ボリビア ラパス 空港からの移動・旅先での移動など情報

ボリビア ラパス空港から市内への行き方

投稿日:2018-02-25 更新日:

今回は、世界一、標高の高い都市にある空港でもある、ボリビア エル・アルト空港から、ラパス市内への移動方法です。





エル・アルト国際空港は、小さな空港です。

私が利用した時は、早朝に到着して、外が明るくなるまで空港内で過ごしたのですが、特に人で溢れていることもない静かな空港です。

でも、特に怖い感じもなく、時折通り過ぎるボリビア人が挨拶をしてくれたり、一緒に写真を撮ろうと声をかけてくれたりと、国の第一印象と言っても過言ではない空港で、既にボリビアという国が大好きになりました。

 

ただ、ボリビアへ行こうとしている人なら、既にチェックはしているとは思いますが、なんてったって、標高4,000メートル近いと言われている場所ゆえ、いきなり高山病で倒れこむ人もいるのだとか。

そのため、酸素ボンベも用意されているそうで。

私と言えば、激しい頭痛や吐き気に襲われることはなかったものの(まだこの時はですが)、やっぱりなんか呼吸が少し辛い。

空港内を散策しようと、ちょっと歩いただけでも息が切れる感じがして、なんか息苦しい。

この”なんか”というぼんやりした感覚が標高の高い所だからということを、忘れていたわけではありませんが、意識しすぎると悪化しそうで怖かったので、慎重に体を動かすことにしていました。

 

まだ早朝で、店は開いていませんでしたが、小さい空港だけど、お土産を売るお店や、ファストフード店など、最低限には揃っている空港です。

ひとまず、両替をすることにしましたが、その両替所の場所がわかりにくいのですが、チェックインカウンターが並ぶ方面を前として、空港内の一番右側まで歩くと、その奥のちょっと薄暗いところにありました。

 

さて、空港から市内までの移動ですが、タクシーか、乗り合いのバンの2通りのようです。

私は、乗り合いバン(ミニバス)で行くことにしました。

他の国同様、タクシーのドライバーがたくさん営業してきましたが、乗り合いバンで行きたいことを伝えると、すぐに乗り場を教えてくれて、更にボリビア好印象。

そのうち、書いて行きますが、色んな国をバックパッカーで旅していると、あの手この手で騙してくる悪徳乗り物系ドライバーが私は苦手なのです。

 

乗り場は、空港を背にして一番右奥。

景色が雄大過ぎて、特に目印とかはないのですが、小さな空港なのですぐわかると思います。

こんな感じの景色が拡がっていました。

この世界一標高の高い空港の街、エル・アルトも綺麗な景色に覆われていて、気にはなったけど、まだつい最近、2005年まで続いていたガス紛争の名残もあり、ラ・パス以上に治安が悪いそうです。

次にボリビアに行く時には、旅してみたい!

 

そして、肝心の乗り合いバンは、これです。

※写真の場所は、空港ではありません。

 

バンに乗る客を、ちゃんと仕切っている人がいて、その人に行き先を告げ、

お金を先払いします。

料金は、一人:4ボリビアーノ

大きな荷物は屋根に乗せてもらいます。

仕切っている人は、係員。ドライバーへ通訳をしてくれるので安心ですね。

 

乗り込むと、中は地元の人達で満員。

空いている席に座って、ラパス市内まで、すり鉢状の街をどんどん下っていくのを楽しみましょう。

到着場所付近に着いたら、ドライバーが教えてくれて、荷物も降ろしてくれました。

街までの乗車時間はだいたい2~30分くらいでした。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

 

<sponsored link>







-ボリビア, ラパス, 空港からの移動・旅先での移動など情報

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
チェコの四万人の遺骨で造られた教会
NEXT
新しい旅先を探すなら大使館ラリーがおすすめ

関連記事

ボリビアのローカルフードを紹介

ラパスの中心と言っても良さそうな、サンフランシスコ教会。 夕方になると、必ず現地の人達が集う場所ってあると思うんだけど、ラパスでは、この周辺にたくさんの人が集まるようです。 中へ入りたかったけど、閉ま…

続きを読む

Aライン作戦でラパス市内を歩く

新しい町で宿にチェックインしたらまず、やっておかないといけないことがあります。 次の町への足の確保です。 次、どこの町へ行くのか決まっていない時以外は、なるべく早めに確保するようにしています。 特に、…

続きを読む

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

ボリビア名物フード サルティーニャに出会う

バスチケットをゲットして、いったん宿へ帰ります。 でも、その前に、なんか食べてから帰ろう。     「なに食べようかー?」 ゴ「ハンバーガー食べたい!!メガってでかいのかなぁ??」(°∀°)…

続きを読む

角度と時間ごとに姿を変えるウユニ塩湖の鏡張り

色んな場所を経て、今日のツアーもハイライトに来ました。 さっきまで居た、真っ白い場所だって、充分に雑踏も雑音もない静かな場所だったと思うけど、 なぜかここに来たらもう、ほんっとうのほんっとうに無駄な音…

続きを読む

【南米旅】ボリビア ラパスの街まとめ

世界一標高の高い空港がある街、ラパス。私の憧れだった南米の中で、初めて足を踏み入れた町でした。そんなラパスでは、全部が楽しかったー!って思い出ばかりではないけれど、南米旅はきっと素敵になるって思えるような、始まりもたくさんありました。そんなラパスの街の感想をまとめます。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link