旅日記 香港

旺角の花墟道とバードガーデン

投稿日:2018-04-16 更新日:

香港の下町をもっと見てみたくて、九龍公園から歩いてみたら、凄いマンションに遭遇。

もしこんなマンションに住んだら~って、想像するとちょっと楽しい。




 

プリンスエドワード通りはセレブな感じでした。

セキュリティしっかりマンションと高級車が多かった。

新しい国に行ったら必ず思う恒例のもしこの国に住むとしたら。。。

全く住みたいエリアが浮かばない。未だに香港のお気に入りの場所を見いだせずにいる。

もう香港旅も後半なのになー。

 

で、歩いて到着したのは旺角(モンコック/ウォンコック)エリアです。

ここも下町感溢れる、お店がたくさんあって賑わっている場所なんだそうです。

元は農村だったらしくて、町開発で市場だった頃を得て、現在は香港人のショッピングエリアとして欠かせない町です。

 

まずは、花屋さんがたくさん並ぶ花墟道(ファーフォイロード)。

すっごい数の蘭の鉢植えが売られています!!

やっぱり母が蘭好きなので、ついつい見てしまうのですが、香港も安い!!

 

こんなに満開に咲いている鉢植えが、1つ38HK$~48HK$(530円~680円)くらいなんです。

しかも、大好きな多肉植物やサボテンも安い!!

1つ100円くらいで買えるんです。

ここの花屋通りは、かなりたくさんの花屋が並んでいて、見ているだけでも楽しいです。というか、買いたくなっちゃうけど。

 

そしてそして。

そんな花屋の花達を眺めながら歩いていると、ふと道路の向こうに延びる道が現れます。

ちょっとした参道っぽいこの道を歩いて行くと。。。

 

お出迎えしてくれたのは。。。

 

なんとオウム!!

よっ!ハローハロー!!

 

そうなんです。

お寺かなんかかと思いきや、ここはバードガーデン。

可愛い小鳥がいっぱい。

 

色とりどりの鳥があっちにもこっちにもいて、

しかも、売ってもいるようです。

 

ここ鳥好きな人はたまんないと思う。

結構、見るだけじゃなくて買いに来ている人がたくさんいて、

みんな真剣に選んでいます。

 

珍しい色の鳥なんかも売られていて、そりゃもう華やかです。

そして、鳥かごなんかも売られていますが、それが凄い可愛い!

 

奥の方には、鶏餌、なぜか虫の標本やおもちゃなども売られていて、

私の宿敵、クモに出くわす前に撤退しましたけど。

こんな感じで旺角エリアは、卸系のお店がたくさん並んでいます。

まだまだ旺角エリアを探検したいと思います!!

 

わんわんガーデンはないのかなぁ~。

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, 香港

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
九龍城砦の亡霊に
NEXT
旺角の金魚街とおすすめ食堂

関連記事

クラクフ市内から空港へのバスでの戻り方

まだ、ポーランドには大目的を残しているので、 一足早いですが、市内から空港へのバス移動の方法を書いておきます。     新しい町に到着したら、次の予定が決まっていない限りは、 次の…

続きを読む

九龍城砦の亡霊に

かつて巨大スラムと言われた九龍寨城の跡地、九龍寨城公園に来ました。今はなき九龍寨城の面影はあるのでしょうか。
広い公園内を、かつての姿を探して歩き回りました。

プノンペンの王宮を散歩する

博物館を出て、再び呉さんのバイクの後ろに乗り、 独立記念塔などを通って、目指すは王宮です。 かつて、カンボジアはフランスの植民地でした。 1953年に独立を宣言すると、やがて独立を記念して、5年後の1…

続きを読む

ワットプラケオで涙ぽろぽろ

ワットポーまで来たら、一緒に観ておきたいのが、ワット・プラケオ。 金ぴかの王宮が目印の寺院です。   ここは、入場料500B。 ちょっと、高いなぁ。。。   でも、観光客はみんな行…

続きを読む

24時間炎の消えないバラナシの火葬場で

バラナシで見た火葬のお話です。 写真は、火葬に使われる牧がたくさん置かれている場所です。 たくさん薪が置かれている場所に到着し、 ここがバラナシの小さいほうの火葬場と呼ばれる、ハリスチャンドラ・ガート…

続きを読む

タージマハルの周りを歩きながら歴史を想う

さて、タージマハルその2です。   眩いばかりのこの大理石の建物は、たった一人の女性のために造られた大きなお墓でした。    横から見てみた姿。 向きが変わっても完璧に左右対称。 …

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link