旅日記 香港

自分の国と違う国を旅するということ

投稿日:2018-04-10 更新日:

今日はここ。香港、九龍エリアのパワースポット、嗇色園黃大仙廟(シックシックユンウォンタイシンミウ)

長ーい名前で、覚えづらい上に言いにくい名前のお寺です。




 

メトロの黃大仙駅で 降りたら、広いホームではありますが、出口は、B出口。

まあ、案内板もあって、わかりやすいですね。

階段を登ったら、もう目の前に派手なお寺が見えるので、迷うことはありません。

 

階段を上がったら、おばあちゃんにお線香を薦められました。

お寺は、パワースポットだから、必ずお線香を買ってお参りしなきゃ駄目だよ!と生徒に言われていたので、お線香は最初から買うつもりでした。

なので、おばあちゃんから買おうとすると、ゴロー丸がそれを制しました。

 

ゴ「ちゃんとしたやつを買おう。」

 

え?なんで?

あのおばあちゃんの持っているお線香は、ちゃんと袋に入れられていて、古い様子もなく、中で売られているものと何も変わらないようなお線香なのです。

料金だって、10HK$で売られているものと同金額。

 

おばあちゃんは、私達の様子を見て残念そうに、すぐに薦めるのをやめて、再び座り込みました。

 

すたすたと歩いて行くゴロー丸に言います。

「なんでおばあちゃんから買ったやつじゃいけないの?」

ゴ「だって、あんな道で座り込んで売ってるなんてどうせ正規の人じゃない。」

 

ゴロー丸もゴロー丸なりに、ちゃんとしたお寺のお店でお線香を買って、きちんとお参りしたいと言う言い分なのはわかる。

 

しかし、パワースポットだなんだ、あやかろうとしても、所詮私達は旅人。

香港でパワースポットと呼ばれる所に行って、現地の人の真似をしてお線香を立てた楽しい思い出でいいんじゃないか?

なら、ああやって道で一生懸命声をかけて売っているおばあちゃんから買ったってちっともかまわないんじゃないか?

 

今直面している問題は、そこまでシビアなわけではなく、だけど拡げて悶々と考え込んでしまう自分が一番、しょうもないウジウジ人間なだけなのかもしれない。

でも、お参りが終わったら、あのおばあちゃんの横を、私達はまた素知らぬ顔で素通りするのか。

 

。。。

 

 

門のところに来てもなお、なんだかどんよりしてしまった気持ちで、結局ゴロー丸にもぶーぶー言いながら、門をくぐりました。

そしたらゴロー丸が、おもむろに立ち止まると財布から10HK$を差し出してきて、

「おばあちゃんから買ってきなよ。」

と言いました。

 

(´□`。)

ゴロー丸。。。こういうとこ、かっこいいよ。。

 

 

って、なるかー!!

なら、最初っからおばあちゃんから買っとけばよくない!?

わざわざ振り払ってさ、おばあちゃんにがっかりさせる必要なんてなかったじゃん!

ってか、こっからあそこまでわざわざ戻って私が買ってくるのか?むしろ、ゴロー丸が行ってこい!!バカにしやがって!!

 

って、ゴロー丸にめちゃくちゃに文句を言ってやって、小走りでおばあちゃんの所に戻ると、おばあちゃん嬉しそうに立ちあがりました。

おばあちゃん、にこにこ。10HK$を渡すと「シェイシェイ」って手を合せてくれました。

何はともあれ、おばあちゃんの笑顔が見られて良かった。

 

そんな香港のお線香は、凄く長い。

参道に並ぶお店は、飾りをたくさん売っています。

とっても華やかですね。

私も心もあっという間にすっきり。

さて。

更にド派手なこの鳥居をくぐったら、いよいよ寺院の中へ到着です。

あれ?鳥居という言い方は、道教でもいいんだっけ?

そういう用語の違いをいまいち勉強できていない。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ただのマンション、されど益昌大厦
NEXT
嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

関連記事

第二外国語で頑張れって言われること

思いもがけず見つけた、居心地のいいレストランを後にして、 再び宿へと帰ります。 同じく再び、この鬼のような石の階段を上って。 クスコは、ラパスみたいに、町の形態は、すり鉢状ではないから、 同じくらいの…

続きを読む

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

また新しい旅へ出る!

ついにラオスへ向けて、2泊3日の移動の旅スタートです。 Slowhouseを後にします。 チェンマイではたくさん買い物もしたので、バックパックは重さを増し、 私は毎晩、みんなと食べまくったので、たぶん…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

インドの列車での人知れぬ闘い

アーグラー・フォート駅を出発した列車。 もう外は暗いので、車窓の景色は楽しめません。 そして、アーグラーで結構辛い物を食べまくってたので、なんか胃が若干痛い。   私は持病の件もあるので、内臓系が痛み…

続きを読む

トゥールスレン虐殺博物館

私がいつか、この目で見ると決めている場所。 勝手に使命みたいに行くんだと感じている場所が、世界に3つあります。   ひとつは、ずっと言っているポーランド。 オシフィンチムのアウシュヴィッツ収…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link