということに、後から気付くのだと思う。

日本の良さを、今現在感じているように。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

PREV
初めて出会った”偏見”
NEXT
ペンギン好きにおすすめ 那須どうぶつ王国

関連記事

白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村

列車の墓場を出て、また走り、気が付けば、窓の外は、一面の白世界。 白と青しかないような世界に居ました。 もうここが、雪景色の中にいるのか、真っ白な砂浜にいるのか、いったいどこにいるのか、 時間すらここ…

続きを読む

チェンマイの喫茶店へ行こう!

Slowhouseには、結構日本人びいきのタイ人の男の子達が出入りしていて、もちろん、彼らは日本語を話すことができます。 彼らは、本当に優しいけれど、(たぶん)下心がなくて、 日本人との距離の取り方も…

続きを読む

バイバイ、ハノイ!

まだまだ夜の移動時間出発まで、時間はたっぷりあるので、再びホアンキエム湖までやってきました。 ハノイは、寒いくらいなので、いくらでも歩けるのがありがたかったです。 せっかくなので、湖に浮かぶ祠、玉山祠…

続きを読む

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所4 ガス室

ここアウシュビッツで行われていた数々の非道な事の中でも、 よく知られているのは、ガス室でたくさんのユダヤ人を殺害していたということです。     まずは、この収容所に集められて人々…

続きを読む

愛犬の夢で目覚めたら体調回復!アンコールワットへ

胃腸炎の苦しみから解放されないまま、再び眠りにつきました。   明日はどうなるんだろう。 早く、アンコールワットに行きたい。 それを目指して、私の旅はここまで来た。 なのに。。。 &nbsp…

続きを読む

ポーランドのセルフ式レストランでおばちゃんにアタフタ

朝起きて、共有スペースでPCと向かい合ってたら、 宿のお兄さんが気の毒に思ったのか、 部屋を変えてあげるよ、と言ってくれました。   さすがに家族3人だけの、 しかも、ウェルカムモードじゃな…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

sponsored link