国内の変わった場所・おすすめ場所

初夏の東京ドイツ村

投稿日:2018-06-06 更新日:

花と緑が綺麗な初夏の東京ドイツ村を紹介します。




 

東京ドイツ村は、千葉にあるテーマパークです。

テーマパークと言っても、乗り物がたくさんあるわけでもなく、家族やカップルでピクニックを楽しむような場所という感じです。

そしてまたしても、東京とついているけど場所は”千葉”です。


名前にある通り、ドイツの田舎を再現したらしくて、

再現・・・と言うよりは、イメージのような。

 

とにかく、広いです。なので、ポイントポイントで、車で移動しながら周ることをおすすめします。

ちょうどドイツ村へ行った5月は、なかなかの曇りではあったものの、花がたくさん咲きだした季節だったので、様々な花畑を楽しむことができました。

パンジーは、ばっちり見ごろでした。

 

金魚草も、色とりどり。

 

そしてそして。

日立まで行かなくても、ネモフィラの丘が見られる!!

そんなこと言ったら、茨城の人に怒られちゃいますね。

 

規模は小さいけど、一応ネモフィラの丘と言う事で。

 

花畑以外には、ボード乗り場があったり、

 

観覧車があったり、

 

子供が遊ぶ用のアスレチックなんかもありました。

 

これは、シンボル的なMarktplatzを再現していると見られる時計台。

ここで売られているアイスバウムは、おすすめです。

色んな味がありました。

食事処の売りとしては、選んで購入してから楽しむBBQみたいです。

あとは、パン屋さん。

時間によって、パン焼き体験などもできるようです。

ドイツビールなんかも売られています。

正直な感想、ドイツを売りにしている割には、ドイツっぽいものがそんなに売られているわけでもなく、テーマパークのテーマとしてドイツを用いているのかなぁという感じ。

 

自分が実家にいた頃は、同じ県内なのに、ここドイツ村って聞いたこともなかったので、まだまだこれからのテーマーパークなのかなぁって思ったら、2001年開園らしいです。

もうちょい、ドイツっぽさを思い出すようなものに出会えるといいなって思うんですけどねぇ。

なんて、テンション下がることを書いてスイマセン。

たぶん、ファミリー向きの場所かなー。

ここの売りは、冬場のイルミネーションでもあるので、またイルミネーションを見に来てみたいです。

 

しかし!ちゃんとテンション上がる場所もありました。

動物広場。

来る前は、あまりよく調べもせずに牧場をイメージしていたので、動物どこかにいないかなーと思ってたんですが、ちゃんといました!

あ、振り返ってのカメラ目線ありがとーございます。

 

子豚ちゃんはお昼寝。

って、子豚ではないのかな。

 

君達、ヤギ族はたいてい面白い格好で寝ている。

地面には、動物なぞなぞを発見しました。

可愛い子達もちゃんといます!!

と、さらーっと書いてしまいましたが、

他にもパターゴルフができたり、しいたけ狩り、馬乗り体験などもあるそうです。

でも、個人的には、初夏の東京ドイツ村は、綺麗な花と可愛い動物達がおすすめ。

自然を楽しむ場所って感じです。

 

以上、東京ドイツ村の雰囲気をお届けしました~。

 

 

 東京ドイツ村

料金:大人800円 ※車は駐車場代として別途1000円

HP:http://t-doitsumura.co.jp/

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
川崎に九龍寨城があった!
NEXT
海外での値段交渉術 乗り物編

関連記事

銚子市犬吠埼周辺の海スポットとローカルグルメを紹介

※2024/2/8 改訂、修正しました。 関東の一番東、銚子市周辺は、日本で一番早く初日の出が見られると言う事で有名です。 元旦の初日の出こそ凄い人ですが、普段は、かなり地味~なビーチだと思います。 …

続きを読む

愛犬と行く軽井沢

長野旅のつづきです。蓼科を出て向かったのは、好きな街軽井沢。愛犬と入れるお店やおすすめ食べ歩きのお店などなど紹介します。そして、この季節にピッタリな映えスポットなども。秋の旅はいいなぁー。

愛宕念仏寺の可愛い千二百羅漢

色即是空の言葉を選んだのは何でなんだろう。   前記事(微笑むたくさんの石像に会える愛宕念仏寺)で、京都の愛宕念仏寺について書きましたが、今回はそんな愛宕念仏寺で出会った、可愛らしい羅漢像の…

続きを読む

犬歓迎の寺院 護国寺

東京都文京区の大塚にある護国寺は、貴重な犬歓迎の寺院です。ここは、生類憐みの令でもよく知られる、将軍徳川綱吉の母、桂昌院が開山したと言うお寺です。落ち着いていて、小さな見所もたくさんあり、愛犬と歩くと小さな冒険の様でもあり、昔を感じられる神聖で良い場所でした。

国立民族学博物館 インドから日本へ

インドの恐ろしい女神(実は好き)を見て、アイヌの素晴らしい木彫を見て、いよいよ国内世界一周のおしまいは日本へ。しかし、見どころ満載な博物館だったー。日本らしさとは何か、そしてまだ見ぬ世界の国への序章を見せてくれた博物館でした。お世辞抜きで何度でも行きたいー。

金色が呼んでる

厳島神社を出て、宮島内の違う場所へ。   個人的には、厳島神社より雰囲気が好きだと思いました。 豊国神社・千畳閣の大経堂です。 ここに来ている人達はみんな、ここが休憩場所みたいに、くつろいで…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

旅ワン:ネギ

Sayoの愛犬。日本全国を一緒に旅したいワンコ。お芋持参で国内の犬OKスポットに出没中。

愛犬と行く国内の旅

sponsored link