旅日記 タイ チェンラーイ

寓話の世界のようなお寺 ワット・ロンクン

投稿日:2014-03-11 更新日:

ラオスへ向けた2泊3日の片道旅、まだまだ出発したばかりです。

チェンマイを後にして少し走ると、

バンは、まるで寓話の世界のような場所に到着しました。

 

ななな、、、なんですかー!

この雪景色のような眩いお城は!!!∑(゚Д゚)





奇妙なもの不気味なものが大好きな私のテンションをアゲアゲにしてくれちゃう場所は!!

RPGの世界再びですよ!!

 

↓↓これなんて、すっごい好き!!

怪獣の口から、水がギャァァァ~~~~


 

どこもかしこも、真っ白で銀世界みたい!!

しかも、いちいちかっこいい。

ここは、ワット・ロンクンと言って、寺です。

有名な芸術家がデザインした寺だそうで、実はまだこれで未完成なんだそうです。

別名、ホワイトテンプルとも呼ばれていて、ブッダの汚れのない姿をこの真っ白によって現しているんだそうで。

 

でも、明らかにロックな感じだよね?

なんか何が何だかよくわかんないけれども、

ここで教えを問うと言われたところで、説得力を感じられるのか謎な感じだけれども、

さすがタイ!!としか言いようがない。

 

そして、敷地内には白だけではなくゴールドも。

って、これね、トイレなんですよ。

世界一、豪華なトイレなんだとかなんとか。

 

そして、こんなオブジェも!

いったい、何を訴えたいのか、芸術ってほんとよくわかんないけど、

た、、、たまらん!!

楽しすぎる!!

 

 

寺めぐりに飽きた飽きたとぬかしておりました私ですが、

これには度肝を抜かれました。

 

トイレ休憩でちょっと近くに寄っただけだったので、

中へ入れなかったのが、残念でなりません。

それでもトイレ休憩で見られたのは、かなりラッキーだよね??

 

これ、ちゃんと完成!って時に、もう一度来たいな。

 

さて。

束の間のチェンラーイを楽しんだら、タイ国境の町へ!!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

+1

<sponsored link>







-旅日記, タイ, チェンラーイ

執筆者:


  1. acorn☆ より:

    すごすぎ~(@_@。
    うわー、実物観てみたい!
    トイレ入ってみたい(笑)!

    中も観てみたい!
    ぜひ、完成後に再度レポを^m^♪

  2. おっさんバッグパッカー より:

    チェンライは温泉もいい。
    チェンライは温泉も有り中々良いですよ。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
また新しい旅へ出る!
NEXT
タイ国境の町、チェンコーン

関連記事

オークランドミュージアムに行く

オークランドミュージアムは、ニュージーランドの歴史が詰まっているとても大きな博物館。しかも、一応、5ドル程度の寄付金の奨励がされているものの、入場料は無料!!NZでは、観光名所であるにもかかわらず、無料の場所が結構あるのです。

ヨーロッパ旅初のバス移動、クラクフからPolskiBus

さぁ、いよいよ、この旅最初の陸路移動の日。 夕べも遅くチェックインしてきた私の上のベッドのおばちゃん、凄いいびき。 初日は良かったけど、このドミトリーは、いびき運っていうのかな?なんか当たりすぎ。うる…

続きを読む

祭りのあとのような帰り道

そろそろ帰りの電車の時間になったので、駅へ向かいます。  マチュピチュ村の駅では待合室があるので、そこで電車の到着を待つこともできます。     で、椅子に座ったら、私が好きな、南米の民族楽…

続きを読む

ホロコースト記念碑がベルリンにもあるのです。

悲しい教会を後にし、この街で回っておきたいところといえば、 ベルリンでは欠かせない場所。   ベルリン動物園 この上の絵は、駅構内のものです。   門の前に到着しました! 動物園、…

続きを読む

Wat Mae Yen

さて、犬くんとはバイバイしましたが、 今日はまだまだパーイの郊外を散歩したいと思います!   どこにいこっかなー。標識がいっぱい。 で、次に向かったのは、Wat Mae Yenです。 パーイ…

続きを読む

クラクフ空港で、この期に及んでアタフタ

クラクフ、バリツェ空港は、相変わらずシンプルです。   来た時は、乗り換え続きで疲れ果て、早く宿に着きたい一心で、 特に周りを散策もしなかったから、何も情報なかったけど、 やっぱりシンプルだ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link