旅日記 タイ バンコク

リアルハングオーバーにご注意

投稿日:2014-08-07 更新日:

12:00になったので、宿にチェックインしましたが、

初めてこの宿に来たあの日から、何年も経ったわけでもないのに、

なんだか色々変わって見えました。

来た頃は、狭い部屋の中でさえキラッキラして見えたのに、

なんだか現実的です。

 

私が旅をしてきて変わったのか、この宿(Bangkok house)が変わったのか。。。

こんなにこの宿って、暗かったっけな。。。???

 

それから、あの頃はニコニコして可愛かった宿の看板娘さんも、

なんでか仏頂面のめちゃくちゃ愛想悪い少女になってるし。

もしかして、同一人物じゃないのかなぁ。。。

時間ってのは残酷。

 

まぁ、私もだいぶ薄汚れたかもしれないですけどね。

 

ひとまず。それよりも今日は、楽しみがあるのです。

シェムリアップで、私とゆきさんを自転車の後ろに乗せてくれた岡さんとつるさんに、

 カオサン で、夜会う約束をしていたのです。

 

ゆきさんはいないけど、あれから岡さんもつるさんもみんな違う国や町へ行き、

再びここ、バンコクで再会できることとなりました!!

 

今日もカオサンの賑やかな夜が始まります。

都会の良さは、この夜の賑やかさかな。

出歩いても怖くない雰囲気。

 

待ち合わせにうってつけの両替商の車の前で待ち合わせ。

すぐに、岡さんと無事に合流できました。

 

久しぶりだけど、酔っぱらった勢いでやってみて、

朝起きたら、衝撃の大後悔だったというドレッドヘアーは健在でした。(笑)

まさに本人も言ってたけど、ハングオーバーのステュ状態ですね。

 

つるさんは、カンボジアから向かっているバスが遅れたとかで、

残念ながら会えず!!(><;)

 

店の奥になぜか滝まで作っちゃってる店で、

「再会イエーイ!」で乾杯です。

とりあえず、あの後は、どこへ行って~あそこへ行って~、

気がついたらベトナムに着いたと話す岡さん。

このドレッドヘアは、人毛なので気持ち悪いし、臭いし、

やめるには坊主にするしかないかな~って、

シェムリアップで会った時は話してましたが、

なんとカオサンでこれをほどいてくれる場所を見つけたとのこと!!

でも、今日行ったら忙しいから明日~って言われたようで、

帰国までに行けるのかな~と。

確かに、ドレッドをほどくってかなり大変そうだもんねぇ。。。(^▽^;)

 

この人、ほんっと人生楽しんでるって感じで、カオサン大好き!!

でも、こういう岡さんでも、真面目な話とか、深い話とかしちゃうのが旅先マジックですよね。

それでも、今が最高!!と心から言える岡さん、素晴らしいです。

 

私は、なんとなく、はるこの話をしてみました。

この旅で、ずっと自分の中だけに抱えてきたはるこへの気持ち。

ペットロスは、きっと経験した人にしかわからないから、

あんまり誰にでも話せなかったんだけど、

アユタヤで、ヒロシさんに話してみたときみたいな気持ち。

話してみたくなりました。

 

「あまりさ、なんて言っていいかわかんないけど、その犬、すげー幸せ者だよ。」

またひとつ、このペットロスの旅に、光をもらった気がしました。

 

以前、楽しませてくれたすぐにネタバレしちゃう手品も健在だけど、

人を楽しませるグッズなんかをたくさん持ち歩いていて、こんな帽子とか ↓↓


持ち歩いているみたいで、笑わせてくれます。

 

店員さんまで、かぶらされました。

こういう、場の盛り上げ方を知ってる人っていいなー。

 

上海空港で話しかけてくれた男の子

アユタヤで会った、かつさんとヒロシさん

ビエンチャンからの長距離バスで一緒だった、のぶやくんとせいいちくん

そして、親切にしてくれたおじいちゃん

ちょっとだけフエまでのバスで一緒だった人。名前聞き忘れました。

プノンペンで偶然同じ宿になったてつやさん

で、シェムリアップで会った岡さんとつるさん。

旅先で会った日本人男子は、みんな優しくて素敵な人でした。ほんとに。(*^^*)

 

カオサンは、夜が深くなるほどに盛り上がって行き、

深夜12:00を過ぎてからが、本当のカオサンの始まりって感じでした。

ちびっこストリートダンサー発見。可愛かった~。

でも、こんな真夜中に。。。学校は???なんて岡さんと二人で心配してました。

こういう考えをするとこ、やっぱ私達、日本人なんだろなー。

 

そんな風に夜を満喫して、宿まで岡さんが送ってくれたのですが、

「こんなマイナーな場所にある宿、よく見つけたね。」

と、笑っていました。

 

残すところ、帰国まであと2日!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

0

<sponsored link>







-旅日記, タイ, バンコク

執筆者:


  1. looseleaf-tarao より:

    いいですよね・・・
    旅先での出会いは本当にいいですね・・・

  2. 翔まろりん より:

    楽しく拝見していますw
    岡さんも 「自分らしさ」というもの知っておられ
    夜中にダンスする子供達を
    たくさんの大人が楽しそうに見ている・・

    他国と日本の風習や治安や教育の違いを
    まさに物語っている写真でありました

    他の国は
    「自分という存在」や
    「自分らしさ」をきちんと解って
    時間と生活を共にしているように思います

    日本は治安は良いほうですが
    子供の育て方には
    私的には 横習えが多すぎて
    みんな同じでいなきゃならない
    という教育は余り好きではありません

    中学のとき
    サンフランシスコの友達とエアメールをしていましたが
    13歳でピアス、私服、その方は飛び級して
    高校に行きました!

    韓国の方もホームスティに我が家に来ましたが
    やはり 日本とは違うそうですww

    では、楽しみに見ていますヾ( ´ー`)

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
バンコクの朝の公園は。。。
NEXT
この宿にしなければ良かったのに。。。

関連記事

人骨を巡る旅 inクトナー・ホラ セドリツ編 聖マリア大聖堂

クトナー・ホラは、ずっと来たかった町と言っていますが、 何があるのか。 ほんっと、田舎町です。お店も見当たらないくらい。   こんな感じの誰もいない、これといった建物もないような道を歩いてい…

続きを読む

シェムリアップの岡村さんとの出会い

ドミトリーには、何人か日本人の女の子が泊まっていました。   学生ボランティアで来ている子。観光で来ている子。バックパッカーの子。 みんなとちょっとお話をしていましたが、それぞれ出かけてしま…

続きを読む

タ・プロームの静かな景色

次の遺跡は。。。   ここ!! たぶん、たくさんの人が写真などで、 一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。 アンコール遺跡群の中でも、 アンコールワットに続いて第二位の人気だとか何と…

続きを読む

出発前夜の大ゲンカ・後編

まるでハリケーンボンビーのように、家の中を荒らしまくりながら準備をするゴロー丸の被害にブチ切れながらも、 しばらく留守にするには、やることもまだあり、 イラッとした時は、いったん落ち着けと、昔知り合っ…

続きを読む

バスの車窓から見えたダナンの景色

さあ。新しい町へ行きましょう!   なんだかイライラしたまま過ごしてしまったフエでしたが、 未練もやりのこしたこともありません。   しかし。。。 移動する日だっていうのに、外はか…

続きを読む

昼の華西街観光夜市と剥皮寮、あと漢方なんかも売ってるよ

せっかくなので、龍山寺の街をふらふら散策してみましょう!   こんな感じで、龍山寺を離れたら、とっても静かなエリアな感じです。   観光客もほとんど歩いていませんでした。 というの…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link