旅日記 ポーランド クラクフ バックパッカーの旅先あれこれ

ポーランドからの贈り物

投稿日:2016-10-11 更新日:

爆発音の正体がわからないまま、ちょっと迷いましたが、

周りの人達も騒いだり、逃げたりする様子もなく、

颯爽と歩いていくので、爆発音のした方へ、

予定通りヴァヴェル城の方へと歩いていきました。

 

 

ヴィスワ川へと続く道へと出た瞬間、

目の前に拓けた景色はというと。。。

かなりどきどきしました。

 

そう。

目の前に大きな花火が上がったのです。

なんと、この日は、ヴィスワ川の花火大会だったのです。

 

もう、無我夢中で、ヴィスワ川の方へと近づいていきました。

ヴィスワ川の上では、ヴァヴェル城にちなんだ竜が!! 

光のカーテンがオーロラみたいに空を突き抜けていて、

時折、川から水が舞い上がり、

大きな音で、クラシック音楽が流れていました。

 

その間を、ヴァヴェル城の伝説の竜が、

音楽に合わせて飛び回っているのです。

 

 

そして、その周りに打ちあがる豪華な花火。 

 

こんな偶然って。。。

 

いや、運命なんだって思わずにいられませんでした。

たぶん、これは、花火の劇になっていて、

次から次へと、また違う竜が登場するんです。

 

You Tuberの歌聴いてる場合じゃなかったなぁ~。

アウシュビッツがクライマックスかと思ってたけど、

でもまだあったなんて。

水辺、花火、クラシック音楽、ドラゴン、そして旅の時間。

もうここには、好きなものしかない。

 

ヨーロッパ旅は、決して楽しいだけのものじゃなかったし、

ちょっと厳しいなぁって思うことも多かった。

何より、この旅に来るまでの自分に課せられた十字架とか足枷とか、

ほんっとうに重かった。

でも、それを越えてやっと、

何年も来たいと思い続けたポーランドに来られた。

 

町に呼ばれるってこういうことなんだって思った。

そんな想いを感じながら、

たくさんの人達と花火を見上げながら、

一人泣いていました。

こんな素敵な運命を、ありがとうポーランド。

旅からの素敵なプレゼントを今回ももらいました。

この素敵な景色を、本当に一生忘れないでいようと心に誓いました。

ほんっとうに綺麗だったー。

 

夢の跡。

 

夜のヴァヴェル城。 

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ, バックパッカーの旅先あれこれ

執筆者:


  1. タボ より:

    なるほど~(≧∇≦)そういうわけだったんですね^ ^

    大迫力でストーリー性のある演出ですね( ◠‿◠ )

  2. ぐるくんのからあげ より:

    お国柄ですね

    日本の花火とは少し違いますね。

    お国柄ということですか。

    それぞれの国の良さがよく分かりました。

    いい思い出ですね。

  3. shadow)^o^( より:

    こんな…きれいな…
    実際に、自分の目で見たら☆☆ホントにホントに☆ものすごく!綺麗なんでしょうね☆☆ いいですねぇ~ “花火” 不思議と((o(^-^)o)) ワクワク…そして ちょっぴりせつない感じ。。。

comment

関連記事

シクロのおっさんに騙されて気分最悪

フエに来たら、ここに行かなきゃ!な場所、 王宮を目指します。 しばらく、ハノイで涼しい気温という恩恵をうけてしまっていたので、 ちょっと日差しはきついです。 途中、大きな市場があったのですが、これ、お…

続きを読む

十分駅は誰かと♡

ほんとは、まだまだ降りたい駅もいくつかあったのですが、 私の自称晴れ女っぷりを無視して、再び降り出した雨がときどき、 洒落にならない勢いで落ちてくるので、車窓から各駅を楽しむことにしました。 &nbs…

続きを読む

アルゼンチン料理を食べて、ゴロー丸勝手に怒る

お金も無事、一応両替できたし、 ホテルに戻ってお金を払ったら、 その後はサルタ名物ロープウェイに乗って夜景見物!と思ったら、 19:00すでに、終了してました。   夜景が綺麗に見られると思…

続きを読む

ビエンチャンの夕方の過ごし方

夕方、のそのそと起きだして、ビエンチャンの中心地へ出かけました。 ビエンチャンでは、ルアンパバーンと同じく、ナイトマーケットが毎晩やっているので、 もちろん行ってみましょう!   中心地は、…

続きを読む

祭りのあとのような帰り道

そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。  マチュピチュ村の駅では待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。     で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽…

続きを読む

晴れたので市場へ行こう!

宿は、女性専用ドミトリーだと思ってたら、男の人が来てびっくり。 サイモンという物腰の柔らかいポーランド人でした。 で、夜は、サイモンと2人きりで平和だと思いきや、2人とも既に寝静まっている夜中に、 か…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link