インド デリー 各街のまとめ

【インド旅】インド デリーの街まとめ

投稿日:

行ってみたい!でも、ちょっと怖い。

でも、この国に足を踏み入れる時は、呼ばれている時らしい。

そんなインドにようやく呼ばれて、行ってみたら。。。

旅人にとっては、とにかく全てが新鮮で、全力で笑って全力で怒って、そしてやっぱり笑ってた。

デリーは、凄く都会だったけど、既にインド全開でした。

今日は、デリーの街のまとめです。

町の雰囲気

カオスって最初に言った人凄い!

まさにそんな雰囲気で、街がとにかく動いているし、なんじゃこりゃ!?だらけ。

でも、まずは最初の朝の、生まれて初めて見るインドの景色に心をぐっと掴まれました。

決して”美しい”って景色じゃないし、雑多で汚れているんだけど、その景色がとにかく新鮮で、むしろ私にはとても素敵に思えました。

バックパッカーなら、この景色に心を掴まれるはずです。

 

あとは、まぁとにかく暑い!!

デリーは都会なんで、籠っている暑さ。

外に飛び出すには、一瞬の覚悟は必要。だけど、早く街に行ってみたい!

屋上からの眺めだけで、そんなわくわくっぷりが溢れていました。

 

街を歩けば、誰かしらが話しかけてくるし、いったいぜんたい、その根拠も謎だし、飼い牛なのか野良牛なのか、本当に普通に道に牛がいるし。

汚さ、うるささ、わけわからなさ、その全部が面白いんです。

 

ただ、それを楽しめる人じゃないと、しんどい街かもしれません。(笑)

 

注意点はもちろん、話しかけてくる人の中には、詐欺師とかが結構いると思うんで、そこは適当に切り上げた方がいいって事と、(難しくもあるけど)

リクシャーと呼ばれる乗り物や、バイクなんかが、狭い道を、まぁまぁのスピードで走ってくるんで、事故には本当に注意!

そんな私も、実は足を轢かれました。まぁ、幸い軽くだったし、自転車リクシャーにだったんで、大ごとにはならなかったけど。

翌日、痣にはなったくらいです。

人の感じ

とにかく懐っこい人が多い。

旅人にとっては、この点は本当にプラス点だと思います。

ただ、騙そうとする人をきちんと見極めて。

さっきも書いたけど、とにかく誰かしらが話しかけにやってくるんです。

お土産売りたいお店の人やら、なにやらツアー斡旋しようとする人やら、そして、ただ話したかっただけなのか?よくわかんない人やら。

 

だから、楽しく話す程度にしておきたいところですね。

万が一、しばらく一緒に歩いちゃってもうまく切り抜けた方がいいです。

 

街の移動方法

タクシーもリクシャーも走ってますが、デリーは都会なんでメトロ走ってますよ!

しかも駅構内も、ちゃんと綺麗で、怖い感じとかしない。

乗る時に、切符を買うのに窓口に並ばなきゃいけないのと、荷物検査があるのが面倒ではあるけど。

電車もとっても綺麗です。

あのデリーの町並みの汚れ具合はなんだったのってくらい綺麗。

 

ちなみに切符は、紙チケットじゃなくてトークン式で自動改札です。

この点も、エコでちゃんとしてるなーって思うのに。

 

リクシャー等は、乗るなら、東南アジア等同様にしっかり料金交渉して、料金をはっきりさせてから乗りましょう。

デリーではリクシャー乗らなかったんですが、

他の街で乗った時、ぼったくりや降りる時にふっかけてくる奴もたくさん居たんで。

せっかく公共の乗り物があるんで、地下鉄移動できる場所内では、移動は電車がおすすめです。

 

メトロと長距離の列車の駅は、もちろん異なりますので注意。

これはニューデリー駅の入り口です。

 

物価

デリーでは買い物をあまりしなかったので、インドの他の街に比べると、もしかしたら都会価格なのかもしれないけど、インド自体の物価はもちろん安いです。

場所によっては、都会ならではのおしゃれお土産もあるようですよ。

 

食べ物

食べ物も、買い物同様、デリーはすぐに発ってしまったので、宿のごはん以外は、ちゃんと食べていません。

しいていえば、次の街への長距離列車の中で食べるようにニューデリー駅の中で買ったおやつくらい。

上:オレンジジュースだと思いこんで飲んでみたらマンゴージュースだった!

オレンジ色=オレンジジュースは、ただの日本の刷り込みだと思い知らされました。(笑)

凄く甘かったけど、美味しかったです。

下:マフィン

10ルピー(17円)くらいで買ったもの。これもちゃんと美味しかったです。

 

宿情報 *シーズンなどにより料金は変わると思うので参考までに

インド旅は短期だったので、デリーは本当に束の間ですぐに発ってしまったので、泊まった宿は1つだけです。

サンタナデリー SANTANA DELIH

部屋:ドミトリー、ツインルーム、VIPルーム

泊まった部屋:ツインルーム トイレ・シャワー内

料金:一泊800ルピー

感想

良かった点・従業員の方が親切、チケット手配、朝食

日本人宿なので、一人旅では情報収集もできると思います。

メールで予約をしたのですが、返信がとても丁寧で、空港に着いてからのアドバイスまで書いていてくださり、一泊の中でも沢山お世話になりました。

相変わらず、下調べもきちんとせずに行ってしまったので、鉄道のチケットの手配や、インド旅での注意点など教えてくださり、インド旅の幸先良いスタートが切れました。

 

朝食がついているのも嬉しい点ですが、旅日記の中にも書いた通り、ずるい日本人のせいで、朝食においては嫌な思い出が残ってしまいましたが・・・

初インドでデリーinの人は多いと思いますが、まずはここに泊まるのもおすすめです。

悪かった点・暑い、年季が入っている

デリーの暑さをあなどっていた私が悪いのですが、エアコン付きの部屋にしなかった為、とにかく暑かった。。。

私の中で、旅史上過酷だった宿、シェムリアップのドミトリーといい勝負だったかな。

まぁ、一泊だけだったので、耐えられたけど。

なので、素直にエアコン付きの部屋を予約する事をおすすめします。

バスルーム、トイレもなかなかの年季の入り具合でした。

 

しかし、これら以上に親切にしてもらったんで、あまりマイナスにしたくないと声を大にして言いたいです。

安心して泊まれるだけでもありがたい。

 

デリー旅 もくじ

初めましてでこんな夜のインドが刺激的すぎる

初のインド旅の始まり。荒い運転と目に入る全部に結構わくわくしてた

せこすぎるタダ飯男に腹が立った事件

初めて目にしたインドの景色に感動し、朝食泥棒男にまた自分の旅史上でも上位に入るくらい腹が立った事件

インドの地下鉄ってちゃんと都会

デリー、軽く街歩き。なるほどインド人ってこんな感じなのかと思う事多数

人生初のインドの列車

インドで最初の長距離列車。これまた初めての経験だらけで楽しかった

 

・・・・・

 

デリーは本当に足を踏み入れただけって感じで、まずはインド旅のお手並み拝見ってとこでした。

それでも束の間で、あれだけ思い出が出来るのはインドならではなのかもしれません。

インド旅はこの後、後半になるにつれて過酷になっていたけど、やっぱり私は、あのサンタナデリーの屋上で、インドの朝の景色が飛び込んできた瞬間から、インドに一目惚れしてしまったのかもしれません。

 

先に行った旅友数人から、「サヨちゃんは絶対インドが好きになる」って言いきられてたインド。

まさに、いきなりまんまと言われる通りになってしまった時間でした。

また行きたいか・・・

デリーはまだまだちっとも探検していないので、本当にいつかまた行けたらいいなぁ。いや、呼ばれたいなぁ!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-インド, デリー, 各街のまとめ

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
留学は スタンプカード
NEXT
【どこがお好み?】アジアで出会った色んなお寺

関連記事

本当の悪人ってなんだろう

バラナシ最後の一日が始まりました。   夜には、夜行バスでネパールへと出発です。 しかしその前に、最後に行きたい場所がありました。 そこに行ってから、バラナシを発ちたいのです。 向かいます。…

続きを読む

【東南アジア旅】タイ バンコクの街まとめ 2

東南アジア旅、バンコクのまとめ記事パート2です。私が実際に泊まった宿についての感想と旅記事の紹介を綴ります。

カオスな街バラナシで嘘つきインド人の本領発揮

バラナシ、バラナス、バラーナシ、 最近見たのは、ワナーラスなんてのもあったな。   この街のカタカナ読みは、たくさんあるみたいだけど、 やっぱりしっくりくるのはバラナシ。   ずっ…

続きを読む

せこすぎるタダ飯男に腹が立った事件

インド、ほんっと暑過ぎて、夜中に暑さで何度も目が覚めて、 ようやく朝を迎えました。 サンタナは、バックパッカーには嬉しい朝食付の宿なので、 屋上の食堂へと行きます。     昨日の…

続きを読む

バラナシのこの景色を覚えていよう

バラナシでの最後の食事は、初日に出会ったインド人トシに教えてもらった、 ベジタリアンフードのお店、SHREEへ。 なんだかんだ、バラナシにいる間お世話になったお店です。 体調を崩すこともなかったし、安…

続きを読む

インド人の男の子が末恐ろしい

インド男子って、小さい頃からこんななのね。と、若干ひいた出来事あり。さて。すっかり、ツアー営業がしつこくなってしまったリクシャーのお兄さんに必死で断り、到着したのは、アーグラーでお世話になる宿、HOTEL SIDHARTHAです。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link