旅日記 ニュージーランド オークランド 留学

ニュージーランドの秋、深まる

投稿日:

ニュージーランド留学の頃の記事を古いブログから移行します。

*日付は留学時のものではありません*

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨夜は、みんなが疲れて早く寝ました。

毎晩夜中まで一人、騒音の元になっているサウトも、さすがに早く寝たようでした。

 

私ももちろん早く寝て、そして今朝は、目覚めもすっきりでした。

いつも日曜は、10時頃まで寝てしまうけど、8時にはすっきり目が覚め、

窓を見ると、カーテン越しにとっても濃い日差しが見えました。

 

今日は、快晴だぁ!

 

家でのんびりするかとも考えたけど、先日、日本の友達から届いたメールの

”再び、引きこもり厳禁!”

の言葉を思い出し、出かけることにします。

友達の言葉は、こうして離れてみると、本当にありがたいです。

色んな言葉が、背中を押す追い風になってくれるのです。

引きこもっているだけじゃ、出会えなかった景色とか色んなタイミングがきっとある。

さて、支度したく!!

 

とは言え、どこに行こうかな。ダウンタウンしか思いつかないけど、

今日は、人の多いところに行きたくないなぁ。

 

そうだ!

近所を散歩がてら、いつもバスの窓越しに気になってた

大きな公園へ行ってみることにしよう。歩いて冒険だな。

 

ついでに、せっかく日本から持ってきた、帽子を被って出かけようっと。

リビングに行くとママが、帽子をとっても可愛い可愛いと言ってくれました。

「とても、可愛いわ!素晴らしいわ!ごめんなさい、私嬉しくて!」

褒め殺し状態です。

 

ママの趣味は、裁縫なのです。とにかく生地やデザインが大好きみたい。

パッチワーク柄の私の帽子も、とても気に入ったようで、凄いテンション高い。

でも、日本じゃこんなに褒めてもらう事もないからなんか嬉しいな。(笑)

外へ出ると、こんな晴れてた日もなかったかもってくらい、雲ひとつない青空。

日本の7倍というNZの陽射しも照りつける。

とは言え、今は秋も深まってきた頃。日蔭はちょっと冷たい。

 

近所を散策してみよう!

 

こっちの家は、やっぱりおしゃれだなぁと思います。

少し古そうに見える家でも、玄関には飾り物がしてあったり、

窓からのぞく、部屋の装飾もとても綺麗。

そして、移民の多い国らしい光景がよく見える。

引越して間もないらしく、慌しく荷物を運びこむ家族や、

売りにだされている家の見学会に訪れる色んな人種の人達。

電柱には、ガレージセールの貼紙。

とにかく、目に映る色んなものが珍しいのです。

 

ここは、家から歩いてきた所の突き当たり。

マングローブの森の向こう側にも見える家の景色が、

やっぱり日本では見慣れないから、なんだかこれさえも新鮮に感じます。

 

では、この先には行けないので、道をちょっと引き返して、

目的の大きな公園へ。

 

20分くらい歩くと、公園に到着しました!!

って、到着して初めてわかったんだけど、

ここは、公園じゃなくて学校のグラウンドでした。

とてつもなく広い!!

 

今日は、もちろん日曜なので学校はお休み。

なんか、洋画で出てくるような、かっこいい学校だなぁ。

 

学校のグラウンドだけど、誰でもはいれるようになっていて、

散歩する近所の人達もちらほら。。。

少年フットボールクラブらしき集まりや、

ランニングする人、ドッグランしてる犬と人。

NZの国技でもあるラグビーを、子供に教えてる父親。

それからそれから、人目もはばからず、チュー(笑)をしまくるカップル。

 

私は、それらを興味深そうに眺めている外国人留学生ってことになるんだな。

 

・・・と、公園には、まぁまぁ色んな人がいます。

でもなんか、日本に居たら、こんな風に一人で公園で過ごすこともなかったから、

これまた自由で、贅沢な時間にも思えてきます。

 

ベンチに座って、先日ミンからもらったりんごを食べることにしました。

日本でよく売られているものより、小さめでまだ青いNZのりんごは、やっぱり酸っぱい。

でも、こっちの人の感覚は、素晴らしい果物=甘い ではなくて、

良い果物=酸っぱい が、正解なんだってこないだ聞きました。

だからこれは、とってもいいNZのりんごってことで。

 

しかし、陽射しは、じりじりしてるのに、木陰にいると爽やかな風で寒くなるのです。

やっぱり、毎日秋が深まって行っているのを感じます。

だけど、私が見てみたかった憧れの”外国の秋”は、こんな感じの色を思い描いてた。

憧れがひとつ叶ったんだなぁ。

 

そんな事を思いながら、また、少し離れて歩いていってみることに。

おしゃれな鳥。

個人的には、ニュージーランドは野鳥の国でもあると思う。

 

それから、これまた、よく目にする光景だけど、

いくつかの家の前には、家具がたくさん出されていたりするのです。

それらは、もちろん雨ざらしになっていて、風化している物も結構あって、

だいぶ使えそうにもないなって思うけど、あれは一体何なんだろう?

果たして、リサイクルの国だから、その目的で欲しければご自由にどうぞと出されているのか、

それとも、こっちの粗大ゴミは、そうやって出しとけばいいのか。。。

まだまだ、不思議な光景も多くて、ついつい日本と比べてしまう。いい意味でも、悪い意味でも。

やっぱりちょっと、日本を想ってしまう日曜日です。

 

よし!散策おしまい!!

Rosebankの辺りは、ベッドタウンと言うか、住宅地なので、特に何もないです。

もっと散策したいけど、今日は疲れたので帰宅。

 

家に帰ると、ママが部屋にやってきました。

「スィーティー、あなたの写真を撮りたいの。」

と、置いた帽子を再び私に被せました。

ママは、とにかくこの帽子を気に入ったらしいです。

 

リビングへ、連れて行かれると撮影会が始まりました。

パパも、とってもノリ気で、この場所で撮ろうとか、次はワイングラスを持ってみてくれとか、

まるで自分達の娘のように、写真を撮ってくれました。

 

ママのテンションの高さには、ときおり圧倒される時もあるけど、

やっぱり、賑やかなこの家は、とても落ち着きます。

私が日本に帰る日まで、あとどれくらい私はファミリーになれるだろう。

思い出が増えて行きます。

 

それから、ニュージーランドの澄んだ高い空っていうけど、

それは本当に本当に綺麗で、

ジャングルジムにでも登ったら手が届いてしまいそうで。

近くて、溶け込んでいる空の色、晴れた日の鮮やかさを、

写真では、たいして残せないことがちょっと悔しい。

日本のみんなに見せてあげたい青。

この国じゃなきゃ、出会えない。

 

今日のディナーは、ポテトとかぼちゃのグリルとグリーンピース。

そして、肉のかたまりが登場!!

この肉、なんだろう???

大きくて、ちょっと黒っぽくて、見た目、けっこうグロイい。。。

 

生肉、生魚がアレルギーで食べられない私には、とにかく見たことのない料理は不安なのです。

でも、それは、パパも知ってるので、もちろんよく焼いてあるようだけど。。。

しかし、本当に何の肉かな。。。?ステーキとか、あんまり肉全面的なのも苦手。。。(^_^;)

 

ちょっと、そうであってほしい願いを込めて聞いてみた。

「チ・・チキン?」

でも、案の定すぐに否定されてしまいました。

「違う違う、チキンにしては、でかすぎ」

 

パパは、私やサウトが、これなんだろうと思っていると、

いつも楽しそうににこにこして、反応を楽しんでいるのです。

 

「じゃあ豚?」

「ノットポーク、ノットビーフ!」

 

んんんー?じゃあ何なの?私、食べたことないんじゃないかな。

私、食べられるのだろうか。。。ってか、食べなきゃ失礼なんだけど。

 

と、思っているうちに、珍しくパパが、そのこぶし2つ分はあるでかい肉の塊を、

私のお皿にボンボン!と、2塊も置いてしまったのです。

覚悟を決めて、食べてみるとやっと答えがわかりました。

 

答えは、マトン!!

その辺に、たっくさんいる羊。

ってより、パパ!昨日、羊一緒に見たよね!?

いっぱいいて、可愛いねぇ~って話したよね?!

いくら、人の数よりも羊の方が多いというNZといえども、

まさかつい昨日、あんなに可愛いと思った羊を今日、食すことになるなんて!

 

で、初めての羊肉の味は。。。やっぱり、肉っぽいの、苦手だー。

途中、ギブアップしたかったです。

でも、パパが手間暇こめて作ってくれた料理だし、

きっと、ニュージーランドっぽい食事を考えて、楽しませようと思ったのに違いないと思うし。

 

馬好きの友達が、「馬肉を出されて食べないのは、馬に失礼!」と言っていた言葉を思い出し、

必死に完食しました。これもたぶん、良い経験です。

 

そして、食事後は、必死にまた明日からの授業の予習。

ロトルアにも行って、かなり満喫した週末だったけど、また明日から学校頑張らなくては。

でも、明日の授業の心配をしようが、なかなか上達しない英語力を嘆こうが、

ベッドに入ると、とても良く眠れるのです。

きっと、安眠のおまじないをかけてあるに違いない!

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

 

<sponsored link>







-旅日記, ニュージーランド, オークランド, 留学

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
【南米旅】ボリビア ウユニの街まとめ
NEXT
留学生活の親友となる人

関連記事

ラパスの人間くさい日常が溢れる市場を歩く

天まで続いてるんじゃないかと滅入るくらいの階段を登って、 息を切らしながら、辿り着いたサンデーマーケット、地元民のロドリゲス市場の景色は、 思わず、立ち止まってしまうくらいの地元の風景すぎて素敵でした…

続きを読む

九份のてっぺんにて想いを馳せる

九份到着ということで、かなり高まります。 だって初九份でしたから!!   さあ、いきなり大嫌いな階段のお出ましです。 なんで、素敵な町って呼ばれるところって、階段地獄なんでしょうね。 見晴ら…

続きを読む

パラグアイ名物パンと新しい町に着いた!

サルタの町を出てから、14時間バスに揺られ、 窓の外は、だいぶ水が多めの景色に変わってきました。 日差しの色も濃くなってきたし、気温も上がっているのがわかります。 丸めて置いてある俵が、なんだか可愛ら…

続きを読む

しまなみ海道を渡って行くのだ!

先日、寝る前にスマホをいじってたら、 LINEをひらいて、手が滑って、気付けば、しばらく連絡をとっていなかった とある友人に勝手に電話をかけ始めました。 切ろうにもうろたえすぎて画面が変わってしまい、…

続きを読む

留学は”引きこもり厳禁”

またしても絶不調のホームシック。でも友達からの手紙に励まされて、一人で出かける事に。留学は本当に色んな人に出会う。嬉しいことも、嫌なことも。そして、悲しいなって思う問題にも。

香港の路上食堂でディナーを

油麻地のナイトマーケットの路上食堂で夕食を食べました。とにかく香港グルメは最高過ぎて、食べるのが楽しみになるくらい。路上食堂のおススメメニューなどを紹介。

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link