旅日記 台湾 九份 台北 平渓線

瑞芳駅から九份への行き方

投稿日:2015-11-05 更新日:

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう!

再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。

次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、

九份です。




 

前回来た時は、時間がなく行かなかったので、実は私、初九份です。

瑞芳駅からバスが出ているという情報を見たので、それで行きましょう。

 

ですが、このバスの出発場所、駅前じゃないんですよ。

これ、引っ掛けですね。

 

午前中に来た時、ついでにバスの乗り場もチェックしておきました。

と言っても、簡単なルートなので大丈夫です!

 

駅前の大通りを、駅を背にしてすぐ左へ曲がります。

そのまま3分くらい歩くと、こんないくつかバス乗り場が道路沿いにあるので、

そこに九份行きバスも来ます。

 

九份行きは人気があるので、かなり人が待っているので見つけやすいと思います。

 

ちなみに、乗り場はここ!!道路を渡った側です。


写真、見えづらくてすみませんが、真ん中赤いTシャツのムキムキのお兄さんの後ろに、

”九份”と書いてあるので、ここまで来れば、こっちのもんですよっ。

 

バスは結構、本数があるみたいです。

ここから九份までは、約20分~30分。

15元=55円くらい!安っ!!

 

九份は夜が綺麗な町なので、夕方過ぎに向かってちょうどいいです。

 

さあ、わしらバスに乗り込むよ!マスター!!スメアゴル風

って、はりきって乗り込んだんですが、

まじで今までにないくらい、満員ぎゅうぎゅうバスでした。

 

座れないのはもちろん、もう座席の方へすら行けなくて、

おかげで私、ステップに立つことに。。。

 

バスガイド以来のステップですよ。

まぁ、海外のバスのステップに立つなんて、これまたいい経験です。笑

あ、日本のバスがこれやると交通法違反に引っ掛かります。って、常識ですね。

 

じゃあ、みなさん。しばし、バスのステップからの景色をお楽しみください。(`・ω・´)ゞ

 

さぁ、出発するのじゃー!!

 

この時期は、日本も雨続きだったから、覚悟してたけど、

ここまで来てもまた、どしゃ降りになり始めました。。。

どーでもいいですが。。。

運転手席、隠し撮り!!

景色はどんどんまた田舎になっていって、

ちょっとわくわくします。

 

なんて、景色を楽しんでいたら、

あっという間に到着しました。

 

またしても、にゃんこ。

台湾って、どれだけにゃんこ推しなのでしょうね。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 九份, 台北, 平渓線

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    ステップっていうか、
    日本だったら、運転席(笑)
    九份は私も行ったことないから、わくわく
    (^○^)

comment

関連記事

リマ市内移動はメトロポリターノに乗って

リマは、大都会です。 いくら、市内観光は、乗り物に頼らず、なるべく歩く! と心がけていても、歩くには、バカ広いんです。     タクシーやミクロなんかもあるけど、 正直、値段確認もめんどくさ…

続きを読む

プノンペンの真ん中で大喧嘩するジャパニーズとタイワンレン

さてさて、女二人旅、大喧嘩の始まり~。   カンボジアに着いてから乗りこんできたおじさん達は、呉さんに話しかけます。   おじさん「どこから来たの?」 呉「私は台湾。彼女は日本。」…

続きを読む

角度と時間ごとに姿を変えるウユニ塩湖の鏡張り

色んな場所を経て、今日のツアーもハイライトに来ました。 さっきまで居た、真っ白い場所だって、充分に雑踏も雑音もない静かな場所だったと思うけど、 なぜかここに来たらもう、ほんっとうのほんっとうに無駄な音…

続きを読む

忘れられないChittana Guest Houseのお兄さんとワンちゃんとの出会い

昨日の夜は、恐怖でした。。。(´□`。) 安さにつられ、とんでもないドミトリーの宿泊を選んでしまった昨日でしたが、 宿の廊下でパソコンをカタカタやっていると、 なぜか隣に座ってきた白人の男性が、なにや…

続きを読む

ヨーロッパ旅のはじまり。さあ、ここからが長いんだ

いよいよヨーロッパへと出発。 今日のポーランド行のフライトは、7万で買ったチケット。 しかし、アブダビ、ベルリンと2回乗り継いで行きます。   しかもクラクフの上を通り過ぎてベルリンなので、…

続きを読む

タ・プロームの静かな景色

次の遺跡は。。。   ここ!! たぶん、たくさんの人が写真などで、 一度は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。 アンコール遺跡群の中でも、 アンコールワットに続いて第二位の人気だとか何と…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link