旅日記 ポーランド ヴロツワフ

ヴロツワフの街で小人探しをしよう!

投稿日:2016-06-11 更新日:

もはや、時間を持て余した私は、この街ヴロツワフの楽しみ方、

小人ラリーをすることにしました。





ヴロツワフには、小さな小人というかドワーフがいたるところに居て、

それを見つけるなんていう遊びも楽しいらしい。

 

ほんとは、そういうのって友達とか恋人とかと探した方が楽しそうだけど。。。。

一人でやりますか!

 

そもそもは、ポーランドの共産主義に抵抗するという皮肉めいた意味合いを込めて造られた

小人なんだそうですが、今や街のいたるところに250体以上、居るらしいのです。

 

それもまた、町に来るまでには情報を手に入れてましたが、

この時までに見つけられた小人、なんと一人だけでした。

気にせず歩いていたら、素通りしまくってたんでしょうね。

ぐ~たら~。

まるで今の私の心を表しているみたいだ。

 

よ~し。張り切って、他の小人達を見つけに行こうー!!

 

で、以下見つけられた小人の写真です。

 

どれも個性があって、可愛いです。

時々、小人なのかよくわかんないものも入っております、です!(`・ω・´)ゞ


 

Bye !

 

 

ここで、残念ながら雨が降り出してしまったため、

断念しました。

まだまだまだ、いるんだけど、なかなか見つからないものですね。

 

体力と天候にさえ恵まれれば、もっと探したかったです。

こういう遊び心がある街っていいですよね。

 

しかし、疲れた。。。

 

 

 

ちなみに、この小人たちはそれぞれに名前がつけられているらしいですよ。

ヴロツワフの小人にまつわるHPはこちら!

http://krasnale.pl/en/

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

0

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, ヴロツワフ

執筆者:


  1. うしおクローバー* より:

    こびとづかん。こいびとじゃなくて。
    こびとさん!結構たくさん会いましたね。
    なかなかユルくていいですね。今にも動き出しそう。夜中にふと目が覚めると、枕元にこびとさんがいるかも!?

    旅先で時間があったら、私だったらついスイーツめぐりをしてしまいます。ヨーロッパのお菓子とか…どうなのかなぁ。

comment

PREV
前向きになったら何か起きた・・・
NEXT
ポーランドからチェコへの夜行バス移動

関連記事

クラクフの安くておいしくて大盛りのレストラン

クラクフに戻ってきたら、行っておきたい場所がありました。 昨日、大好きな宿のオーナーから凄くいいよとおススメされたレストランに行くこと! せっかくのご厚意、ちゃんと実現させてから帰国したい。 &nbs…

続きを読む

夜の重慶大厦を紹介

夜の尖沙咀でまた美味しいお店を発見。もはや、食べ過ぎです。言語とコミュニケーションについて考える会話もあり。そして、夜の重慶大厦の雰囲気を紹介します。

恋人たちの公園、ミラフローレスの岬

サン・イシドロ区から、40分くらい歩いて到着したのは、 ミラフローレス地区の海岸です。 リマの中でも、おしゃれだと言われているこの辺りは、 恋人達にとっても絶好のデートスポットのようです。   なんて…

続きを読む

士林夜市で小さな再会

さて。九份を去ります。 オカリナ店のおじちゃんに台北までの帰り方を教えてもらったので、(←調べて来いって) あと1つ、今日は行きたい場所があるので台北へと戻りましょう! ながーい階段を再び下って、 台…

続きを読む

次々と奇跡が起きるアルゼンチン旅が始まった。

数時間遅れで、サルタの町へ到着。   と言っても、できる限り、今日のうちに進んでしまいたいので、 まだまだバスを乗り換えて、もっともっと東へ進みたいのです。 でも、ラキアカの町で、バスに乗れ…

続きを読む

この旅で一番衝撃だった事故

私はどうも、時々交通事故を目撃することがあって、 それまた海外でもしかりで、 その後は、寝込んでしまうのです。。。   ひとまず、元気にプエルトイグアスを去り、ブエノスアイレスまで24時間オ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link