空港から市内への移動 ボリビア ラパス

ボリビア ラパス空港から市内への行き方

投稿日:2018-02-25 更新日:

今回は、世界一、標高の高い都市にある空港でもある、ボリビア エル・アルト空港から、ラパス市内への移動方法です。





エル・アルト国際空港は、小さな空港です。

私が利用した時は、早朝に到着して、外が明るくなるまで空港内で過ごしたのですが、特に人で溢れていることもない静かな空港です。

でも、特に怖い感じもなく、時折通り過ぎるボリビア人が挨拶をしてくれたり、一緒に写真を撮ろうと声をかけてくれたりと、国の第一印象と言っても過言ではない空港で、既にボリビアという国が大好きになりました。

 

ただ、ボリビアへ行こうとしている人なら、既にチェックはしているとは思いますが、なんてったって、標高4,000メートル近いと言われている場所ゆえ、いきなり高山病で倒れこむ人もいるのだとか。

そのため、酸素ボンベも用意されているそうで。

私と言えば、激しい頭痛や吐き気に襲われることはなかったものの(まだこの時はですが)、やっぱりなんか呼吸が少し辛い。

空港内を散策しようと、ちょっと歩いただけでも息が切れる感じがして、なんか息苦しい。

この”なんか”というぼんやりした感覚が標高の高い所だからということを、忘れていたわけではありませんが、意識しすぎると悪化しそうで怖かったので、慎重に体を動かすことにしていました。

 

まだ早朝で、店は開いていませんでしたが、小さい空港だけど、お土産を売るお店や、ファストフード店など、最低限には揃っている空港です。

ひとまず、両替をすることにしましたが、その両替所の場所がわかりにくいのですが、チェックインカウンターが並ぶ方面を前として、空港内の一番右側まで歩くと、その奥のちょっと薄暗いところにありました。

 

さて、空港から市内までの移動ですが、タクシーか、乗り合いのバンの2通りのようです。

私は、乗り合いバン(ミニバス)で行くことにしました。

他の国同様、タクシーのドライバーがたくさん営業してきましたが、乗り合いバンで行きたいことを伝えると、すぐに乗り場を教えてくれて、更にボリビア好印象。

そのうち、書いて行きますが、色んな国をバックパッカーで旅していると、あの手この手で騙してくる悪徳乗り物系ドライバーが私は苦手なのです。

 

乗り場は、空港を背にして一番右奥。

景色が雄大過ぎて、特に目印とかはないのですが、小さな空港なのですぐわかると思います。

こんな感じの景色が拡がっていました。

この世界一標高の高い空港の街、エル・アルトも綺麗な景色に覆われていて、気にはなったけど、まだつい最近、2005年まで続いていたガス紛争の名残もあり、ラ・パス以上に治安が悪いそうです。

次にボリビアに行く時には、旅してみたい!

 

そして、肝心の乗り合いバンは、これです。

※写真の場所は、空港ではありません。

 

バンに乗る客を、ちゃんと仕切っている人がいて、その人に行き先を告げ、

お金を先払いします。

料金は、一人:4ボリビアーノ

大きな荷物は屋根に乗せてもらいます。

仕切っている人は、係員。ドライバーへ通訳をしてくれるので安心ですね。

 

乗り込むと、中は地元の人達で満員。

空いている席に座って、ラパス市内まで、すり鉢状の街をどんどん下っていくのを楽しみましょう。

到着場所付近に着いたら、ドライバーが教えてくれて、荷物も降ろしてくれました。

街までの乗車時間はだいたい2~30分くらいでした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-空港から市内への移動, ボリビア, ラパス

執筆者:


comment

関連記事

エアポートレイルリンクに乗ろう

初めての空港泊となりましたが、疲れには勝てず、 既に心を決めていたためか、気がつくとちゃんと寝られていました。 何分ほど経ったのか、 まるでサイレンを鳴らされたかの如く響いた、おばちゃんの声で起こされ…

続きを読む

星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!

朝3:00出発で、再びツアー開始です。 もちろんメンバーは一緒だけど、実は、ラパスを去る時に、同じ宿でちょっと話をした2人と、ここで再会できました。   彼女たちは、別のツアーで、今から初ウ…

続きを読む

ラパスの朝は。。。色々あります!

朝、頭の痛さで目が覚めました。 ぐっすり寝て調子よくても、やっぱり高山病にはかかる。 ちなみにゴロー丸も、全く同じ症状です。   よし、高山病の薬、買いに行くか。 とりあえず、手持ちのイブを…

続きを読む

真夜中の台湾へ

いよいよ、台湾へ出発です。 1年ぶりの一人旅です。   この日は、舞台を観たのち、そのまま成田へ向かい夜発つという、 なかなかのスケジュールの詰め込み状態でした。 ちょっと贅沢して、スカイラ…

続きを読む

旅スタイルを注意され、ぶーたれる。そしてウユニへ!

街に帰ってきました。 そういえば、チョリータさんの長ーい三つ編みって、背中の下の方で二つを結んでるんです。   日本にはないスタイル! これもこういう結び方だけじゃなくてね、色んな結び方があ…

続きを読む

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link