旅日記 タイ アユタヤ

ワット・プラ・マハータートとタイの蘭を売る花屋通り

投稿日:2014-02-09 更新日:

続いて、世界遺産を見に行きましょう!

なんか、大魔道士みたいな名前の遺跡です。




 

ワット・プラ・マハータート

ここも、もちろんビルマ軍に破壊された遺跡が連なっていますが、

とても見応えのある場所で、人気の観光地です。

ワット・ラーチャブーラナはすぐ隣なのに、そんなに観光客がいなかったけど、

こちらは集団をはじめ、かなり賑わっています。

 

首のない仏像が並びます。

首のない仏像と遺跡と言う意味では、ワット・ラーチャブーラナと同じですが、

マハータートの方では、ここを有名にしたとある物が観られるのです。

 

見えました。

そう、それは、

 

がじゅまるの樹に飲み込まれていく仏像です。

決して造られた物ではなく、自然にこういう姿になったということで、世界的に有名になったのです。

 

これ、友達に写真を送ったら、凄く不気味だって声が多かったんですが、

実際は、不気味というより穏やかでした。

時の流れに逆らわず、ただただ静かに飲み込まれていっているように感じました。

何度も、ここが破壊されていくのを見てきたんだろうけど、今はここには争いはなくなり、やっと安心できたのでしょう。

 

殺められているのではなく、包み込まれているのです。

まるで、幸せに眠っているようです。

 

 

凄いなぁ。

ここは、昔のままだなんて。

 

ここに佇む遺跡も、樹も、風も、

みーんな、時代を超えて存在し続けているんだね。

何を見てきたんだろう。

そして、今はどんな時代ですか?と、長生きすぎるこの場所に聞いてみたいです。 

 

 

さぁ、やっと見ることができました。

すぐ近くにあったのに、遠かったなぁ。。。

でも、その分、感慨深い。。。。かも。

 

そして、その後は、近くにある花屋さんが並んでいる通りへ、

蘭が大好きな母に写真を撮って見せてあげたいので、来ました。

毎年、東京ドームでやっている世界らん展に行っているんですよ。

母に連れられて。

今年は、一緒にいってあげられないけど。

 

で、色んな国から花を売りに来ていますが、高いんですよね。

でも、ここで見るとやっぱり安い!

だって、日本円にして数百円ですよ!

 

あーあ。

叶うなら、お母さんに買って帰ってあげたいくらい。

 

そして、目的全部終わっちゃった。

 

 

かと言っても、まだ宿には帰れないし。

さあ、どこへ行こうかな。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, アユタヤ

執筆者:


  1. ちゃりこ父 より:

    こんにちは。

    ガジュマルの仏像、怖すぎっ!

  2. ちゃりこ父 より:

    >サヨ@女一人旅さん

    恐れる対象、って、例のアイツか。

    でも、ブログ上では私もつきまとっているように思われちゃうから気をつけます(笑)

  3. poko より:

    サヨちゃんへ

    私も旅行で・・わ~凄いと思って撮った写真を

    日本で現像して写真で見ると・・実際に見たイメ

    ージ違いますので・・

    サヨちゃんが、写して、私達が見ているのですが

    もっと感動的な建物や遺跡だと思います。

    勿論、植物や風景・・果物・食べ物なども・・

    とにかく・・羨ましいです。

comment

関連記事

嗇色園黃大仙廟でお参りをしてみよう

3大宗教が1つに集まり、すべての人の願いを聴き入れるという大らかな寺院がありました。
嗇色園黄大仙廟は、本殿以外にもあらゆるところに見所があり、見ごたえ充分。晴れた空が良く似合うお寺です。

クスコ。辿り着いたら、素敵でしんどい町だった

バスは、AM11時ごろ、クスコのCruz del Sur社バスターミナルに到着。   この怒涛の移動続きの日々にようやく終止符が打たれます。 とにかく、ベッドに飛び込みたい。 ちゃんと横になりたいのだ…

続きを読む

忘れ物が戻ってくる町サルタ

鳴り響いた、LINEの通知で目覚めました。 あれ?アラーム鳴ってない。。。まだ起きなくても大丈夫かな???   と、時間を見ると、予定起床時刻をとっくに過ぎていて、焦る!! この宿のチェックアウトは1…

続きを読む

やっぱりなんか暗いって

ドミトリーには、寝る時まで誰も来ず、一人だと思ってたけど、夜中爆睡してたら誰か来た。   でも、眠すぎて起きられず。 で、朝方部屋に鳴り響くヘビメタの歌で目が覚めました。   同室…

続きを読む

次の町へ行こう。Student Agency Busに乗って

さあ、次の町へ行きますよー!! 移動はとっても好きです。   そして、今回の旅、ヨーロッパ旅最大の特徴は、   さくさく移動してるってことです。   なんていうか。。。 …

続きを読む

ルアンパバーンのお寺と町散策

さて。今夜、安心して眠れる宿も確保できたので、 次にやらなくてはいけないのは、次の町への足確保です。   次に行く予定なのは、ビエンチャン。 本当は、バンビエンに行こうかと思っていたけど、こ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link