旅日記 中国 上海

上海の街をかるーく散策しよう

投稿日:2014-01-17 更新日:

女一人旅、一カ国目の上海中国。

いきなり色々と難問だらけで、心がいきなり折れそうにもなったけど、

でも、やっぱり街に降り立つと、初めて見る上海の景色のビル群に明るい気持ちになりました。

 



 

これは、テレビ塔だそうです。

上海のシンボル的存在だそう。

 

はるこ、上海の地に降り立つ。

 

中国の干支は、蛇らしい。

なんて、ほんのちょっとだけ、心も回復したけど、

ただ、上海、東京とあまり変わらない感じの都会なので、飛行機に乗って

違う国に来た感がありません。

高いビルが並んでいるからですね。

雰囲気はちょっと海浜幕張っぽい感じするなぁ。

 

とりあえず、なんだかディズニー系列らしきデパートに入ってみる。

あのミッキー、ほ、本物ですよね?

 

中は、凄く広くてひとまず色んな店が入っていました。

でもまあ、高級デパートっぽいのかなぁ。

売っている物の物価が高めです。

特に買いたいものもないし、先が長い旅なのにいきなりここで無理に買いこむ必要もないし、ほんとふらーっと歩いて、終わりました。

珍しいものもなく。

 

あのですね。

上海は、台湾の匂いがしました。

あの牛骨エキスと漢方が混ざったみたいなやつの匂い。

私は嫌いではありません。

 

でも、人は断然台湾の方が親切。  

そもそも私は、台湾を中国と思っていませんが。

 

特にお腹もすいていないし、

滞在時間、ものの1時間程で、再び空港へ帰ることにしました。

 

帰りの地下鉄はラッシュに巻き込まれて、ちょっと大変。

まぁ、それでも朝の丸ノ内線に比べたら、全然大丈夫だけど。

 

なんか、こんな数時間じゃ、なにもわからないだろうけど、

特にこれと言った思い出も出来事もできず、

もう、来ないかもな上海。。。と、思いながら再びリニアへ。

 

帰りはもう、スムーズ、余裕だもんね!ふふん♪

 

と、思っていたら、改札は出口と入口が違っていて、

どこから入るのかわからなくて、しばしうろうろしてみた挙句、

やっぱり見つからなくて、仕方ないからおしゃべりしていた係員さんに聞いてみると、

ここから入るのよ、と。

 

(-“”-;)

今、私がさまよってたの見えてたよね?なんで、関係ないばりにおしゃべりに夢中になってるの!?

駅員なら、ここですよー、くらい教えてよ! 

 

と、こんな一カ国目で、心の底からイライラしてしまったけど、

まぁ、もうタイへ行きますから私。

 

リニア上りのホーム。

 

あっという間に空港に戻る。 

この上から棒が降り注いでるデザイン、何ですか?

 

何かしたわけでも、ましてや見つけたわけでもなく、

ほんと散歩だったなー、上海。

なんだったんだろうなー。としばし、ぼけ~っとしてたら、

白人の子供が手を振ってくれました。歩きはじめたくらいの男の子。

もう、ハート鷲掴み。

 

くぅぅ~、可愛い!!!

君、一緒に旅に行きませんか???

 

あ、出国カードの滞在先には、Non/Day Trip/Transit と記入で、

なーんにも聞かれませんでした。

 

中国の出入国審査は、長くてイライラするって聞いていたけど、全然そんなこともなく

すらすら~でしたよ。

 

しかし、この後、この旅初のハプニングが。。。

 

搭乗ゲートで待っていると、日本人の男の子から話しかけられました。

こんな私にも、この旅第一号となる出会いが!(*゜▽゜)

彼は四月から、色々な国を回っていて、アフリカ、中央アジアと旅をしていたそうで、

で、年末年始は日本に帰って再び東南アジアの旅へ行くとのこと。

 

「ヨーロッパはねぇ、予定のない新婚旅行のために大事にとってあるんです!」

とか。

色々話してたら、久しぶりに笑った気がしました。

 

これから、まずはクアランプールに行くとのことで、

誰かと一緒で、ちょっと心強かったのに、隣のゲートの違う飛行機でした。残念!

そして、どうもフライトについて、ひと悶着あったようでした。

「なんか、むかつくんだけど、俺の飛行機、人がいないからって振り替えられてたんだよね。何も聞いてないのにさぁ。で、聞いたら適当な感じでここに行けって言われたから来たんだけど。搭乗口、合ってるのかな。。」

と。

それは、あたふたしちゃいますよね。飛行機の乗り継ぎなんて、旅慣れしてない人間にとっては、結構なハードルですから。

「うーん。あ、でもほら今、フライトナンバー表示されたから合ってますよ!大丈夫。」

 

しかし。。。

ほっとしたのもつかの間、事件は、この後起きるのです。

またしても、中国にやられたんですよ!

 

そう。だんだんと気になることが。。。

一本前の飛行機は飛び立ったはずなのに、表示されてる次の飛行機は、

まったく違う飛行機名。

彼の話もあるし、なんか不安なんですけど。。。

 

「あのー、私の飛行機、表示されないんですけど。。。」

「ほんとだね、でも搭乗ナンバーはここで合ってるよね。。。でも、中国信用できないから、聞いてきた方がいいよ。あの人とか!早く!」

 

そして、聞きに行くと、案の定、

勝手に搭乗口が変更されていたのでした。

しかも階数もまったくちがうとこ。

 

むきーーーー!!!ヾ(。`Д´。)

そんなの、誰も教えてくれなかったし!!!!

こ、、、このぉーーー!

唱えるぞー!!

伊達に、女手一つで、気が強く育てられたわけじゃないんだぞ!!

見た目と中身にギャップがあると、よく言われます。

 

もう少しで、危ない、、、となるところだった。

 

「じゃ、じゃあ、また東南アジアのどこかで!!」

 

そんな風に、どたばたでお別れしてしまったので、

連絡先を交換すれば良かった、とちょっと後悔。

 

でも、ルートもだいたい同じだし、会える気がするなー。

旅は、そういう奇跡を起こしてくれたりする。

 

結局、中国にいるのに日本人に助けられたのでした。

海外での同じ国同士の絆っていいですよね。

それにしても、こんなんでこの先一人旅、大丈夫かな私。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 中国 上海

執筆者:


  1. HIDE THAI KhonKaen より:

    出会いは大切ですね!
    バックパッカーのルートは同じなので必ず再会できますよ!運命の人となるといいですね!
    本当はタイ人と友達になり旅すると面白いのですが、、、
    それは移動の旅に飽きてからでいいですね!

  2. HIDE THAI KhonKaen より:

    愛犬が明日のことを、このように語りかけてます。
    “Cause me to hear your livingkindnss in the morning,for in you do I toust,cause me to know the way in which I should walk,for I lift up my soul to You !!

  3. acorn☆ より:

    先日のはじめましてのお写真^^ホントかわいらしい(*^^*)一人旅イメージとのギャップに驚きました。でもって、今回のたくましさに、さらにギャップです~。

    本当に旅をしている気分です♪旅の無事を祈ってます。もんのすごい貴重な体験をシェアしてくださっていることに感謝です~。これからも楽しみにしています!

  4. 阿月猫 より:

    東南アジア一人旅ですか、すごいというか、羨ましいというか、私の友人も世界あちこち一人で旅している人もいます。
    私は、いいなあと思いながら、せいぜい二人旅、その中で、一人で街歩きぐらいです。今、いろいろな国の方と会う機会があり、世界は広いと感じています。
    よい旅を!

comment

関連記事

チェンマイの旧市街へ

まみさんは、朝早くパーイへ出発して行きました。 私とは逆ルートで東南アジアを周る彼女。 お互いの旅の健闘を祈って、握手をしてお別れです。 旅は、こうして出会いと別れを繰り返していきます。  …

続きを読む

アンデスのミイラの少女に会いに行く

ウユニ塩湖の塩にやられて以来、急遽ウユニの町で民族パンツを買って、 ずっとそれを履いて旅してるゴロー丸ですが、 思いもよらず、アルゼンチンが都会過ぎて、恥ずかしくなったようです。   ゴ「な…

続きを読む

中欧バス移動の窓から

チェコのバスターミナルを出発すると、すぐにまたのどかで綺麗な景色が広がりだしました。 とにかくずーーーっと続く菜の花畑の黄色が、心を明るくさせます。 その景色の真ん中に佇んでるみたいな、線路も菜の花畑…

続きを読む

香港の路上食堂でディナーを

油麻地のナイトマーケットの路上食堂で夕食を食べました。とにかく香港グルメは最高過ぎて、食べるのが楽しみになるくらい。路上食堂のおススメメニューなどを紹介。

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。   このお寺は、森の中にある寺院。   池があり、 この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。 この日も、カップルがちょうど手…

続きを読む

クラクフ空港で、この期に及んでアタフタ

クラクフ、バリツェ空港は、相変わらずシンプルです。   来た時は、乗り換え続きで疲れ果て、早く宿に着きたい一心で、 特に周りを散策もしなかったから、何も情報なかったけど、 やっぱりシンプルだ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link