旅日記 ポーランド アウシュビッツ/ビルケナウ 負の世界遺産など

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所4 ガス室

投稿日:2016-10-02 更新日:

ここアウシュビッツで行われていた数々の非道な事の中でも、

よく知られているのは、ガス室でたくさんのユダヤ人を殺害していたということです。

 

 

まずは、この収容所に集められて人々が最初にされたことは、

顔を見られて、生か死か、右か左へと分けられる、

”命の選別”をされるということです。

 

老人や障がい者は、まず働けそうにないから即ガス室への方へ。

子供も価値がないから、ガス室へ。

 

これは、命の選別をされている写真です。

その選別を行っていたのは、本来命を助けるはずの仕事をしているドクター。

収容されず、殺害された人がほとんどだそうです。

 

75%の人が、ガス室送りにされたそうです。

そして、分けられて生の道へ進んだ人達も、男性女性分けられて、

子供を増やせないようにしたそうです。

 

これが、そのガス室内で使われたチクロンBという殺虫剤。

 

中谷さんのガイドは、ガス室の中へと続きます。

 

よく晴れている青空でも、さすがにここに入る瞬間は、

なんだか重い空気を感じました。

みんな、シャワーで消毒をすると騙されて、

裸にされ、ガス室へと入れられたそうです。

 

一日、300人~1000人。

いくつかあったガス室を総合すると、多い時で一日6000人以上もの人が殺害されたと言われています。

ナチス軍は、まるで工業や商業の計画を立てるかのように、

一日何人殺害できるか、その遺体の始末をどれくらい効率よくできるか、

そのことにこだわっていたそうです。

このガスでの殺害は、殺害する側のナチス軍の精神状態の負担を配慮でき、

そのうえ、低コストで効率良く、人を殺害できるとの理由で、

使われたそうです。

人の心の負担を考えられるのに、

収容者のことは、人として見ていなかったんですね。

 

いつか読んだ、生還者の方の話で、ちょっとでも気を使ってくれたり、

こっそり優しくしてくれた看守はいたのか?という質問に、

そんな看守には出会ったことがないと答えていた、その意味を思い出しました。

ここにたくさんの人が詰め込まれると、

小さな穴からチクロンBが投げ込まれました。

 

人々はとにかくぎゅうぎゅうに詰め込まれ、

手を挙げた状態で入ることを指示され、

遺体はいつも、苦しそうに折り重なり、

その投げ込まれる為の小さな穴の近くに、殺到していたそうです。

 

そして、ここに横たわった遺体を処理するのはもちろん、収容者の仕事。

そこでも効率性にこだわり、遺体を人間として扱うようなそぶりを見せると、

その人も、また罰を与えられたそうです。

 

そして、ガス室の傍らに、焼却炉が造られています。

ここで収容者を焼き、灰にし、野原などに撒いたのです。

 

ここは、24時間稼働させていました。

つまり、24時間、ここでたくさんの人が殺害され続けたのです。

外に出ると、やっぱりまぶしい青。

でも、張り巡らされた鉄線は、

どこの場所でも目の前を閉ざしています。

そして、ガス室のすぐそばには、絞首刑の為に造られた絞首台。

でも、ここでは収容者のほかに、このアウシュビッツの所長、ルドルフ・ヘスも公開処刑とされています。

(ナチスの副総統の方ではなく)

彼は、こんな悪虐な場所のすぐそば、しかもこの絞首刑の場所から見えるようなすぐそばに、 

家族を住まわせていました。

家族のことは、とても大事にしていたとされるヘス。

子供たちの明るい声は、よく綺麗にされた庭に響いていたそうです。

そして、子供たちが、看守と囚人ごっこをして遊んだ時には、物凄い剣幕で叱ったそう。

 

死の間際、「自分は、ナチスの歯車のひとつだったということに過ぎない」と語ったヘス。

当時、ヒトラーに逆らうことなんて考えられなかったことでしょう。

 

だけど、シンドラーという人物が居て、日本にも杉原千畝さんという人がいる。

そして、杉原さんひとりではなく、絶対に一緒に動いていた人もいたはずで。

 

そもそもの人間の心っていうものは、必ずあって。

彼は加害者であっても、決して被害者ではない。

だけども、きっと尋常ではない勇気を持って動いていた人達の真似を、彼ができなかったことの何もかもを、

きっと誰も責めることもできないのだと思う。

 

アウシュビッツ強制収容所を出て、続いて少し離れた場所にある

ビルケナウ収容所へと向かいます。

このアウシュビッツとビルケナウを行き来するバスは、無料で運行しています。

 

 

すみません!

アウシュビッツでのカメラの調子、絶好調に悪かったです。

写真が見ずらいものが多く、本当にすみませんです。

 

 

ビルケナウへと続きます。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

その他の記事

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, アウシュビッツ/ビルケナウ, 負の世界遺産など

執筆者:


comment

PREV
オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所3 死の壁
NEXT
ビルケナウ強制収容所1 死へと向かう列車

関連記事

ホーチミンの夜を歩く

夜は、以前ホーチミンへ来た時に行って、 とってもおいしかったごはん屋さんへ行くことにしました。   クアン94 ここは、カニ料理のお店で、とっても美味しいんだけど、ちょっと中心地からは遠いで…

続きを読む

プラハの夜景は、おもちゃ箱

さて、宿でのんびりしながら、この後白紙だったルートの予定を練っていました。 ヨーロッパ旅のいいところは、陸路移動をネットで予約しながら進めることですね。 東南アジアの旅では、安いバスを探して何件もツア…

続きを読む

マカオでも人骨を巡る旅

聖ポール天主堂跡は、マカオの歴史をぎゅっと詰めたようなそんな歴史的建造物。その歴史の波の中を泳いでいた人達の骨も祀られているのです。

クラクフの街と名物薔薇ジャム

前回、書き上げた記事が最後の最後で消えるっていう、 ポーランドWi-Fiの使えなさに勝手に怒って、ブログを書く気になれませんでした。 まだまだまだ、ヨーロッパ旅序章なのに。 Excelもブログも、こま…

続きを読む

ブダペストからベルリンまでの長距離バス

23:15にブダペストを出発した長距離バスは、 再びスロバキアに入り、ブラティスラバに寄り、チェコに入りました。 夜明け前頃、ブルノにいったん停まり、 眠い目を必死に開けて見たブルノはすごく綺麗な街で…

続きを読む

クトナー・ホラ、セドリツは思ったより誰もいないっす

乗り換え駅、コリンから乗った電車はこれです。 今度は、プラハから来た時の列車とは違って、ローカル感たっぷりの電車です。 だいぶ電車の中も、ECと各駅とでは違いがあって、写真撮りたかったんだけど、 隣の…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link