旅日記 ポーランド クラクフ

晴れたので市場へ行こう!

投稿日:2016-06-03 更新日:

宿は、女性専用ドミトリーだと思ってたら、男の人が来てびっくり。

サイモンという物腰の柔らかいポーランド人でした。





で、夜は、サイモンと2人きりで平和だと思いきや、2人とも既に寝静まっている夜中に、

かなりマイペースで騒がしいフランス人男性2人組がやってきて、完全男だけの部屋に私一人となって、さすがに居心地悪かった。

すぐに寝たけど。

 

そして、朝は、私の上のベッドのフランス人の今迄に聞いたことのない爆音のいびきで起こされました。

で、その相方がフレディ・マーキュリーそっくりなんだけど、かなり謎の行動を。。。

 

目が覚めて私は、いびきはうるさかったけど、まだごろごろしていたいので目を閉じていました。

すると、サイモンの上のベッドに寝ている彼がおもむろに起きだし、ベッドを降り、

私のベッドの前まで来るとピタリと止まりました。

 

そして、何やら呪文みたいなのを唱え始めました。

 

な。。。なにごと!?(((゜д゜;)))

 

 

めちゃくちゃ薄眼で見ようとしたんだけど、眼鏡もかけてないから見えないし、

起き上がるのなんか怖いし。

 

何かやってる。

お祈り?イスラム?

 

NZに居た頃、ホームスティメイトだったアラビア人がいつもお祈りしてたのを思い出しました。

私のベッドのある方向が、たまたま方角だったんだろうけど、全裸で、胸毛もじゃもじゃで、パンツ一枚で、

こっちに向かって謎の呪文をとなえるフレディ・マーキュリー。

かなり恐かったです。

 

彼がベッドに戻り、上のベッドの彼と、再びいびきが輪唱してきたとこで、

起きだしてさっさと逃げるように出かけることにしました。

 

晴れましたぁ!!

 

まずは、宿の裏にある市場へ行ってみましょう!!

 

ポーランドには、屋台がないのは残念だけど、マーケットはあります。

どの国のマーケットも見るだけでわくわくします。

 

スタリ クレパシュ


よし。入ってみるのじゃ!!

 

東南アジアほど、歩いていて強い呼び込みはないけど、

それでも時々声をかけられます。

観光用ではなくて、地元の人のための市場ですね。

 

野菜とか、果物。安い!

犬用のおやつがこんなに!!

あー。買いたいよぅ。

これ、絶対喜んで食べるやつだ!ってわくわくしたいよ。相棒~。

 

ヨーロッパの春は、やっぱりお花なんかがとっても綺麗で似合ってます。

 

そして、これもとってもオシャレなケーキ。

見た目、綺麗だけど、絶対激甘♡ (^▽^;)


とりあえず、市場には夕方また来よう。夕飯を買いに!

 

しかし、晴れるととっても綺麗ですね。

公園の緑も、なんか違って見えます。

そして、中央広場へ続く道は、昨日とは打って変わってにぎわっています。

 

やっと、明るいポーランドに出会えた。

雨が降ると、出歩かないだけなんですね。ヨーロッパは。

トゥクトゥクか?と思いきや、

これは、サイトシーイング用の乗り物。


 

更に、こんな立派な乗り物もありますよ。

 

馬車って。

ねぇ、みなさん馬車って!!(*゜▽゜) 興奮

 

中央広場もとってもにぎやかです。

中央広場は、ちなみに別名、織物会館と呼ばれていて、

昔は、織物の取引の場だったそうです。

 

ちなみに今はお土産屋さんがこんな感じ。


ちなみにポーランドの有名土産は、琥珀です。

ここらへんにすっごいお店あります。

 

心配させてごめんなさい。

ポーランド、ちゃんと明るいです。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ポーランド, クラクフ

執筆者:


  1. ☆まりりん より:

    犬用のおやつがあんなオシャレに売られてるんだね。飼い主さんは選ぶの楽しそう!

    イギリスでも馬に乗った警官をよく見たけど、たまに大量の馬ふ◯があってビックリしてた(^_^;)

comment

PREV
クラクフの街と名物薔薇ジャム
NEXT
ユダヤのエリア、カジミエシュ地区へ

関連記事

24時間バスに乗ってラオスの国境へ

色んな出会いと出来事があった、ラオスーベトナム 国境越え24時間バス、スタートです! いよいよ、17:00になったので、乗り場へ向かいます。   案の定、ピックアップは、時間通りには来ず。 …

続きを読む

クスコの市場で絶品料理を発見!

大好きな市場がクスコにもあるので、目指します!! サンフランシスコ広場の横の門をくぐって、向かいます。 この門をくぐると、観光客エリアからは、少し遠ざかって、クスコの人々の日常が拡がります。 &nbs…

続きを読む

リマ、歴史の道で危ない言葉囁かれ小事件

続いて、リマの旧市街を歩いてみます。   あ、リマでの両替は、この黄色い$マークの入った、 目立つベストを着たおじちゃん達に、 両替してもらいましょう。↓写真   旧市街では、いた…

続きを読む

インドの伝統的礼拝プージャを見る

ガンジス河のガートにいると、 とにかくここでも絶え間なくって言っても過言ではないくらいに、 インド人が話しかけてきます。   基本は、土産物屋の人間なんだけど、 そりゃもう、いちいち対応して…

続きを読む

Exchangeにそんな裏技があったとは!

地球の歩き方に載っていた入場料をすっかり信じて来てみたら、   実は、とんでもなく掲載より高額料金で、   その上、入場料は、アルゼンチンペソでしか払えないと言われ、  かと言って、ここにも近くにも、…

続きを読む

文武廟(マンモーテンプル)ってどこですか?

文武の神様、文武廟を探しに中環から上環まで歩いて行くつもりが、迷いに迷う旅となりました。でも、やっと見つけて終了ギリギリで入った文武廟の内部には圧倒されました。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link