旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

初のホームスティ休日はDVD地獄とカルチャーショック連発!

投稿日:2018-11-23 更新日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 

ベッドに入り、あっという間に、疲れて寝てしまったけど、AM1時頃、目が覚めました。

日本の携帯を持ってきていたので、表示はNZタイムと日本タイムの2つが表示されています。

日本は今、夜10時かぁ。まだまだベッドに入る前の休憩タイムをみんな過ごしている頃なんだぁ。愛犬は、私がいなくなったことに気付いただろうか。

まだ、一日目だけど、寝起きの目覚めってのは、すごく淋しさが増します。

なんだかんだ、考え出すと目が冴えちゃって、ベッドの中でごろごろ。

再び3時頃眠りにつきました。

 

そして目覚めるとびっくり!

朝、起きるはずだったのに、時計を見ると、すでにAM11時半!!飛び起きる!

リビングへ行くと、

「おはよう?」と、笑われました。

早寝早起きのニュージーランド人にとって、こんな時間は、もはやおそすぎるくらいなんだと思います。

 

この日は、月曜から通学する学校への、バスの定期を買うため、ホストファザーのパパとサウトと3人で車で中心地へ。

ホームスティ先から、オークランド中心地までは結構距離があります。

「サヨ、見て見て!」

サウトに言われて、窓の外を見ます。

初めてづくしだけど、家からダウンタウンへの道路の脇には、海がずっと続いているのです。

昨日、エージェントさんに、連れてきてもらった時にも目にした、

City of Sales(帆の街)と呼ばれるオークランドの、たくさんのヨットが港に停まっているのが見渡せます。

海の色、そこに降る陽射しの粒、そして空の近さと青。その全部が、やっぱり濃い。

「すご~い!!キレイ~!」

そう言うと、サウトはなんだか誇らしげに、

「そうだよ!キレイなとこなんだよー」

と答えました。

 

サウトにとっても、ここニュージーは故郷じゃないんだけど、

私も数カ月後には、こんな風に自分の地元かのように誇らしげに思えるんだろうか。

今もまだ、私が日本じゃないとこにいるなんて、不思議でたまらない。

 

ダウンタウンでは、パパが窓口で話してくれたので、定期もすんなり買えて、

特に何もせずに、そのまま帰って来ました。

まだ、街を歩くだけで緊張する。

 

家に帰ってきてからというもの。。。

この日は、とにかくDVD地獄でした。。

 

英語に慣れるようにってのもあるだろうけど、ニュージー人は、とにかくDVDを観るのが好きらしい。

ママが気を使って、字幕を出してくれたけど、でも字幕も英語英語!英語ですよ。

辞書を片手に、懸命に内容を追いかける。

あんなに大好きな映画でも、一本観るのに、こんなに疲れるものだとは。

そして、終わったらすぐに、次の映画へ。

正直、気を使いながら映画2本とぶっ続けで見るのは、かなり疲れます。

が、ママは容赦なしです。

本当は断りたかったけど、こういうの断れないのも、私の日本人の悪いとこ出てる気がする。

こっちでは、自分の気持ちを素直に言わないとってのはわかってるんだけど。。。

 

2本目は、日本とニュージーのかけはし??
”ラストサムライ”でした。

実は、いまだに観たことがなかったけど、まさかここで観るとは!

おもしろいけど、客観的に日本人として観ると、ツッコミどころもなかったわけではないけど、
ママとサウトはとにかくチャンバラシーンで楽しそうに盛り上がっていました。

気になる日本語が出るたび、逆質問される。

それを、つたない英語を並べて懸命に説明。

本当に伝わったのかわかんないけど。

 

そして、やっぱりわかんない英語を調べる。で結局、ラストサムライまでも必死で観ることになったのでした。

こうやって、早く英語に慣れるしかないんだけど。

 

今日のディナーは、ピザ!

典型的なキウィ家庭は、土曜日は家事もお休みの日なんだそうです。

よって、夕食も外のものを買ってきて食べるのだと、パパが説明してくれました。

しかし、海外のピザはやっぱり味が濃いなぁー。

 

そして食べ終えると再び DVD。。。

 

今度は、”SAYURI”です。これも初見。

パパが、気を使ってレンタルしてきてくれたんだけど、

こっちはちょっと難しくて観るのが辛かった。。。

 

って、感じでDVDに次ぐDVD。

外が暗くなっても、DVD。

4本立て続けです!!

こりゃあ、映画評論家レベルですなっ!

 

さすがに、映画好きでも、ずーーーっと辞書片手に必死に観ていると、

うっすら持病の偏頭痛が。。。

 

パパもママも寝て、やーーーっと、DVDから解放され、少しサウトとおしゃべり。

ネイティブより、第二外国語同志は、通じやすい。

と思って盛り上がっていると、これまで楽しく話していたサウトが急に真面目な顔になり、

「君にボーイフレンドがいてもいいから、NZだけの恋人になろう」

と、言いました。

 

オイ!!

出会って2日目ですがな。

しかも、完全割り切り恋人希望ですか?!

こいつ、そんな軽い奴なんだぁ。。。

 

「とりあえず、キスしようよ。」

またしても真面目な顔して言って来やがる。

ドン引き。

これが、単なるジョークじゃなくて、完全にサウトは本気で、

本気で簡単にそういうことをするだけのニュージーにいる間だけの割り切り恋人になろうって言ってるのはわかるけど、

私はそういうの興味ない。

どうせなら、気がついたら好きになっているような、そんな恋がいい。

いやぁ、これ、カルチャーショックですわ。

でもって、私がそんな簡単にOKするようにも見えるのかな?そんなことを思うのも、”頭の固いニホンジン”なんだろうか。

それとも噂に聞く、”イエローキャブ”って奴に思われてるんだろうか。

とにかく、やっぱり女性としてなめられてるようで嫌だなぁ。

 

ひとまず、ジョークで言ってるかのようにして部屋へ逃げたけど、

こんなこと言われちゃうと、今後、どこか接しにくくもあるんですけど。

 

これが、悪名高きサウト。

そして私のニュージーランド留学生活は、望んでもいないこいつとのあまり楽しくない思い出が、

あいにくのホームスティメイトだったというだけで、かなり増えてしまうのです。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

PREV
ホームスティ先のパパとママとの出会い
NEXT
女子二人旅で喧嘩しまくった本人が女二人旅ってものを振り返る

関連記事

ベトナムの真ん中でキミと再会

朝、フロントから聴こえる日本語で目を覚ましました。   どうやら、ホイアン初日のしょっぱな、ここまで連れてきてくれたおじちゃん達がチェックアウトしている様子。 タイミングが合わなくて、一度も…

続きを読む

そして戦いは今日も続くらしい

なんとも言えない、けたたましい鳥の声で朝早く起こされました。 まるで火事を知らせるサイレンの音のようでした。   しかし、タイに来てからというもの、動物の声で起こされてばっか。  …

続きを読む

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

ホアロー収容所

ハノイにも負の観光場所があります。 世界中の負の遺産を見ると決めているからには、必ず行こうと決めていました。   ホアロー収容所 フランスの植民地時代に、フランス軍によって造られた収容所です…

続きを読む

台北は、またいつか!

さあ、かなり強行スケジュールだった台北一人旅。 日本へ帰ります!! 帰りも私には、送迎のバスも、送ってくれる王子様もついていないので、 自力で空港へ向かいます。   束の間の西門の街にもサヨ…

続きを読む

フエの名物料理 ブンボーフエ

ぐーーーっすり寝ました。 ひたすらバス移動からドミトリー。気を抜けない睡眠が続きましたが、久々の個室。 ホテルは静かで、かなりいい感じでした。   午前中は洗濯をしたり、調べ物をしたり、部屋…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link