旅日記 台湾 台北

私はいったい何に忠誠を誓っているんでしょう。。。

投稿日:2015-12-10 更新日:

はい。

89歳で亡くなった蒋介石の歳の数だけの、89段の階段を登ると。。。

 




 

再会しました。

蒋介石像です。

あー。ここで、4年前同じ景色見たなー。

旅の思い出っていいなぁー。

 

天井も綺麗。

でも、

私が今回またしてもここへ来たのは、ちゃんと理由があるのですよ。

それは。。。

 

イケメンを見るため 衛兵さんを見るためです。

いましたよ!!

今日も任務を果たすため、じーーーっと動かず立っています!!!

スゴイ!!(゚∀゚*) 興奮気味 

 

かっこいい!!!

台湾人の友人にも、生徒たちにも、いったい何がそんなにかっこいいのかって

もはや変人がられても、

私は、台湾に来たらどーーーーーうしても、これが見たいのですよ!!

 

たぶん、以前の記事でも書いたと思いますが、

私が見たくてたまらなかった衛兵交代の儀。

前回は、集団行動なので時間がなくて泣く泣くあきらめました。

若干、駄々もこねてみましたが、私もう大人だし。って思って。

 

でも、ほんとは大人になれなかったこの4年越しの願い、

叶いましたー!!

 

いやもう、ちょっと大げさすぎますね。

ってことで、みなさん、私の勝手な4年越しの願いをとくとご覧あれ。です。

5分くらい前になると、係の人によって観光客が整備され出します。

 

一番、真ん前、陣取りました!!

来た!!来た来た来たよーーー!!

交代のお兄さん達が!!


 

もう、一糸乱れぬ動き。

 

そして、ゆっくりと蒋介石のたもとに。

 

そして、微動だにもしなかった衛兵さんが、

動いた!!

そして、全員中央に集まり、軍靴の音と銃を回す音だけが響き渡ります。

その音すら揃っています。

 

そして、戻っていくのです。

 

新しい衛兵さん。

はい。

この場所の意味、ひとり履き違えててすみません。

 

儀式は、一時間に一回、20分程度行われているので、

もう、ぜひ♡

 

さて。大満足で、次の場所へ向かいましょう。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 台北

執筆者:


  1. COCO より:

    すごすぎる
    台座の上に乗ってたから、
    人形か?!と思ったわー Σ(゚Д゚)

  2. バンバン より:

    初めまして
    中正記念堂でしたか、懐かしいです
    たまたまブログを発見しました
    昔に台湾へ良く行きまして
    衛兵の交代はもう一ケ所有名な場所がありましたね
    ここは広くて、夏は歩くのが疲れたことを思い出します
    台湾に高速道路が無い時から行きましたが¨
    最近は中国ばかり行ってます
    突然の書き込み、失礼しました

  3. バンバン より:

    >サヨ@女一人旅さん

    そうそう忠烈祠でした。何回も行きましたが。衛兵が長い時間立ってますから、仲間が涙を拭き取るシーンもありましたね。
    来来シェラトンホテルに縁があり家族で泊まりまして、そこの土産品の主人と仲良くなり、次の機会に父母と行ったときに温泉へわざわざ案内をして貰ったことがありました。
    昔はテレビも白黒で教育テレビの内容でのんびりしていました。
    とにかく一番の親日国、街中で小さな桶屋に遭遇、彼が江戸っ子のような言葉で日本語を喋り、日本人の旅行仲間が驚いたことがありました(笑)

comment

関連記事

マカオ北部の下町散策で遂にあれに出会った!

煌びやかで大きなカジノやホテルが立ち並ぶイメージのマカオですが、中国に近付き、北に行くほど下町感が増すのです。下町散策と遂に出会えたあれのお話。

マチュピチュ村を歩こう

最初に、前回書いた日記で、マチュピチュの鳥の形と横顔の答え合わせをしたいと思います。 インカの石積み、壁の鳥の形は。。。↓↓   そして最後の、マチュピチュ遺跡とワイナピチュの山の景色を横に…

続きを読む

宿の予約がされてないのは事件です。

想像していたよりも、だいぶ田舎だったプエルト・イグアスの町。 やっぱりブラジル側のフォス・ド・イグアスの方が人気なのだろうか。 でも私はこの町、静かで雰囲気も悪くないと思う。   &nbsp…

続きを読む

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

いよいよカオサンへ

パヤータイに到着です。 ふと、下をのぞきこむと、こんなに素敵な景色が。 なんだか、ミニチュア模型みたいな不思議な組み合わせ。 ここからカオサンまでバスで行くか、タクシーにするか迷ったけど、 どうやらバ…

続きを読む

これが忠烈祠の衛兵交代

ふらふらとさまよって、ようやく到着した私を待って、衛兵交代式が始まりました。 あ、私を待ってたってのは嘘です。 でも、到着と同時に始まったので、かなりびっくりしました。   ここも、1時間に…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link