旅日記 カンボジア アンコールワット

カンボジアの子供達を想う気持ちはおんなじ

投稿日:2014-06-17 更新日:

アンコールワットの朝日を見て、

いったんヤマトへ戻り朝食をとります。

 

今日も、トゥクトゥクドライバー達は元気!

今日は、アンコール遺跡群大周りコースです。

大周りというと、凄く大げさな感じがするけれど、

実際には小さな遺跡を6つ回るだけなんですね。

 

 

なので、アンコール遺跡群のメジャーコースは、

小回りコースで大きな遺跡を回る方ですね。

 

では、引き続き、よろしくお願いします!岡村さん!!

ヤマトに泊まっていた、カンボジアにはもう、

何回も来てるっていうお兄さんに、大周りコースについて聞いてみたら、

ほんっとアンコールワットを見てしまったら、

あとは拍子抜けしちゃうよって言っていたので、気軽に行きましょう。

 

まずは。。。

えーーーーっとぉー。。。

これはー。。。

 

プラサット・クラバンかな? ←自信がないので、超小文字

ここ、日本人の団体ツアーのおじいちゃんおばあちゃん達が、

たくさんいました。

みんなで記念撮影とかしていて、ちょっと微笑ましかったです。

 

以前は私もツアー団体の中で楽しんでいたのに、

今はもう、おんなじ日本人だけど、なんか日本人じゃないような。

ハロン湾でも感じたけど、日本人が遠くに感じる感覚。

東南アジアは、そこまで離れてなくても、思えば遠くに来たもんだ。

きっと、気持ちがね。

 

入口から入ると、中には仏像が置かれているのではなく、

神が彫られています。 

 

天井はこんな感じ。

ここもきめ細かい絵が彫られています。

今日もまた、カンボジアの日差しはあついし、

相変わらず胃腸炎は治まってないし、

なかなかテンションもあがらないよ。。。

むしろ、日本人おじいちゃんおばあちゃん達の方が絶対元気だよ。(´・ω・`)

 

っていう、弱音は置いといて。

アンコール遺跡群をめぐるのは、今日が最終日なので、

なんとか満喫しましょう!

 

つづいて。。。

バンテアイ・クディー かなぁ。。。

 

ここの入口も、かっこいいバイヨン様がいらっしゃいますね。

ちなみに、私がカンボジアに来た初日にショックを受けた、

チルドレン事情。

 

今回の大周りコースでは、かなりまた子供達がいて、

ポストカードやブレスレットなどなどを売りに来る子。

やっぱり桶なんかを持って、ワンダラーって言いに来る子。

 

誰か日本人が教えたらしく、

○×ゲームをして負けたら何か買ってよって子も。

そんな子供達がたくさんいました。

 

ゆきさんに凄く懐いてくる子を見て、

うーんどうしよっかなーって悩むゆきさん。

 

欧米系の人達はかなり買ってあげたり、お金をあげたりしていました。

 

やっぱり、自分なりに考えた事。

自分の気持ちなんて、絶対人にはわかんない。

この子達の痛みだって、絶対他人の、

ましてやトラベラーにはわかりきるわけもなく。

 

だけど、この子達を思って、お金をあげる人、買ってあげる人、

思ってこそ、買わない人、

どんな想いがあったっていいと思う。

 

ただ、どっかで誰かが言っていたから、

それが当たり前だからって自分の気持ちを1ミリも改めず素通りするより、

いざ、この子達を前にして悩むことは、

悩まない事よか、何万倍もましだ。

 

一番愚かなのは、

そうやって悩みながら行動している人を批判している人だと私は思う。

自分の悩んだ答えで行動している人こそ、それが正しい!

 

どんな批判されても、そういう答えを出しました。自分の行動を信じる!

 

さて。

この遺跡の向かいには、大きな湖があります。

この湖は、王様が使っていたそうですよ。

うすーい、説明ですいません、、、いやほんと。

 

お次は、イーストメボン

なんとか、今日はアスレチック系遺跡はなかったんだけど、

ここで階段登場。

 

まぁ、行きますよ!行きますよ!

しかし、おとといのアスレチック系遺跡の後遺症がいまだ残ります。

 

ゆ「私は、ここで待っとるねー。」

さ「私は、ちょっと外周でも行ってこようかなー。上まではいかなくてもいいや~。」

 

呉「あ、じゃあ私は上まで行ってくるねー!!」

 

相変わらず、呉さんは元気です。

ほんっと、その体力わけてほしいよー。

 

でも、今日は昨日不満を言い合った分、

だいぶ楽な関係になれていると思います。

こんな風に初日から移動出来てたら・・・

って、過ぎちゃったことはもう考えるのやめましょう。

 

ひとり、外周をふらふらします。

やっぱり、植物はたくましいなー。

象さん発見!!かわい~(´▽`)

頑張って象さんの隣に、はるこ置いてみたけど、

よくわかんない写真になって失敗。

なので、この扉の向こう側だけ、昔のこの場所っていうイメージで、

はるこはここの王だったっていう妄想で撮ってみた一枚。

っていう、どうしようもない写真ごっこをして遊んでいることから、

すでにどれだけ、遺跡お腹いっぱいかがわかっちゃいますね。。。

 

遺跡はかれこれ何回目だろう。。。( ̄ー ̄;)

でもちょっと、ほんとに久々の一人時間。

楽しかったんです。(笑)

きっと、この後また一人旅に戻っても私は大丈夫だな。

 

一人旅に戻るまであと少し。

寂しさと期待と。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, カンボジア, アンコールワット

執筆者:


  1. コーラルシー より:

    お疲れ様です

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    東南アジアはいつまでもそのままであって欲しいです。
    30年前、中国で仕事してまして、その時の中国は貧しいけれど心豊かな人が多かった。
    近代化は一歩間違えば経済優先になってしまいがちです。
    その過ちを犯さないで、良い近代化して欲しいですね。

comment

関連記事

波乱のメコン川ツアーの始まり

バスはいったんトイレ休憩で、おしゃれな休憩所に停まりました。   まぁ、いつもの高いお土産屋さんですね。 ここは、宿泊することもできるらしくて、 リゾートっぽくて、花と小屋が美しい、いい感じ…

続きを読む

文武廟(マンモーテンプル)ってどこですか?

文武の神様、文武廟を探しに中環から上環まで歩いて行くつもりが、迷いに迷う旅となりました。でも、やっと見つけて終了ギリギリで入った文武廟の内部には圧倒されました。

ホロコースト記念碑がベルリンにもあるのです。

悲しい教会を後にし、この街で回っておきたいところといえば、 ベルリンでは欠かせない場所。   ベルリン動物園 この上の絵は、駅構内のものです。   門の前に到着しました! 動物園、…

続きを読む

ビエンチャンの夕方の過ごし方

夕方、のそのそと起きだして、ビエンチャンの中心地へ出かけました。 ビエンチャンでは、ルアンパバーンと同じく、ナイトマーケットが毎晩やっているので、 もちろん行ってみましょう!   中心地は、…

続きを読む

旅先ではいつも自分の生き方を肯定したい

いつしか再びウトウトして、再び目を覚ますと、  バスは、ウマワカ渓谷の辺りを走っていました。  ウマワカ渓谷は、アルゼンチンのフフイと言うところにある渓谷です。 この辺りもまだ、標高2000メートル。…

続きを読む

パトゥーサイへ行こう!そして、僧侶との出会い再び

ラオスに来てから、かなり旅の中だるみをしているような。。。 そして、ラオスの日差しは、本当にきつくて、ここビエンチャンはもっときつい気がする。   ここでも残念ながら、本当に水とか空気とかが…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link