旅日記 オーストリア ウィーン 世界のごはん・お菓子

ウィーンはファストフードが楽しい!

投稿日:2016-07-09 更新日:

過ごしやすいウィーンの街を、楽しくてひとりニヤニヤしながら歩いていたら、

久々に食欲が出てきたので、屋台でジェラードを買うことにしました。

ジェラードの屋台が可愛いよ!

おい!リア充カップル邪魔だよ!!(`・ω・´) 女一人旅心の暴言:嫉妬とも言う

 


中途半端な写真になってしまって、すいませんね~。





 

種類はたくさんあって、シングル、ダブル、トリプルと、値段も異なります。

 

買ったのは、ティラミスとヘーゼルナッツ味。

ダブル2ユーロです。

 

このジェラード、とっても濃厚な味です。

 31アイスにも負けません!

 

ちなみにウィーンの通貨は、ユーロなんですが、ユーロ、ドルが使える国って、

ほんっと、お金の計算がわかりやすくていいですね。

 

屋台のおじちゃんもニッコニコ。

 「Take care your trip!」って言ってくれました。

この旅の真ん中で、一息つけるような街に来ることができてほんとによかったよ。

 

 

オーストリア、興味がなかった国なんて言ってごめんなさい。

今や、絶対もう一回来たい国!!

 

そして、またまたシュテファン大聖堂に寄って、

ここは、夜10時頃まで入れるみたいですが、

ちょうど夜のミサが始まっていました。

 

 

ひっそりと一番後ろの椅子に座って、しばし見守っていました。

 

台湾含め、東南アジア各地なんかの寺院でも、信仰深い人達をたくさん見てきたけど、

ヨーロッパのカトリックも、凄くそうで、やっぱり祈りの深奥に想いを馳せてしまいます。

 

そして、また大聖堂を出て、おいしそうなファストフード店を見かけたので、買うことにしました。

 

ファラフェルBOX (4.5ユーロ)

これ、イスラエルが発祥でベジタリアン向けの料理なんです。

 

以前、都内でも食べたことあったのですが、ミートボールみたいに見えて、

お肉は一切使われていません。

ミートボールみたいに見えるのは、ひよこ豆とかの豆をすりおろして、

色んなハーブなんかを混ぜて丸めて、揚げたもの。

 

ちなみに、わかりづらいのですが、このボールの下にも野菜がたっぷりとライスも入っています。

結構なボリュームです。

 

店員さんは、ニコニコしながら、

 

「オニオン、トマト、パセリ、レタス。。。アンドソース!」←アンドソースはスペシャル技を繰り出す勢いで

と、言いながら1つずつ確認して作ってくれました。

 

近くの広場のベンチに座って、食べます。

ポーランド、チェコでずっと遭ってきたような、嫌な距離感とか置かれないのがほんとにいい。

 

ベンチに座っていても、普通に隣に人が来ます。笑

ヨーロッパ旅に出て、そんな普通が嬉しく感じるのです。

日本じゃ、人種差別なんてされないし、想像はできても実感まではできなかったし。

 

 

私は観光客の外国人の一人ではあるけれど、宇宙人扱いされてないとでもいうか。

ちゃんと歓迎してもらえてる気がする。

そういう国が本当に素敵だと思う。

そして日本も、見えない人種差別はまだまだあるのかもしれないけど、

外国人が旅をしやすい国であってほしいなぁ。

 

ウィーンは大都会だけど、ドナウ川の向こうは山が見えて、その景色を降りて行く夕陽が綺麗です。

 

マリア像との夕陽の同化も凄く優しいです。

 

ちなみに、ウィーンのお土産物は、小さなお酒ボトルがメジャーのようです。

その中身の種類もいくつかありましたが、

甘めで可愛い雑貨感覚になっているお酒も。

 

有名な、丸みを帯びたボトルのモーツアルトリカー。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, オーストリア, ウィーン, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. MARIEBELL より:

    素晴らしい景色をたくさん見せてくれて、ありがとう♡

    よい旅を(^^)/

  2. 仙台-じゅん より:

    きっと…

    ウィーンって都会なんですよね、きっと。

    チェコやポーランドって田舎なのかな?

    日本でも、田舎にガイジンさんがやってくると、
    話しかけられたらどうしよう( ;∀;)みたいな感じで、
    距離を置くってことありますよね。

    サヨさんを敬遠してるんじゃなくって、
    そういうことなんじゃないか、って気がしてきました。

  3. yutta より:

    フランクフルトより

    こんにちは~
    サヨさんまだ、ウィーンにいらっしゃいますか?
    もし、お時間があるようでしたら、お勧めのアイス屋があります!
    ウィーンっ子なら誰でも知っていると言われて「TICHY」と言うアイス屋です。
    地下鉄に青い看板がよくあります。
    場所はU-1の終点「Ruemannplatz」からすぐのところです。
    夏しか営業していないので、是非訪れてみてください(^^)/

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ウィーン中心部を散策しよう
NEXT
旅の運命はどこまでも続いていくと感じたウィーンの朝

関連記事

これで最後!アルゼンチンBBQパリジャータ

とんだハプニング続きだったプエルト・イグアスも、 とうとう最後の夜になりました。   すっごい大変だったけど、アルゼンチン北部の町は、本当に親切でフレンドリーな人が多くて、 このプエルト・イ…

続きを読む

アンデスのミイラの少女に会いに行く

ウユニ塩湖の塩にやられて以来、急遽ウユニの町で民族パンツを買って、 ずっとそれを履いて旅してるゴロー丸ですが、 思いもよらず、アルゼンチンが都会過ぎて、恥ずかしくなったようです。   ゴ「な…

続きを読む

旅スタイルを注意され、ぶーたれる。そしてウユニへ!

街に帰ってきました。 そういえば、チョリータさんの長ーい三つ編みって、背中の下の方で二つを結んでるんです。   日本にはないスタイル! これもこういう結び方だけじゃなくてね、色んな結び方があ…

続きを読む

旅慣れはうっかりのもと

シェムリアップで出会い、 バンコクへの過酷な陸路国境越えを共にし、そしてここチェンマイで再会。 私の旅の中でも、結構長い時間を一緒に過ごしたゆきさんとも、 本当にここでお別れです。   最後…

続きを読む

小さなボードでハロン湾へ漕ぎだす

ティエンクン洞窟を後にし、再びクルーズ船へ乗り込みます。   写真などで目にしたことがある、有名なハロン湾の奇岩が広がります。   再びタインが、次々と現れる奇岩について説明をして…

続きを読む

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

バラナシで見た火葬のお話です。 写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。 たくさん薪が置かれている場所に到着し、 ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガート…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link