旅日記 タイ アユタヤ

ワット・プー・カオトーンに到着

投稿日:2014-02-07 更新日:

アユタヤの中心地から、ひたすら自転車を漕いで、到着しました。

こんな田舎道を走って来ましたが、地元の暮らしが垣間見えて楽しかったです。

 




 

最後、入口を間違えて、遠回りして裏口の方へ来てしまったみたいだけど、

まあ、いいでしょう!

 

到着しました。

ワット・プー・カオトーン

ここは、アユタヤの中でも唯一のビルマ・モン様式という仕様の寺で、金ピカが多いタイの寺院と比べても、一目瞭然。

白が基盤の寺院です。

宿の周りの遺跡も、その昔ビルマ軍に破壊されたままの遺跡が多いですが、ここの寺は郊外にあるから残されたんですかね?

もちろん、今はすでにタイ様式となっていますが。

 

入ってみましょう!

 

ちなみに、鶏推しのアユタヤ。

ここでも鶏の記念写真的な場所を見かけました。

はい!そこのニ匹、ふざけない!

ほら、手前の君、横の子にちょっかいかけちゃだめ!!

みんなー、写真撮るからねー!はい笑ってー!

 

引率の先生風になって、ちょっと遊んだら、いよいよ本格的に登ってみますか。

 

選ばれし勇者よ、階段を上りなさい。

と、言われているような迫力です。ほんと。

ただ、残念なのは、写真の右側を見ていただいてもわかるとおり、

落書きだらけなんですよ、このお寺。

 

もう最上階は、壁は一面落書き。

そりゃもう、世界各地の文字で。

 

日本って、そういうの許さないじゃないですか。

だからこそ、やっぱり価値があがると思うし、

神聖な場所のはずですからね、、、そもそも。。。

 

英語やら、タイ語やら、ハングルやら。。。。

でも、私が見た限りでは、日本語はありませんでした!(^_^)

 

それにしてもちょっとの高さだけどいい景色です。

風もとても気持ちがよくて、ここまでの疲れも癒されます。

上は、ぐるっと一周できるように道が造られていて、この周辺の景色が見渡せます。

 

途中、お経を唱えるお坊さんと地元の人達がいました。

ありがたい授業とかかな。

しかし、人が少ないのも清々しい。

 

しばし、色んなことを忘れて、ここで癒されていよう。

 

と、風に吹かれてぼーっとしてたら、韓国人の集団がやってきて、

うるさかったので、降りました。とほほ。。。

 

でも、集団さえ来なければ、とても静かでおすすめの場所です。

ちょっと、ファイナルファンタジーの気分も味わえますし。

 

 

で、気になる木を発見。

この実、タマリンドの実です。

タイでは、よく屋台などで売られています。

 

海外へ来ると、日本では見たことのない植物の発見も面白いです。

 

 

さあ、帰りましょう。

 

こういう中心地からちょっと離れた穴場って、来るのはいいけど、

帰り道が、はぁーってなります。笑

でもこんな程度でへこたれてちゃ、まだまだ上級バックパッカーへの道は遠いですね。

新米バックパッカー、頑張ります!!

 

 

すぐそばにある小学校。

子供たちが元気に遊んでいます。

いっそ、子供達と遊んでみたら、楽しそうだなー。

ビンではなくて、子供達と遊びたいよ。私は。

 

そして、仏教の国といえば、必然的に仏像も売買しているわけで。

こんな店もあります。

うーん。

 

こういうのは、あまり前面に出さないでほしいというか。

神聖さが薄れる気がするのは、私だけでしょうか。。。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, タイ, アユタヤ

執筆者:


  1. ちゃりこ父 より:

    こんにちは。

    確かに、仏像のウィンドウショッピング(笑)

  2. poko より:

    サヨちゃんへ

    ちょっとした田舎に・・あれだけの石で建てた

    遺跡が在るなんて・・素晴らしいですね。

    その遺跡を、目の当たりにできる・・

    サヨちゃんが・・羨ましいです。

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
自転車でワット・プー・カオ・トーンを目指そう
NEXT
ウィハーン・プラ・モンコン・ボピット

関連記事

バラナシのインド人と最後まで喧嘩して、さらばインド

バラナシ初日、宿に向かうリクシャーマンに危ない宿だと大嘘つかれたけれど、 宿はとても快適で、宿の人にはお世話になりました。   バス停に向かう時間まで少し待機させてもらっていたら、 宿のオー…

続きを読む

ホットシャワー問題

重慶大厦のシャワーはちゃんとお湯が出るのか問題。安宿だって、ちゃんとあったかいシャワーが浴びられるんです。やり方がありました!

自分の国と違う国を旅するということ

嗇色園黃大仙廟という九龍のパワースポットのお寺にやってきました。お寺はもちろん華やかで立派だけど、ちょっとした考えの違いでどんより心に雲がかかる出来事が。。。

最後の一日も小さな奇跡がたくさんでした。

この旅、最後の一日です。   最後の一日は、この旅一番の高いホテルへ行こうと決めていたので、 カオサンにとどまるか、空港近くにするか迷ったけど、 カオサンど真ん中のD&Dに泊まることにしまし…

続きを読む

インド人の男の子が末恐ろしい

インド男子って、小さい頃からこんななのね。と、若干ひいた出来事あり。さて。すっかり、ツアー営業がしつこくなってしまったリクシャーのお兄さんに必死で断り、到着したのは、アーグラーでお世話になる宿、HOTEL SIDHARTHAです。

ホーチミンの夜を歩く

夜は、以前ホーチミンへ来た時に行って、 とってもおいしかったごはん屋さんへ行くことにしました。   クアン94 ここは、カニ料理のお店で、とっても美味しいんだけど、ちょっと中心地からは遠いで…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link