旅日記 台湾 九份 台北 平渓線

瑞芳駅から九份への行き方

投稿日:2015-11-05 更新日:

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう!

再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。

次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、

九份です。




 

前回来た時は、時間がなく行かなかったので、実は私、初九份です。

瑞芳駅からバスが出ているという情報を見たので、それで行きましょう。

 

ですが、このバスの出発場所、駅前じゃないんですよ。

これ、引っ掛けですね。

 

午前中に来た時、ついでにバスの乗り場もチェックしておきました。

と言っても、簡単なルートなので大丈夫です!

 

駅前の大通りを、駅を背にしてすぐ左へ曲がります。

そのまま3分くらい歩くと、こんないくつかバス乗り場が道路沿いにあるので、

そこに九份行きバスも来ます。

 

九份行きは人気があるので、かなり人が待っているので見つけやすいと思います。

 

ちなみに、乗り場はここ!!道路を渡った側です。


写真、見えづらくてすみませんが、真ん中赤いTシャツのムキムキのお兄さんの後ろに、

”九份”と書いてあるので、ここまで来れば、こっちのもんですよっ。

 

バスは結構、本数があるみたいです。

ここから九份までは、約20分~30分。

15元=55円くらい!安っ!!

 

九份は夜が綺麗な町なので、夕方過ぎに向かってちょうどいいです。

 

さあ、わしらバスに乗り込むよ!マスター!!スメアゴル風

って、はりきって乗り込んだんですが、

まじで今までにないくらい、満員ぎゅうぎゅうバスでした。

 

座れないのはもちろん、もう座席の方へすら行けなくて、

おかげで私、ステップに立つことに。。。

 

バスガイド以来のステップですよ。

まぁ、海外のバスのステップに立つなんて、これまたいい経験です。笑

あ、日本のバスがこれやると交通法違反に引っ掛かります。って、常識ですね。

 

じゃあ、みなさん。しばし、バスのステップからの景色をお楽しみください。(`・ω・´)ゞ

 

さぁ、出発するのじゃー!!

 

この時期は、日本も雨続きだったから、覚悟してたけど、

ここまで来てもまた、どしゃ降りになり始めました。。。

どーでもいいですが。。。

運転手席、隠し撮り!!

景色はどんどんまた田舎になっていって、

ちょっとわくわくします。

 

なんて、景色を楽しんでいたら、

あっという間に到着しました。

 

またしても、にゃんこ。

台湾って、どれだけにゃんこ推しなのでしょうね。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 九份, 台北, 平渓線

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    ステップっていうか、
    日本だったら、運転席(笑)
    九份は私も行ったことないから、わくわく
    (^○^)

comment

関連記事

初のホームスティ休日はDVD地獄とカルチャーショック連発!

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。 *日付は留学時のものではありません* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ベッドに入り、あっ…

続きを読む

ホットシャワー問題

重慶大厦のシャワーはちゃんとお湯が出るのか問題。安宿だって、ちゃんとあったかいシャワーが浴びられるんです。やり方がありました!

やっと憧れのクトナー・ホラが見えてきた。でも。。。

下調べゼロで来ると、ヨーロッパの鉄道に乗るのは大苦労ということがわかりました。当たり前っす。 電光掲示板で、クトナー・ホラ行きの電車の出発時刻が出るのを待ちます。     待ちます…

続きを読む

アンデスのミイラの少女に会いに行く

ウユニ塩湖の塩にやられて以来、急遽ウユニの町で民族パンツを買って、 ずっとそれを履いて旅してるゴロー丸ですが、 思いもよらず、アルゼンチンが都会過ぎて、恥ずかしくなったようです。   ゴ「な…

続きを読む

72時間、ぶっ通しの長距離移動スタート!でもその前に。。。

朝起きて、いつものようにメールチェックをすると、 今更、ものすっごく今更、 アゴダから、ホテルの予約ができませんでしたの謝罪メールが届いていました。 →宿の予約がされていないのは事件です。 &nbsp…

続きを読む

今度はウィーン拷問博物館です!

大満足で犯罪博物館を後にし、次なる目的地へ。 駅に向かう途中の家のドアノブのデザインが素敵で、思わず写真を撮りました。   ウィーン中心部は都会だけど、ちょっと離れたところは、こんな風に、 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link