旅日記 ボリビア ウユニ

ウユニから南下する術を探しに

投稿日:2017-06-12 更新日:

ウユニ塩湖の朝から晩までの全ての景色を堪能して、大満足ではありますが、

寝不足だからと言って、宿でのんびり。。。とは、いかないのです。

 

次の目的地への足探し!!





 

そもそも、一人旅の時はできる限り、新しい町に着いたらすぐに確保しているのですが、

今回は、何もかも後回しにしてでも、とにかくウユニ塩湖に!ってことと、

ハードスケジュールで行きっぱなしだったため、

そんな時間もなく。

 

しかも、ここまで一緒だった5人は、みんな帰国の途でラパスへと戻るため、

私とゴロー丸は、逆ルート。

 

次の目的地は、アルゼンチン。

 

そして、その次の目的地までのルートが、どうもはっきりせず、

とにかく過酷ではあるみたいだけど、このルートを通る人はあまりいないのか、

調べても調べても、いまいち確信できないのです。

 

とりあえず、南下してアルゼンチンへ抜けるつもりではあるので、穂高のおばちゃんに聞いてみたけど、

うちでは、バスチケットは扱ってないから、Todoツーリスモに行って聞いてみるといいよと言われたので、

歩いて、10分くらいのところにあるオフィスへと行ってみます。

 

ウユニの町のシンボルの時計台。

 

ボリビアの神様の石像。

 

これらを抜けて行って、市場に到着したら、そのまま左の方へ。

 

ターミナルとかは特にないのですが、

長距離バスがたくさん停まるバスストップあたりに、ツアー会社がたくさん並んでいます。

 

まずは、ここに来た時に乗ってきたTodoツーリスモのオフィスに行って聞いてみるも、そのルートは、うちではやっていないので、

他の会社に聞いてみるといいとのことでした。

 

アルゼンチンというと、首都のブエノスアイレス行きはあるんだけど、それ以外のルートがなかなかない。

 

私たちが行きたいのは、ひとまずボリビアの一番南の国境のビジャンソン。

看板はみんな掲げてんのに、聞いて回るも、「やってるけど。。。」的な答はあるものの、

なぜか予約ができないって断られるところばかりでした。

 

5社くらいは周ってみたかなー。

 

というのも、返ってくるのは、当たり前だけど、英語はほぼ使われておらずスペイン語。

何を言ってんのかさっぱりわかんないのです。

かと言って、予約なしでいきなり乗れる運の良さも持ち合わせてないので、

なんとかして予約を入れたいのですが、

こんなに移動手段の予約がなぜかできないのも初めてだったので、

ちょっとオロオロ。

 

まあ、でもありえないことでもないので、とにかく他の会社にあたろうと言う私に対して、

「もう心折れそう。。。」と言うゴロー丸。

でも、ゴロー丸が、スペイン語はまかせろ!って言ったんだからね。(-“”-;) ←人のせい

 

とある、オフィス内では、予約できないと言われて、理由を聞いても答えてもらえず、

ちょうど日本人カップルがいたので、助けを求めてみるも、無視されたので、

身勝手な事を言うけど、ついに完全に私も心折れて、素直に宿に戻って、他のみんなに助けを求めました。

 

で、語学堪能な、いとくんに助けてもらい、なんとか予約できました。

彼らには、助けられっぱなしだなぁ。

 

予約できたのは、ここの角っこの会社です。看板でてる方の会社は、扱ってないと言われたし。

じゃあ、なんで看板出してんのさ、レベルだし。(;´Д`)

※写真は夜に撮ったものです。

ちなみに奥のデスクに居た女性は、ちゃんと英語が通じました。

入り口で、最初にお掃除してたお姉さんに断られたのは、単純に、まだオフィス開始時間じゃないから待ってってことだったみたい。

 

で、ビジャンソンから目的地までどう行けばいいか聞いてみたけど、

わかんないから、現地に行けばインフォメーションがあるわ。と言われてしまった。

 

まあ、ひとまず、ウユニを抜けられることが決まっただけでも良かった。

そして、いったんみんなでレストランでごはん。。。を食べようとしたんだけど、

宿のシャワールームが、AM11時までしか使えないという宿だったことを思い出し、

みんなでレストランを慌てて出る。

迷惑な日本人客になってしまった。

 

でも、宿は、半泊させてほしいっていうお願いを快く聞いてくれたので、文句は言えない。半泊は、50ボリ。

旅人にとって、浴びられる時にシャワーを浴びろ!は、鉄則なんで。

特に、この後は、移動続きの私たちにとっては、はずせません。

 

で、しきり直したら、もう一度、みんなでごはんへ。

7人揃ってのごはんは、ひとまず旅中ではラストです。

 

コカ茶。南米名物で、高山病に凄くいいです。

何より、あったかいお茶が飲めるのがいい!!

 

イタリアンも、どこにでもあるね。そしておいしい!

けど。。。

やっぱりボリビア料理が食べたかったな―。と小言を呟いてみる。

なぜみんな、安全牌を選択するのか。。。

 

塩コショウ入れが、可愛い!

このお店のおばちゃんも、とっても可愛い人で、写真撮っていい?って言って、

みんなの写真を撮ってくれました。

 

いつかまた来た時、写真が飾られていたら、面白いなー。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, ボリビア, ウユニ

執筆者:


  1. カプリ より:

    はじめまして(*^o^*)
    ろっしぱぱのブログでこちらのブログを教えてもらってきました。
    ウユニ湖に感動しました!
    写真だけでも心がスッキリしました(^o^)

    コカ茶、美味しそうです。
    現地のものは現地でいただくと美味しいですよね(^∇^)
    雰囲気や湿度なんかも関係するのでしょうけど。

    チケット取れて良かったです(о´∀`о)

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
星空と夜明けと。ウユニ塩湖にバイバイ!
NEXT
ボリビアを去る日 旅でのお別れの空気を思い出したよ

関連記事

マチュピチュの裏側

そういえば!! 有名な観光地って、基本、誰もが思い浮かべる代表的な姿があるけれど、 裏側ってどうなってるんだろうって思いませんか?? 素敵な場所って裏側も隠れ絶景だったりするんですよね。  …

続きを読む

最後の一日も小さな奇跡がたくさんでした。

この旅、最後の一日です。   最後の一日は、この旅一番の高いホテルへ行こうと決めていたので、 カオサンにとどまるか、空港近くにするか迷ったけど、 カオサンど真ん中のD&Dに泊まることにしまし…

続きを読む

はるこの道をどうか照らして

夜、再び川沿いへと出かけます。 途中、今日も昨日行ったズンへ、夜ごはんを食べに行きました。 今日は、普通のコムガーです。 やっぱり、ここのコムガー最高!!(●´ω`●)   さて。 実は、ホ…

続きを読む

シリラートの死体博物館に行く

で、向かうはシリラート法医学博物館と解剖博物館です。 スイマセン、悪趣味ですね。   ここは、本物の人間の体がホルマリン漬けにして、標本として並んでいるのです。 まだ、そんなに海外に興味がな…

続きを読む

そして戦いは今日も続くらしい

なんとも言えない、けたたましい鳥の声で朝早く起こされました。 まるで火事を知らせるサイレンの音のようでした。   しかし、タイに来てからというもの、動物の声で起こされてばっか。  …

続きを読む

タージマハルの周りを歩きながら歴史を想う

さて、タージマハルその2です。   眩いばかりのこの大理石の建物は、たった一人の女性のために造られた大きなお墓でした。    横から見てみた姿。 向きが変わっても完璧に左右対称。 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link