旅日記 ポーランド クラクフ

クラクフ空港で、この期に及んでアタフタ

投稿日:2016-10-19 更新日:

クラクフ、バリツェ空港は、相変わらずシンプルです。

 

来た時は、乗り換え続きで疲れ果て、早く宿に着きたい一心で、

特に周りを散策もしなかったから、何も情報なかったけど、

やっぱりシンプルだと思います。

なにもなーい。

ベンチなんかもほとんどなーい。

そして、空港なのに、人も少なすぎる。


お店は、2店舗ほど。

よくあるコンビニ的なお店と、

カフェです。

あんまり賑わっていない空港なのに、中に入っているお店は、

なんかお洒落で小奇麗なとこが、やっぱりここもヨーロッパですね。

 

余ったポーランドズロティを使い切るために、

このカフェで買い物をしました。

 

ポンチキと、シリアルのお菓子。

ポンチキ4ズロティで、お菓子はひとつ7ズロティ。

空港でも物価が安いのは、ほんとに旅するのには魅力です。

東京帰ったら、また東京の物価にとまどうかな。。。

いやでも、ポーランド以外は、そんなに安くなかったんで、

大丈夫でしょう。

ウィーンは、好きな感じの街だったのに旅人泣かせの物価だったー。

 

ちなみに、このシリアルのお菓子は、

種とかドライフルーツとか、いろいろ入っていて、

すっごい好きな感じでした。

 

ポンチキは、ずっとスーパーとか安いパン屋さんとかのしか食べてなかったんで、

ちゃんとしたカフェなんかのは、全く違っておいしいってガイドブックに書いてあったんだけど、

私、このポンチキの中に入っている薔薇ジャムが好きなので、

変わらずおいしかったです。

ただ、砂糖のコーティングとかあるので、甘めでしたが。

なぜか、薔薇ジャムのお土産に出会えなかったのが残念です。

 

ってことで、バリツェ空港では、

このカフェのポンチキとシリアルのお菓子がおすすめ。

 

なんて、くつろいでいたものの、ここからがちょっと大変でした。

 

クラクフの空港、不思議な造りでした。

掲示板にフライトが出たので、チェックインしようとするにも、

入り口がひとつしか見当たらないのです。

しかもこの入り口すでに、審査っぽいんだけど、

ここでいいのかな???

でも、他に扉もなにもないし。。。

 

で、行こうとすると、案の定、

この先は、出向審査だから、チェックインしてきて。と。

 

「カウンターは、ここを出て、外へ出て、右手に歩いていくとあるわ。」

 

なんですと!!

いったん外に出て別棟で手続きが分かれてるなんて、

なんてわかりにくい空港なんだ!!

 

で、到着したチェックインカウンター。

3列ほどしかなくて、エアベルリンに乗ってベルリンに向かうのに、

なんか違う会社っぽいし。。。

でも、他にカウンターないし、係員もいないし。。。

 

オロオロ。。。。

 

とりあえず仕方ないので、そこのカウンターに並んで、

お姉さんにここじゃないわよと言われる始末。

 

じゃあ、いったいどこでチェックインするの?

また、別の棟でもあるの?

 

と、不安になってきたとき、

ちょうど空港員っぽい人が通りかかったので、聞けました。

 

「ああ、エアベルリンならね、あっちへどうぞ。」

 

かなり、関係者以外立ち入り禁止っぽい狭い通路の奥に、

他にもカウンターがあったのです。

 

やばい。

メガネだから、視野が狭くなってる。 と、メガネのせいにしてみる。

 

やっと着いた1列しかないカウンターで、

前の人がなんかトラブルに遭ったみたいで、結構時間とられる。

 

で、またオロオロ。

こういう時、どーんと構えられる人になりたいです。

 

しばらくして、隣のカウンターにやってきた係員さんが、

こちらにどうぞと言ってくれたので、手続きしてもらう。

しかも、席を聞いてもらえたので、喜んで窓際指定。

3回の乗り継ぎフライト、ぜーんぶ窓側にしてもらえました。

 

しかも、この係員のおじさん、凄く優しくて、

最後に「良い旅を」って言ってくれたし。

とりあえず、ここに来るまで色々あったけど、

おじさんが優しかったから、もう全部それでいいや。

晴れて私は、日本へ帰れる!!

 

で、クラクフ空港、小さいし、シンプルだし、なんてなめてたら、

セキュリティチェック、かなり厳しかったです。

今迄になかった厳しさ。

 

まず、腰に巻いているパーカーをはずせと言われ、

ベルトも、今迄の空港ではずしたことなかったけど、

はずせと言われました。

 

厳しくしてるんだなぁ。。。

 

で、素直にはずして行こうとしたら、

 

「それも脱いで。」

 

え?この薄手のカーディガンもですか?

仕方ないので、しぶしぶ脱ぐ。

はいはい。言われたとおりに脱ぎましたよー。

これで、通っていいですかねー?

 

「それもだ。」

 

はい!?(;´▽`)

 

2枚着てたキャミソールも1枚脱げと言われたのです。

ま、、、まさか。。。まだ?

 

「OK。行って。」

 

どこまで、脱がされるかと思ったよ!!Σ(゚д゚;)

 

普段、こんな露出度高い恰好しないよ。

凄い、恥ずかしかったよ。

 

なんか、木べらみたいので体なぞられるチェックもかなり念入りだったし。

靴も脱がされたし。

 

でも、それくらい厳しくしないとなんだよね、ヨーロッパでは。

そして、やっとやーーーっと搭乗口に到着したのです。

 

今回の飛行機も、クラクフ~ベルリン間は、小さめの飛行機。

翼が、窓の上についてるし、車輪とか真横なのでかなりうるさいです。

 

ああ。

クラクフが遠ざかっていく。

 

短時間のフライトなので、機内食はお菓子。

 

低空飛行をしているので、車窓の景色もよく見えて楽しいですね。

真っ直ぐに伸びた道とか。

 

バスからよく見えたたくさんの風力発電とか。

 

いったい、国境はどこだろう。

 

と、そんなことを考えながら、眺めていたらあっと言う間に、

ドイツテーゲル空港へと到着したのです。

なんだかんだで、この旅、3度目まして。のドイツです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. ぐるくんのからあげ より:

    おもしろいですね

    空港もそれぞれですね。

    日本でもセキュリティーは空港によってずいぶん差があると思います。

    特に外国でテロがあったら、ずいぶん違ったときがあったなと、思い出しました。

    続きを楽しみにしています。

  2. 紫baba より:

    シャルルド・ゴール空港で迷子になった情けない過去あり(泣)
    1月にロシアに行きます。
    ペテルブルグはチェック厳しいかな‥…‥……?

    ブログ楽しみにしています。

  3. shadow)^o^( より:

    …薔薇ジャム…なんていい響き 普段、女子力なんて皆無に等しいのに (笑)妙に惹かれました。。。空は…どこまでも続いていて。”やっぱり!世界は広い!!ですね” これからも良い旅を♪

  4. カナ より:

    おかえりなさい

    はじめまして、クラクフの空港にカフェがあるかを調べていました。私には、ありがたい情報です。12月にポーランドに行きます。
    お迎えが来るまで、空港で時間を過ごす場所があるのか、心配してました。ありがとうございます。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
空港へ向かうバスでひと悶着してきた私。。。
NEXT
テーゲル空港にて、再びビミョ~な気持ち

関連記事

ルアンパバーンからのプレゼント

さて!次の町への移動日です!! 二日間、たっぷり休養したので、だいぶ体も回復しました。 なんとか、次の町へ行けそうです。   ここ、Chittana Guest Houseにも、本当にお世話…

続きを読む

ギネス認定 リマのナイト噴水ショー

ゆっくりとリマのとばりが降りてきて、 ちょっとずつ夜が近づいてきました。 噴水ショーが始まるのです!!     何度か、これから始まるよと言う宣伝で、 小さなオープニングが流れます…

続きを読む

九龍城砦の亡霊に

かつて巨大スラムと言われた九龍寨城の跡地、九龍寨城公園に来ました。今はなき九龍寨城の面影はあるのでしょうか。
広い公園内を、かつての姿を探して歩き回りました。

ワット・ドイ・ステープ

チェンマイの山の上の金ぴか寺院 ”ワット・ドイ・ステープ”に到着です。 正式名は、ワット プラタートドイステープ。 プラタートって名前がついている寺院、タイでは多いですね。    …

続きを読む

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村

列車の墓場を出て、また走り、気が付けば、窓の外は、一面の白世界。 白と青しかないような世界に居ました。 もうここが、雪景色の中にいるのか、真っ白な砂浜にいるのか、いったいどこにいるのか、 時間すらここ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link