旅日記 ペルー リマ

こんな気持ちで何度も旅の終わりを感じて

投稿日:2017-08-18 更新日:

ここんところ、なんかもうずっとせつないんです。


理由は、ひとつしかなくて。

楽しかった南米旅の終わりが迫っていることを、ひしひしと感じるからです。

長旅の終わりは、いつもこんな気持ちになります。


たとえば、こんな花を見上げた時。

そして、こんな花が咲いているのを、綺麗だなと感じた時。

旅先で、たくさん花を撮ってきたけれど、花の色って、その町を強く印象つけていると思う。

 

そして、優しく強くそこに強く咲いているのです。

日本に帰りたくないわけじゃない。でも時間が足りなくてもどかしい想い。


でもたぶん、私ってやつは、どんなに時間があっても、そう感じてしまうのだと思うけど、

旅に関してだけは、一生、貪婪でいいかなとも思う。

あーあ、どこでもドアがあったら、本当にいいのになー。

なんて、最後の国に入ってから、センチメンタルな気分になっていますが、

まだまだ、旅は残されているので、南米旅最後まで、とことん行くぞー!おー!




クスコへと向かうため、再びCrus del Sur社のバスターミナルへと戻ります。

 

途中あったこの建物の、高い壁のある場所で、中からうめき声が聞こえたので、

再び、おののきました。

このうめき声、ゴロー丸も聴こえてたし、

かなり壁も高かったので、刑務所!?と2人で騒然としたのですが、

結局、よくわからなかった。本気であのうめき声は、なんだったんだろう。。。


気になりすぎて、近くの歩道橋にまで登って、中を見ようとしたけど、

結局、隣の学校しか見えませんでした。

謎が残る場所には、いつかまた帰ってくる気がする。こじつけ

 

さてと。

時間になったので、バスに乗り込みます。


本当にここのバスは、安全に対して、徹底されています。

まず、ドライバーとアテンダントが先に到着ゲートを入り、

セキュリティーチェックと、酒を飲んでいないか、アルコールチェッカーの機械に息を吹きかけてから、

乗り込みます。

 

そして、行き先のプレートが出されると、客もいよいよ乗車OKです。

荷物はもう、預けてしまったので、自分で持っていかなくて良いので楽です。


受付では、予約ナンバーは必要ないらしく、パスポートを見せればOKでした。

そして、手荷物の検査、その後、空港ゲートみたいに体もしっかりチェックされます。

極めつけに、バスに乗り込むと、ひとりひとり、ビデオカメラで顔を撮影されます。

もちろん、観光地によくある、旅の記念にって購入をすすめられるアレじゃないですよ!!

これまた、何かあった時の為用です。

 

とにかくCruz dei Sur社の犯罪防止への力の入れよう素晴らしいと思う。

心なしか、アテンダントさんも強そうに見えるもんね。

で、車内。

今日は、一番ランクの高い、快適なカマです。

広い!!椅子は柔らかいし、枕もブランケットもついてて、

180度近く倒れるし、すっごくいい!!

でもって、一人ひとりに、映画なども観られるモニタもついていて、

映画もいくつか選択できるし、もう、飛行機ですか?ってくらい、サービスも充実。

南米の今までの国の中では一番かも。

 

さあ、クスコへ出発するのだ!!

ずっと夢みてたボリビアを過ぎ、

特別興味のなかったアルゼンチンで、たくさんの人の優しさを感じた。

 

そして、ペルー。

個人的に、ボリビアの次に楽しみにしていた国です。

 

もう、バスの車窓の景色を見ているだけで、また今までの国とは違って、わくわくです。

 

リマを出発してすぐに、田舎の風景が拡がりだしました。

ペルーの色を、しっかり焼きつけておかなくちゃ!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ペルー, リマ

執筆者:


comment

PREV
スーパーのブッフェ、ペルー料理に感激!
NEXT
ペルーの色を感じて

関連記事

古い温泉街みたいな平渓駅

次に降り立ったのは、お隣、平渓駅です。 平渓駅は、とくに何もないけど、素朴な町というか、 古い温泉街の雰囲気に似ています。   日本の駄菓子屋っぽいお店を発見。   売られているも…

続きを読む

チェコの田舎を散歩する

プチパニックに陥りながらもクトナー・ホラ、ムニュスト駅に到着すると、 想像をはるかに超えて誰もいない田舎町が広がっていました。 駅前ですら、こんな感じ。 これ、観光地と言っていいのか?ってくらい、ひと…

続きを読む

相変わらず苦手な街チェンマイ

朝、5時過ぎ頃、バスはチェンマイに到着しました。   まだまだ辺りは真っ暗です。 あー、二度目のチェンマイ。チェンマイにも戻ってきたんだねぇ。 。。。って、   ここどこ!?( ̄□…

続きを読む

クラクフのシンドラーの工場に行く

そもそもなんでポーランドなのか。   それは、何度も書いてきたけれど、世界の紛争、抗争。 戦争によって生まれた大きな過ちなどの負の遺産をこの目でちゃんと見たい。 それが理由でした。 &nbs…

続きを読む

ウユニ塩湖の中のサボテン島

続いて、またまた新しい場所へと到着しました。 またまた、ウユニ塩湖にこんな場所もあるなんて、とちょっと驚きました。 遠くから見ると、まるで、無数のアルパカやリャマなどが、生息してるみたいに見える! &…

続きを読む

チェンマイの旧市街へ

まみさんは、朝早くパーイへ出発して行きました。 私とは逆ルートで東南アジアを周る彼女。 お互いの旅の健闘を祈って、握手をしてお別れです。 旅は、こうして出会いと別れを繰り返していきます。  …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link