旅日記 台湾 九份 台北 平渓線

瑞芳駅から九份への行き方

投稿日:2015-11-05 更新日:

すっかり夕方になってしまったので、次なる場所へと向かいましょう!

再び、平渓線で瑞芳駅へと戻ります。

次なる場所は、台北に行った日本人はここも行くというくらいの人気な町、

九份です。




 

前回来た時は、時間がなく行かなかったので、実は私、初九份です。

瑞芳駅からバスが出ているという情報を見たので、それで行きましょう。

 

ですが、このバスの出発場所、駅前じゃないんですよ。

これ、引っ掛けですね。

 

午前中に来た時、ついでにバスの乗り場もチェックしておきました。

と言っても、簡単なルートなので大丈夫です!

 

駅前の大通りを、駅を背にしてすぐ左へ曲がります。

そのまま3分くらい歩くと、こんないくつかバス乗り場が道路沿いにあるので、

そこに九份行きバスも来ます。

 

九份行きは人気があるので、かなり人が待っているので見つけやすいと思います。

 

ちなみに、乗り場はここ!!道路を渡った側です。


写真、見えづらくてすみませんが、真ん中赤いTシャツのムキムキのお兄さんの後ろに、

”九份”と書いてあるので、ここまで来れば、こっちのもんですよっ。

 

バスは結構、本数があるみたいです。

ここから九份までは、約20分~30分。

15元=55円くらい!安っ!!

 

九份は夜が綺麗な町なので、夕方過ぎに向かってちょうどいいです。

 

さあ、わしらバスに乗り込むよ!マスター!!スメアゴル風

って、はりきって乗り込んだんですが、

まじで今までにないくらい、満員ぎゅうぎゅうバスでした。

 

座れないのはもちろん、もう座席の方へすら行けなくて、

おかげで私、ステップに立つことに。。。

 

バスガイド以来のステップですよ。

まぁ、海外のバスのステップに立つなんて、これまたいい経験です。笑

あ、日本のバスがこれやると交通法違反に引っ掛かります。って、常識ですね。

 

じゃあ、みなさん。しばし、バスのステップからの景色をお楽しみください。(`・ω・´)ゞ

 

さぁ、出発するのじゃー!!

 

この時期は、日本も雨続きだったから、覚悟してたけど、

ここまで来てもまた、どしゃ降りになり始めました。。。

どーでもいいですが。。。

運転手席、隠し撮り!!

景色はどんどんまた田舎になっていって、

ちょっとわくわくします。

 

なんて、景色を楽しんでいたら、

あっという間に到着しました。

 

またしても、にゃんこ。

台湾って、どれだけにゃんこ推しなのでしょうね。

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロブログ「新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-旅日記, 台湾, 九份, 台北, 平渓線

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    ステップっていうか、
    日本だったら、運転席(笑)
    九份は私も行ったことないから、わくわく
    (^○^)

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
十分のおまけ
NEXT
九份のてっぺんにて想いを馳せる

関連記事

ドイツの入国審査で笑って、怒られて

次のフライトは、ドイツ行き。ベルリンまで行きます。 初エアベルリン。   でも、今日がたまたまだったのだろうけど、アナウンスが聞き取りにくい! 抑揚がなくて、早口すぎて、しかも飛行機のプロペ…

続きを読む

バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

バラナシ初日、宿に向かうリクシャーマンに危ない宿だと大嘘つかれたけれど、 宿はとても快適で、宿の人にはお世話になりました。   バス停に向かう時間まで少し待機させてもらっていたら、 宿のオー…

続きを読む

こんな気持ちで何度も旅の終わりを感じて

ここんところ、なんかもうずっとせつないんです。 理由は、ひとつしかなくて。 楽しかった南米旅の終わりが迫っていることを、ひしひしと感じるからです。 長旅の終わりは、いつもこんな気持ちになります。 たと…

続きを読む

ワットプラケオで涙ぽろぽろ

ワットポーまで来たら、一緒に観ておきたいのが、ワット・プラケオ。 金ぴかの王宮が目印の寺院です。   ここは、入場料500B。 ちょっと、高いなぁ。。。   でも、観光客はみんな行く場所のよ…

続きを読む

100万ftのブダペストの夜景ってこういうこと!

ブダペストで過ごす最後の夜です。   この旅の中で一番長く居た街。 宿を延泊してまでだいぶのんびり過ごしました。   でも、まだブダペストには、”素敵”が詰まっているんですよ。 と…

続きを読む

シェムリアップの岡村さんとの出会い

ドミトリーには、何人か日本人の女の子が泊まっていました。   学生ボランティアで来ている子。観光で来ている子。バックパッカーの子。 みんなとちょっとお話をしていましたが、それぞれ出かけてしま…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link