旅日記 UAE アブダビ

アブダビ空港のサービス力に心躍る そんなトランジット

投稿日:2016-05-20 更新日:

さあ、いよいよアブダビ空港に到着するのです。

朝食もしつこくジャパニーズセットを押し付けられたけど、

断固NOで普通の方をもらいました。





断ったのに、数秒後また勧められるという劇推しっぷり。

外国人のみなさん、せっかくなのでジャパニーズフードを冒険しようよ。。。(´・ω・`)

 

メディアとかでは、日本食大人気っていう報道だけど、

実際、生徒で苦手って言ってる人多かったし、万人受けはしていないと思う。決して。

 

まぁ、普通食の方もただの機内食って感じですけど。

輝くスプーン&フォークが、お金持ちの国の航空会社って感じですね。

 

そしてそして。

 

いつしか私は、うとうとしている間に、5時間の時差という魔法にかけられて、アブダビ到着です。

 

ゆっくり下降する窓の外には、UAE:アラブ首長国連邦の滑走路が近づいてきます。

まだ薄暗くて見えずらいのは残念ですが、

見下ろした家々の感じが、明らかに今迄行ったどの国とも違う。

砂漠の中の家です。

 

高まる!! (゚∀゚*)

 

 

初中東上陸!!

UAEアブダビ空港

空港に着いて、歩きながらなんかわくわくしちゃって、足元大丈夫かなって感じです。

 

それにしても、アブダビってかなりの数のトランジットの空港ですが、

かなり乗り継ぎステップがわかりやすいです。

もう、上海の浦東空港のわけのわからなさって何だったの?って感じの簡単さ。

わざわざ意味不明に出国させられることもありません!

荷物検査は、もちろんあります。

 

で、その列に並ぼうとしたら、空港員に「君、ジャパン?」って言われてなんだろうって思って「Yes」と答えると、

 

「へへーい!ジャパーン。コニチハー」

 

って、笑顔で言ってくれました。

 

その瞬間、周りの外国人たちに笑われました。

でも、それだけでもう楽しかったです。

 

空港内は、ほんとに綺麗です。

売り物もなんか面白いし、

 

Wi-Fiもよくつながるし、なんと充電エリア(無料)も豊富だし、 ※ちゃんと各国対応


 

さらに、これいい!って思ったのは、読書エリアがあるんですよ。

誰でも使い放題読み放題の。


かなり道にずらーっと設置されていて、ソファーも座り心地抜群そうで。

しかも無料なんて!!

 

もう、日本の空港っていったい。。。って気持ちになってきます。

 

なにが、お・も・て・な・し だよ!たいしてもてなしてないじゃん。

 

これは嬉しいサービスだと思うよ~。


そして、私はとりあえず良さげなベンチを見つけて寝ました。

機内泊より、断然空港泊の方が楽。

 

ちなみにアブダビ、往路は時間がそんなにないので空港内にとどまりましたが、

帰りも同ルートでしかも時間がたくさんあるので、市内に出かけようと思います。

 

まだ、どのプランを選ぶかは模索中。

今からすでに、アブダビ観光楽しみにしています。

 

やっぱりなんか、肌に合ってるんだよなぁ。アジア系の方が。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, UAE アブダビ

執筆者:


  1. まだむ。 より:

    >なにが、お・も・て・な・し だよ!たいしてもてなしてないじゃん。

    ぷぷぷ。( ´艸`)
    今はわからないけれど
    昔のロンドン・ヒースローのターミナル3なんて
    着いたとたん、目からワクワクの光が吹き消されそうに
    天井低くて暗かったですが、うーん、さすがアラブ。

    あーんど
    がんばれ!お・も・て・な・し☆じゃぱんヾ(@°▽°@)ノ

  2. うしおクローバー* より:

    あぶたび♪
    あぶたび…危ない旅じゃなくて、快適なのですね♪

    海外から日本に来ている人で、和食大好きな人にあまり会ったことがありません;生の魚はチョット…とか、味が無い…とか言われます。

    女一人アブダビ、カッコいいですね。諸々気をつけて、良き旅を!
    (*^_^*)

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
ヨーロッパ旅のはじまり。さあ、ここからが長いんだ
NEXT
ドイツの入国審査で笑って、怒られて

関連記事

オシフィエンチム アウシュヴィッツ強制収容所 1

アウシュビッツ唯一の日本語ガイドの中谷さんとは、 9:15に、この入場棟の前で待ち合わせ。 前回も書きましたが、4月~10月は、早朝、夕方の数時間以外は、 ガイドなしでは入れません。 入場料は無料です…

続きを読む

ひっさびさの一人旅プエルトイグアスの町、西側を歩く

ブッフェランチを食べたら、まだバスの出発時間まで少し時間があるので、 まだ行っていなかった、セントロから降りた方面を散策することにしました。 ゴロー丸は、暑いし、疲れたし、歩きたくないそうなので、 荷…

続きを読む

ここまで清く正しい旅をしてきたけど・・・

サルタの町って、爽やかだけど、なんだか住んでる人たちが明るくて、 ラテンって感じで楽しんでいるけど、落ち着いてもいる雰囲気のいい所。   町の中心でもある7月9日広場には、人が集まっていて、…

続きを読む

森の中に佇む寺院 ワット・ウモーン

次は歩いて、ワット・ウッモーンを目指します。   このお寺は、森の中にある寺院。   池があり、 この池にかかる長ーい橋を手をつないで渡るんだって。 この日も、カップルがちょうど手…

続きを読む

インド二人旅をするということ

ついに行くのです。 2年前の東南アジア旅の時には、ごたごたしていて行けなかったインド。 今、出発前夜の気持ちを綴っております。     あの時は、「今回は呼ばれなかったということで…

続きを読む

香港のナイトマーケットはこんな感じ

香港にもナイトマーケットがあるのです。だけど、香港のナイトマーケットは、またちょっと意外な感じでした。そして日本を離れたのに香港で出くわしちゃったあの子。。。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link