旅の準備

黄熱病ワクチンって副作用が出るって本当ですか?

投稿日:2017-04-01 更新日:

朝5時前、スマホが鳴り響きました。

寝ぼけていた私は、アラームを間違えてセットしたのかと、

なんとか停止。

そこにチラッと見えた表示、実家からの電話でした。

 

こんな朝早く、もしや親戚に何かあったのかも。。。

私が旅に出る前って、なんでかわかんないけど、何かしら起こって判断を迫られます。

 

 

ドキドキしながらも、半分眠気に負けて眠りだし、半分気になって、かけ直そうか迷っていたら、再着信が。。。

迷わず出ると、母の第一声が。

「おまえ、テルミ会入ってたのか!?」

 

テルミ会?

    

はて???

   

中高時代の部活動なら、吹奏楽と、部員私一名だけの写真部でしたが、なんの会???

 
「テレビでずっと、そのニュースやってるんだよ!」

   

はいはいはい!!てるみくらぶですね!!てるみ会って。。。

お母さん、残念ながら、あなたの娘、格安でもツアー参加できず、チケットだけとってバックパッカーしてます。

 

「南アメリカ行くって言ってたから、そこで申し込んでたのかと思って心配したんだよ。」

 

心配してくれるのは、ありがたいけど。。。

こんな夜明けから??

それ、昼とか夜じゃだめだったの???

こっちは、親戚に何かあったのかと、びくびくしたんですけど。

 

「何言ってるの!もう朝なんだから、早起きしな!!」

 

お母さん、残念ながら、私が朝苦手になったのは、あなたのせいかもしれません。

そして、朝の私は、爽やかの”さ”の字もなく、すっごい人相悪くて、

ましてや、人に起こされたり、電話や物音で起こされるのが大嫌いです。

なので、責任もって、自力で起きます。

自分のリズムに合わせて。アラームはうるさい音が嫌いです。


そうなったのも、小学生の頃、お母さんが、なかなか起きない私に、

フライパンをお玉で鳴らし大きい音を出して、「おっきろーーー!!」と、頭の上で繰り広げたり、

真冬の朝に、濡れた、つめっっったーーい手で、私の首元を触りながら「起きやがれーーーーー!!」

と、ギャグ漫画みたい~!なんていう笑いじゃ済まされないくらいのひどい起こし方をしてきたせいです。

 

しかもね、こんな早起きするのは、旅先でサンライズを観に行くか、托鉢を観に行くかくらいの時間です。

そんな、母に育てられ、こんな奔放な人間に育ちました。

なるべくしてなったように感じます。

 

それでも、子供が行きたい場所に無事行けることを、願ってくれる親心はありがたいです。

しかし、問題のその”会”とやらの自力で出国してくださいは、ひどすぎですね。。。

 

と、そんなことがあった日、黄熱病ワクチンを打ってきました。

黄熱病、イエローフィーバーは、言わずともよく知られた、野口英世の命を奪った病気で、

インフルエンザによく似た症状で高熱が出て、合併症が発生し、最悪死に至るという怖い病気で、

南米へ行くなら、ワクチン接種が推奨されています。


私、今までどこの国へ行くにも、実はワクチンとか一切せずに行ってきたんですよね。

ですが、今回はほら、私と真逆の性格の心配性すぎる相方さんがいますから。

ほぼ強制的に打つ羽目となりました。

もちろん、対策するに越したことはないんですけどね。

 

都内では、いくつか接種できる場所があるのですが、

この時期だからなのか、普段からそうなのか、2ヵ月前に申し込みを問い合わせたのにも関わらず、

出発日まで予約がいっぱいです、って言われたりして、予約がとりにくかったです。

 

で、平日でしたが、テレコムセンターの東京検疫所で、なんとか予約が取れたので行ってきました。

受付を済ませて、待合室で自分の番号が呼ばれるのを待ちます。

黄熱病ワクチンだけではないにせよ、平日なのにかなり混んでいました。

 

ところで。

黄熱病ワクチンって、結構な確率で副作用が出るらしい。

10万人に1人とか、数%とか、そんな感じらしいけど、

医者知らずだった以前に比べて、すっかり病弱キャラが定着した現在の私にとっては、その一人に自分が、まんまとなるんじゃないかと、

そっちのリスクの方が心配でした。

 

しかも私、注射って子供の頃から大っ嫌いです。

今でこそ、月1の採血で若干慣れたものの、採決と注射じゃ痛さが全く違うし、

私、注射すると、勢いよくぶつけたんじゃないかってくらいの痣ができたり、

以前ひどい貧血で注射を打ってた時、人生の1位を争うんじゃないかってくらいのひどい頭痛に襲われて、

しかも運悪く、翌日旅行で、ひどい頭痛を抱えたまま行って、一日中鎮痛剤を飲んでも効かないっていうこともあり。

 

そこでも行ってしまった旅バカなんですが。。。なんてうじゃうじゃと考えてたら、

あっという間に名前が呼ばれて、あっという間に終わりました。

 

正直痛いけど、入院してた頃、毎日打ってた鉄分造るあの注射に比べたら、だいぶマシでした。

 

そして終わると、先生が渡航に関しての注意事項なんかを説明してくれて、

生野菜、カットフルーツは避けましょうとか、他にはこのワクチンも勧めますとか、 冊子をくれました。


同じ先生だったのに、相方は、そんな説明も冊子ももらえなかったらしく、

サヨは、海外初心者に見えたのかね?とんでもないお転婆なのにね。と。 

まだまだ、キラキラバックパッカーで猫かぶっていけますかね??

 

そして、代金11,180円を用意して行った収入印紙で払い、 

イエローカードという、国際証明書をもらって、終了。


そして、それから早5日経過。

気になる副作用ですが。。。

 

ネットなんかでも検索すると、かなり副作用があったという方がいらっしゃいます。

 

で、私はと言うと、

 

なんか、すっごく寒い!! ←単なる不安定な気候のせい??でも、布団に入った後も寒いです。

なんか、若干吐きたいような、胃もたれっぽいのがあった!! ←ただの食べ過ぎカモ。いやはや、慢性してるいつものやつかも。。。

なんか、肩あたりがだるい!! ←原因は思い当たる節は、複数ありなので、よくわかんない。

 

という、なんか続きな感じです。

でも、微小ウイルス投与ということで、潜伏期間を経て、1週間後とかに発熱したりするらしいから、まだまだ全く油断できませんが。

 

あ、でも、1つだけはっきりしてるのは、注射したところが、かなり痛いです。

触ると結構な痛みが響きます。

昔、アブに刺されたことがあって、赤く腫れるし、傷口に触れると痛いしで大変だったことがあるのですが、あれに似てる感じです。 

これは、相方も、同じ症状なので、決定的なワクチンの副作用??影響です。

 

またなんか、出てきたら書きます!でも、書かずに何もなく終わることが一番であります!!(`・ω・´)ゞ

 

と気が付けば、出発まで1カ月を切って、準備に慌ただしい期間に突入です。

今一番気になっているのは、ペルーの洪水です。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅の準備

執筆者:


  1. まーぼー より:

    わかる!

    (こっちは)こんばんは!
    今はどのあたりを旅しているんでしょうかね・・・?

    駐車の痛さはハンパ無いですよね~!!!

    インフルエンザの予防接種でさえ
    一度やって、もう二度と打つまい!と心に誓ったほどでした(笑)

    一歩一歩、素敵な時間を歩いてください。

    そして、無事に帰って来てくださいね~ฺ(笑)(σ・∀・)σ

comment

関連記事

ドンムアン空港で大きな荷物を預けよう

トランジットで街に出られるくらいの時間があったり、短期でバンコクに来て、大きな荷物が邪魔になった時に、便利な荷物預けができちゃう場所が、ドンムアン空港内にあるのです。 しかも、24時間いつでも預けるの…

続きを読む

インド二人旅をするということ

ついに行くのです。 2年前の東南アジア旅の時には、ごたごたしていて行けなかったインド。 今、出発前夜の気持ちを綴っております。     あの時は、「今回は呼ばれなかったということで…

続きを読む

いきなり敵に思えてきた…VSインドビザ

インドに行くなら、まず必要なものインドビザ。 これがほんとに厄介。   実は、初めての長期旅でインドビザも申請だけしていました。  その時は、よくわかんない箇所なんかも含めて、まずは第一関門…

続きを読む

ネパール ツーリストビザの申請はネットで簡単

日本人がネパールへ旅行に行くには、ビザが必要です。ビザって、自分で取るには小難しく感じるけど、大丈夫です。簡単に自力で申請できます。今日は、そんなネパールビザの取得準備についてと実際に入国した際の手順などを書きました。

バンコク ドンムアン空港でのFree WiFiと旅に出る時のおすすめアプリ

アジアを旅するなら、バンコクの空港でトランジットすることもよくあると思います。 バンコクの老舗空港のドンムアン空港の方には、無料で何時間でも使えるWiFiが飛んでいます。 何種類か飛んでいるのですが、…

続きを読む

長旅に持っていく荷物を厳選しよう。

前回は、バックパック選びについて書きましたが、今回は旅に持っていく荷物についてです。 今でこそ、何を持っていくか、何が便利か、意外といらないものは何かというのはよくわかってきたけれど、初の長旅に出る時…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link