国内の変わった場所・おすすめ場所 ペットと旅する日本

愛犬と行く蓼科と山下清放浪美術館

投稿日:2022-11-27 更新日:

またまた愛犬ネギと旅してきました。

今回は長野!!

長野は広くて、観光名所もたくさんありますね。ちょこちょこ色んな街には行ったことあるけど、泊まりでは初めてでした。

行ったのは、11月の前半。とても良い天気に恵まれて、夏の旅行の名誉挽回!

ちょうど紅葉も見ごろでとても綺麗で癒された旅になりました。

山下清 放浪美術館

時々、サービスエリアのドッグランに寄り、まず向かったのは、茅野市です。

夏の飛騨高山で、偶然遭遇したのが山下清原画展でしたが、残念ながら入れなかったことが悔しくて。

でも、長野に紅葉を見に行こう!と決めてからどこに行こうか調べてみると、なんと長野にもあるらしいじゃないですか!

しかも、ペット連れでも歓迎してくれるとびっきり優しい美術館ということで、そりゃもう行くっきゃない!

 

ってことで、今回の旅行の楽しみの1つでした。

まずは、諏訪ICを降りて、結構賑やかな街を走っていくと見えてきました。

 

ここの看板を矢印通りに進めば、すぐに到着です。

駐車場は美術館の奥。何台か駐車できるスペースがあります。

平日だったので、よりどりみどりでした。

さあ、張り切って行こう!!

外観は、美術館って感じはあまりなくて、和の感じで、風情溢れる雰囲気の建物です。

勝手に抱いている美術館とかのイメージとは違うから、歩いて行ったりしたら、あれ?ここ?って思っちゃいそうですね。

ウィーンの犯罪博物館に行った時を凄く思い出しました。

展示物の内容は真逆だけど、あれ?こんな感じの建物の中にあるの?ってわくわくする感じ。

 

入口には、山下清画伯と言えばのおにぎりがゴロゴロ。

美味しそう~。

なんかスタイリッシュな感じよりも、凄く親しみやすい美術館って感じで、この造りとても好きです。

 

そして、ここを登るとすぐに受付があります。

そこで、チケットを購入して中へと入れます。

チケットは、一般800円(子供料金は別)ですが、なんとHPから割引券を印刷して持って行くと、なんと一人100円引きになります。

しかも、通常は山下清画伯の絵がプリントされた絵ハガキが一枚もらえるのですが、二枚もらえてラッキー。

一応、ペット抱っこしていてもいいか断りを入れましたが、笑顔でもちろんですと言ってもらえました。

ネギと一緒に見られて嬉しいー!

 

もちろん内部は、写真撮影禁止ですが、とにかく想像していたよりもかなり内容が濃かったです。

絵の枚数もかなりあって、それぞれの特徴とか解説がきちんと書かれているし、ここに来て初めて知ったことがかなりありました。

絵も、自分が知っている貼り絵だけではなく、油絵とかペンだけで書かれた物や、紙だけでなく陶器など物にも書いていた事。

好きだったものや、自分を入れて書く絵が多かったという事などなど。

個人的には、美術展に行って”癒されたー”って思ったのは初めてです。

それくらい、彩り豊かで素敵な美術館でした。

 

展示フロアを見終わると、売店があります。

そこでは、山下清画伯の本やグッズなどに加え、骨董品とか古いお金とか、色んな珍しいものが売られていました。

そして売店の方の知識が豊富すぎて、山下画伯のことだけじゃなくて、お金の価値とかについての話なんかも聞けて楽しかったです。

一日話を聞いていてもへぇーってことばかりだと思います。

 

山下清画伯ファンの母にカレンダーと、自分に絵ハガキセットを買いました。

部屋に飾りました!癒しパワーかなりあります。

 

勝手に、バックパッカーの先輩とも思っているのですが、彼の最後の言葉は、「今年の花火大会はどこに行こうかな~」だったそうです。

それを聞いて、なんだかとてもとてもじーんとしてしまいました。

 

ここの展示物は、シーズンごとに入れ替わりもするそうなので、またぜひ行ってみたいです!

蓼科エリア

山下清美術館で癒されて、続いて向かったのは蓼科エリアです。

停まる宿に向かいながら、色々な所に寄りました。

 

蓼科は、初めて行きましたが、かなり自然溢れる綺麗なところでした。

まず向かったのは白樺湖。ビーナスライン道の駅

実は、道の駅があるそうなので、行ってみたのですが、自分の予想していた道の駅ではなかったです。

もうちょい、地元にあるやつみたいな感じで、物産展なんかがあるのかと思っていたのですが、小さなアイスクリーム屋とトイレくらいしかなかったです。

(後で調べると、物産展は閉店してしまったらしい)

 

でも、白樺湖は抜群に綺麗で、紅葉もちょうどいい染まり具合でした。

良い天気で、昼はそんなに寒くなかったので、時間があったらボートなんかに乗るのも楽しそうです。

カヌーとかサップボートなんかのアクティビティもあるようで、この時も乗っている人達がいました。

夏に来ても、楽しめそうですね!

とりあえず、この景色を見られただけでも来た甲斐があったかな。

 

ビーナスラインで蓼科方面へ

続いて、紅葉に染まる山道をどんどん登り、立科町へ。

さすがに山の上の方は、気温も少し下がり、紅葉も少しだけ遅めの感じはあったけど、それでも大自然の景色は、とても雄大です。

 

オイ!一緒に連れてけ!!

さらに、小さい方の白樺湖。

この辺りは、池の平リゾートの経営する施設なんかがたくさんあって、ピーターラビットのイベントなんかもやっていたので行ってみたかったのですが、時間がありませんでした。(そもそも犬OKかは不明)

更に山の上の方に行くと、もうコンビニもないので、賑わっている場所ならこの辺りまでって感じですかね。

 

牛乳専科もうもう

続いて向かったのは、とっても美味しいソフトクリーム屋さんです。

 

牛乳専科もうもう

大きな牧場の脇にあるお店で、ソフトクリームの他に牛乳やパンなども売られています。

店内でも食べることができるそうですが、ペットは入れません。

なので車の中で、ソフトクリーム大好きな愛犬ネギと一緒に。

ちなみに、このすぐ脇は、広い牧場になっていて、牛達が放牧されているそうですが、冬季になる11月は放牧されていないようで、残念です。

夏季には、この向こう側に見られるようですよ!

さて、長野旅の記事はもう少し続きます。

 

*******

山下清放浪美術館

HP:http://houro.net

住所:長野県茅野市ちの2764-3

*******

牛乳専科もうもう

HP:http://moumou-tateshina.com/

住所:長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野40-1

*******

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

<sponsored link>







-国内の変わった場所・おすすめ場所, ペットと旅する日本

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
都内にある店内ペット同伴可のお店5選
NEXT
愛犬と泊まれる宿 蓼科わんわんパラダイスコテージ

関連記事

愛犬と行く夏の白川郷

岐阜県にある白川郷は、合掌造りの三角屋根が特徴的な集落で有名です。そして世界遺産としても登録されています。自分の中のイメージとしては、冬の雪に包まれた真っ白な村のイメージでしたが、今回は夏に行ってみることにしました。

ペンギン好きにおすすめ 那須どうぶつ王国

動物園好きな人にとって、出来る限り近くで動物を見られるってのは、かなり嬉しいポイントだと思います。 そして、那須どうぶつ王国では、そんな願いを充分に叶えてくれちゃうんです。 しかも、ガラス窓とかの仕切…

続きを読む

生きたまま仏になるってどういうこと?

即身仏って知ってますか? 僧侶の修行の中でも、もっとも過酷で崇高な修行なんだそうです。 生きたまま自分が仏となった僧侶をそう呼ぶそうです。 生きたまま仏なんてどういうこと? それは、この後書きましょう…

続きを読む

次の旅に持っていきたいセキュリポをつけてみんぱくへGO

次の海外旅のことを考えると、国選びからもうわくわくドキドキだけど、すでにずーっと呼ばれている(気がする)国があるのです。 それはさておき、今回ご縁があり、そんな私の次の旅わくわく心にプラスエネルギーを…

続きを読む

自衛隊イベントをはしごする秋

今年の秋は、自衛隊イベントを見まくるという2週間を過ごしておりました。   色んな場所があるけど、普段は入れない場所のひとつ、自衛隊基地。   なんだか、行ってみたいなぁ、、、とぼ…

続きを読む

超恐怖!美しき水にかかるかずら橋

さて。 大歩危の素晴らしい水の色に出会えたところで、 もうちょい冒険しますか!   この大歩危峡にかかる橋を渡れるんですってよ!みなさん。   祖谷のかずら橋 ってことなら、渡って…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link