旅日記 香港

ホットシャワー問題

投稿日:

ここで唐突のホットシャワー問題。

バックパッカーにとって、宿でホットシャワーが出るのか出ないのか、それは結構な問題ではあります。。。




 

で、香港は都会と言えども、なんてったって私達が泊まっているのは重慶大厦。

お湯は出ないとか、大丈夫だったとか、泊まる宿によるとか、いろんな話が聴こえてきていました。

東南アジアや暑い中東なんかでは、ホットシャワーなんて浴びたくなくなるくらいなので、気にもしないのですが、肌寒い~寒い国ではかなり大問題。

南米も、ボリビア、ペルー辺りはかなり苦労したなぁ。

 

で、香港の3、4月。

昼は暑いけど、まだまだ朝晩は肌寒いんですよ。

宿にいるのは、その朝晩なのでこれはかなり大きな問題。

 

でもって、私達が泊まっていた宿だけではないと思うんですが、重慶大厦のホットシャワー問題はどうだったのかと言うと、やり方がありました!

まずは最初に部屋を案内してもらった時に軽く説明してくれました。

電気のスイッチがあるあたりのお湯沸かし用のスイッチを入れたら、10分待ってねとのこと。

そしたらOKと説明されました。

 

よし、実際シャワーはどうだったのかと言うと、現在ホットシャワーは抜群に出ています。むしろ熱湯出てきて、アチチチっってなるくらい。

でも、コツがあるんです。コツと言うかやり方が。

重慶大厦で水しか出ないよ!って方は、ここを確認してみてください。

このダイヤル!!

あのですね。壁のスイッチオンにしただけじゃお湯出ないです。

10分じゃ足りなかったのかなーって20分待ってみても出ないです。

 

問題は、このダイヤルを回さないといけなかったんです。ONとかOFFとか書いてないからわかりにくいけど、これを回して、壁のスイッチをONにする。

たぶん、これはお掃除の人が掃除したついでにOFFにして出て行ったと思うんだけど、フロントの人は、まさかここまでOFFになってるとは思わないから、主電源の方だけ説明して終わっちゃうんですよね。

その後、お湯出ないんですけど~って言いたくてもフロントの人なんて滅多につかまりませんからね。

 

この事実に、今日気付いたのです。

え?今まではどうしてたのかって??

気合入れて、水浴びてました。

気合があれば風邪もひかない!これは修行だ!と自分に言い聞かせて。

 

たぶん、南米なんかのあの水シャワーもなんかやり方があったんだろうなー。

ちなみに、香港シャワーは、長くお湯を出しっぱなしにしてると水になります。これは注意。

 

それから、重慶大厦と言えど、ちゃんと毎日お掃除に入ってくれて、タオルもシーツも変えてくれます。ホットシャワー問題も解決したら快適です!

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

関連記事

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

そして旅の仲間は解散した

朝、8:30起床。   いよいよ、今日はチェンマイへ出発する日です。   支度を済ませて、下へ降りて行くと、既にもうカツさんもヒロシさんも 起きてのんびりしていました。 &nbsp…

続きを読む

この辺で、今のアルゼンチン事情に気付くべきだったのかも

素敵すぎるアルゼンチンの彼女に助けてもらい、 無事、次の目的地までの片道切符も手に入れたので、 次にすることと言えば、 思いも寄らず、滞在しなければいけなくなってしまった サルタでの宿探し。 ゴ「まさ…

続きを読む

目覚めたら...王宮の町フエ

朝、9:00頃、バスの窓には遺跡のような大きな門が見え始め、 ああ、フエに着いたんだなとわかります。   バスは、ここで降りる人が半分くらい、このまま降りずに次の町へ向かう人が半分くらい。 …

続きを読む

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、 さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。   大粒の塩の結晶がよくわかります。 もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらあり…

続きを読む

日本人宿での日々が始まる

気を取り直して。 アユタヤで、チェンマイに行くことにした時から、考えていたことがありました。 それは、日本人が経営している宿に泊まってみたい!   その時、ちょうどビンとの一件で、ちょっと滅…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link