旅日記 ベトナム ハロン湾

小さなボードでハロン湾へ漕ぎだす

投稿日:2014-04-20 更新日:

ティエンクン洞窟を後にし、再びクルーズ船へ乗り込みます。

 

写真などで目にしたことがある、有名なハロン湾の奇岩が広がります。


 

再びタインが、次々と現れる奇岩について説明をしてくれました。

これは、200,000ドンのお札にも書かれている奇岩だそうです。

で、これも有名な二枚岩。

うんうん、どれも写真で見たことあるぞ!

3000と言われる奇岩の数、ハロン文化が散在する場所。

 

それらが、目の前にあるんです。

素直に感動!(゚∀゚*)

 

そして、クルーズ船を降りると、今度は小さなボードでハロン湾へ漕ぎだします。

あ、自分で漕ぐわけではなくて、ちゃんと漕ぐ人がいます。

 

ただねー、

これ、ツアー料金に含まれていなくて、乗るなら別料金をとられるんですよー。

130,000ドン。

 

せっかくなので払いましたが、別料金ならいいやって乗らない人もいました。

こういうとこ、ちょっとせこいベトナム。。。

 





乗る人は、ライフジャケットを必ず装着します。

 

小型ボード、楽しい!!

私、今ハロン湾に漕ぎだしているなんて、なんて素敵!

 

ボードの漕ぎ手のおじさんが、私だけ一人なんで不憫に思ってか(笑)

いたるところでボードを停めて、何回も写真を撮ってくれました。

で、色々と説明してくれました。

女一人旅は、寂しいけど、色々得もするよね。

 

ここのほとんどは、水量が多い時期は、くぐれないそうです。

 

そして、

 

奇岩をくぐった先。

 

ほんっとうに秘境って感じの、人の気配を一切宿さない静かな場所でした。

小さく、鳥の鳴き声が、ここだけに響いていました。

そしてなぜか、この一帯だけ、そんなに寒さが止まっているのです。

 

しばしここに佇んでいたい。そんな空気感です。

 

とても神秘的な場所。

 

その昔、侵略されそうになり、龍によって守られたと言われているこの場所。

龍の吐き出した宝石でできた島々。

 

たくさんの奇岩が立ち並ぶハロン湾。

各国に伝わる神話って素敵だなぁと思います。

想像するとまたとても楽しい。

 

最後には、水上で生活する村を見せてくれました。

 

これは、小学校なんですって!!

残念ながら、今日はお休みだけどね、って漕ぎ手のおじさんが教えてくれました。


次に来る時は、一泊して水上の人々の暮らしを見てみたいなぁ。

おじさん、ありがとう!!

 

全部で30分くらいの手漕ぎボードでの探検が終わると、ツアーもおしまい。

大きなクルーズ船でまたゆっくりと乗り場へ戻り、再びミニバスでハノイへ帰ります。

 

楽しかったー。大満足。(*^ー^)

 

帰りも私の隣は、可愛いドイツ人紳士くん。

可愛い紳士くんは、前の席に座ったタインに、

「楽しいツアーだったよ!ありがとう!!」

とお礼を伝えていました。

 

率先してお礼を伝えるなんて、、、なんて素敵な子供達なの!!(*゚ー゚*)

タインも嬉しそう。

 

紳士くんは、学校でもモテるんだろうな。

 

私、絶対いつか男の子産んで、こういう子に育てるんだ~。

で、きっと心がとってもイケメンのはずだから、

それにもかかわらず、バレンタイン、1個ももらわずに帰ってきたら、頭ひっぱたいてやるんだ~。

女子には優しくしなさい!って。

 

という妄想を再びしながら、窓の外に流れる夜景もまた綺麗でした。

 

帰りは、また各ホテルへ送り届けてくれます。

 

宿へ着いたのは、夜8:30でした。

紳士くん達にお別れを、タインにお礼を言ってバスを降ります。

 

本当に素敵な人達にたくさん出会えた、素敵な現地ツアーでした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

0

<sponsored link>







-旅日記, ベトナム, ハロン湾

執筆者:


  1. acorn☆ より:

    うわー。
    私、恥ずかしながら初めて見ました。
    表現が難しい、なんとも素晴らしい景色ですね。
    お写真からでも、すごくいろんなことが伝わってきます。
    それを実際に目の当たりにできるってことは、
    本当に素晴らしいことですね。

    貴重な経験たくさんされてますね。
    人生の中で、こういう体験できるって、
    素敵なことだな~って改めて思います^^

comment

PREV
ティエンクン鍾乳洞で孤立日本人になる
NEXT
ひとつだけハノイでやり残したことがあった

関連記事

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁

また、別のバロックでは、別の展示がされていました。   収容所であるからには、役割などもありました。 まずは、この建物自体、収容者が造ったものです。 ここは、この収容所の中でもまた有名な”死…

続きを読む

こうして思い出の町に変わるのです。

パーイでマル一日過ごす、最後の一日です。   パーイはほんとに時間が止まっているかのようにゆったりのんびり。 本当に癒されました。 東京で、「時間がない」がくちぐせになった毎日で、何かを失く…

続きを読む

女一人旅、空港泊します!

上海 → バンコク間の飛行機は、30分以上遅れて出発。 結局、22:30発でした。 待ちに待たされて、なんで遅れてるかも、そもそも遅れていることすら 案内せず、かなり待機客はイライラしていました。 &…

続きを読む

士林夜市で小さな再会

さて。九份を去ります。 オカリナ店のおじちゃんに台北までの帰り方を教えてもらったので、(←調べて来いって) あと1つ、今日は行きたい場所があるので台北へと戻りましょう! ながーい階段を再び下って、 台…

続きを読む

重慶大厦の雰囲気はどんな感じ?

無事、空港から重慶大厦へ到着しました!
憧れの重慶大厦です。ずーっとここに来てみたかったー。
出発前の記事にも書いた通り、香港旅の間、お世話になる宿は、重慶大厦です。
重慶大厦とは、なんぞや?

アブダビ空港のサービス力に心躍る そんなトランジット

さあ、いよいよアブダビ空港に到着するのです。 朝食もしつこくジャパニーズセットを押し付けられたけど、 断固NOで普通の方をもらいました。 断ったのに、数秒後また勧められるという劇推しっぷり。 外国人の…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link