旅日記 オーストリア ウィーン 世界のごはん・お菓子

ウィーンはファストフードが楽しい!

投稿日:2016-07-09 更新日:

過ごしやすいウィーンの街を、楽しくてひとりニヤニヤしながら歩いていたら、

久々に食欲が出てきたので、屋台でジェラードを買うことにしました。

ジェラードの屋台が可愛いよ!

おい!リア充カップル邪魔だよ!!(`・ω・´) 女一人旅心の暴言:嫉妬とも言う

 


中途半端な写真になってしまって、すいませんね~。





 

種類はたくさんあって、シングル、ダブル、トリプルと、値段も異なります。

 

買ったのは、ティラミスとヘーゼルナッツ味。

ダブル2ユーロです。

 

このジェラード、とっても濃厚な味です。

 31アイスにも負けません!

 

ちなみにウィーンの通貨は、ユーロなんですが、ユーロ、ドルが使える国って、

ほんっと、お金の計算がわかりやすくていいですね。

 

屋台のおじちゃんもニッコニコ。

 「Take care your trip!」って言ってくれました。

この旅の真ん中で、一息つけるような街に来ることができてほんとによかったよ。

 

 

オーストリア、興味がなかった国なんて言ってごめんなさい。

今や、絶対もう一回来たい国!!

 

そして、またまたシュテファン大聖堂に寄って、

ここは、夜10時頃まで入れるみたいですが、

ちょうど夜のミサが始まっていました。

 

 

ひっそりと一番後ろの椅子に座って、しばし見守っていました。

 

台湾含め、東南アジア各地なんかの寺院でも、信仰深い人達をたくさん見てきたけど、

ヨーロッパのカトリックも、凄くそうで、やっぱり祈りの深奥に想いを馳せてしまいます。

 

そして、また大聖堂を出て、おいしそうなファストフード店を見かけたので、買うことにしました。

 

ファラフェルBOX (4.5ユーロ)

これ、イスラエルが発祥でベジタリアン向けの料理なんです。

 

以前、都内でも食べたことあったのですが、ミートボールみたいに見えて、

お肉は一切使われていません。

ミートボールみたいに見えるのは、ひよこ豆とかの豆をすりおろして、

色んなハーブなんかを混ぜて丸めて、揚げたもの。

 

ちなみに、わかりづらいのですが、このボールの下にも野菜がたっぷりとライスも入っています。

結構なボリュームです。

 

店員さんは、ニコニコしながら、

 

「オニオン、トマト、パセリ、レタス。。。アンドソース!」←アンドソースはスペシャル技を繰り出す勢いで

と、言いながら1つずつ確認して作ってくれました。

 

近くの広場のベンチに座って、食べます。

ポーランド、チェコでずっと遭ってきたような、嫌な距離感とか置かれないのがほんとにいい。

 

ベンチに座っていても、普通に隣に人が来ます。笑

ヨーロッパ旅に出て、そんな普通が嬉しく感じるのです。

日本じゃ、人種差別なんてされないし、想像はできても実感まではできなかったし。

 

 

私は観光客の外国人の一人ではあるけれど、宇宙人扱いされてないとでもいうか。

ちゃんと歓迎してもらえてる気がする。

そういう国が本当に素敵だと思う。

そして日本も、見えない人種差別はまだまだあるのかもしれないけど、

外国人が旅をしやすい国であってほしいなぁ。

 

ウィーンは大都会だけど、ドナウ川の向こうは山が見えて、その景色を降りて行く夕陽が綺麗です。

 

マリア像との夕陽の同化も凄く優しいです。

 

ちなみに、ウィーンのお土産物は、小さなお酒ボトルがメジャーのようです。

その中身の種類もいくつかありましたが、

甘めで可愛い雑貨感覚になっているお酒も。

 

有名な、丸みを帯びたボトルのモーツアルトリカー。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

<sponsored link>







-旅日記, オーストリア, ウィーン, 世界のごはん・お菓子

執筆者:


  1. MARIEBELL より:

    素晴らしい景色をたくさん見せてくれて、ありがとう♡

    よい旅を(^^)/

  2. 仙台-じゅん より:

    きっと…

    ウィーンって都会なんですよね、きっと。

    チェコやポーランドって田舎なのかな?

    日本でも、田舎にガイジンさんがやってくると、
    話しかけられたらどうしよう( ;∀;)みたいな感じで、
    距離を置くってことありますよね。

    サヨさんを敬遠してるんじゃなくって、
    そういうことなんじゃないか、って気がしてきました。

  3. yutta より:

    フランクフルトより

    こんにちは~
    サヨさんまだ、ウィーンにいらっしゃいますか?
    もし、お時間があるようでしたら、お勧めのアイス屋があります!
    ウィーンっ子なら誰でも知っていると言われて「TICHY」と言うアイス屋です。
    地下鉄に青い看板がよくあります。
    場所はU-1の終点「Ruemannplatz」からすぐのところです。
    夏しか営業していないので、是非訪れてみてください(^^)/

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ウィーン中心部を散策しよう
NEXT
旅の運命はどこまでも続いていくと感じたウィーンの朝

関連記事

ポーランドのセルフ式レストランでおばちゃんにアタフタ

朝起きて、共有スペースでPCと向かい合ってたら、 宿のお兄さんが気の毒に思ったのか、 部屋を変えてあげるよ、と言ってくれました。   さすがに家族3人だけの、 しかも、ウェルカムモードじゃな…

続きを読む

夢の世界へ行く準備は出来ていますか?

ふらふらしながら、暗くなるのを待ちました。   だんだんと、とばりが降りてくると。。。 夜が綺麗な町、ホイアンはそれはそれはまばゆくて、まるで夢の中を歩いているようでした。 ランタン、好きな…

続きを読む

旅、初のダウンまでのカウントダウン

昨日は、また夢の中で大号泣していました。 今、日本がとっても恋しい。 こうやって一人でたくさん考える時間があると、色んなことを考えます。   人間関係のわずらわしさもたくさんあるけど、 普通…

続きを読む

MAYAショッピングセンター

お寺を出ると、女ソンテオのおばちゃんが、 「待ってたわよ~」みたいな笑顔で手を振っていました。   もちろん帰りもおばちゃんにお願いします。   おばちゃん「今度は安く行けないのよ…

続きを読む

インドの列車での人知れぬ闘い

アーグラー・フォート駅を出発した列車。 もう外は暗いので、車窓の景色は楽しめません。 そして、アーグラーで結構辛い物を食べまくってたので、なんか胃が若干痛い。   私は持病の件もあるので、内臓系が痛み…

続きを読む

罪を洗い流してくれる沼

岡村さんのトゥクトゥクは、更に走り、 また新しい遺跡に到着しました。   なんかお祭りみたいな音楽が流れていて、 ※音楽の正体は、地雷で足などを失った方達が楽器を演奏しているのです。  アン…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link