旅日記 ボリビア ウユニ

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

投稿日:2017-06-05 更新日:

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、

さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。

 

大粒の塩の結晶がよくわかります。

もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらありません。

本気で、時間すら止まってるんじゃないかって思うような、そんな場所です。





せかせかしたり、心無い言葉に傷ついたり、

そんな日常から本気で離れて、

ここでなら、心が本当に洗われて、何もかも許せるんじゃないかみたいな、

そんな感覚にすらなりました。

で!

ウユニ塩湖の、真っ白い大地に来たら、あれをやらなきゃです!!

 

トリック写真

 

で、これらをどうやって撮ってるかというと。。。

なんてことは、説明なんかしなくてもお分かりだとは思いますが、


せっかくなので、トリック写真を撮るための、ドライバーさんの目まぐるしい努力なんかの写真も、

一緒に載せたいと思います。

 

まずは、長靴を選んだ時に、一緒にドライバーさんが積み込んでくれた小物などが、

ここにきて、登場します。

 

 

ウユニ塩湖にゴジラ出現!!!

 

今日は、戦う日なのだ!!みんな!!

 

これね、ポーズ決めてる方は、楽しくワイワイ、きゃっきゃやってるけど、

 

撮影者は、

こう撮ってます。

ドライバーさん&ゴロー丸。

 ※ゴロー丸は、真似して隣に寝っ転がってみたけど、うまく撮れずに速攻断念しますた。(^▽^;)

 

これ、改めて見ると、本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

このドライバーさんのプロの技あって。。。↓↓↓

リアリティあるトリック写真のできあがり!!

 

 

はい、そこ!まつくん、ちょっかいかけない!!

 

 

私たちのドライバーさんが言うには、

スマホの方がうまく撮れるらしいです。

 

これ、結構長い時間、あれやこれやとポーズを変えて撮っていたので、

ずーっと寝っ転がったまま、撮り続けてくれたドライバーさんには、本当に感謝。

 

 

ウユニ塩湖でトリックアートは、鉄板かもしれないけど、

やっぱりこれをやると盛り上がるし、みんなの仲もまた一つ仲良くなれる気がする。

 

 

ウユニ塩湖は、景色と資源と、素敵なのはそれだけじゃなくて、

色んな可能性が詰まっていて笑顔にしてくれる場所です!

そんなウユニ塩湖のまた、別の顔は、次回!!

 

 

ウユニ記事、まだまだ続きます!

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

 

+2

<sponsored link>







-旅日記, ボリビア, ウユニ

執筆者:


  1. かみぞー より:

    ☆ おぉ~っ♪ ☆
    ウユニ塩湖って、標高も高く、白いので、
    紫外線が強烈なのでしょうねぇ。
    日焼けしそうでありますもん。
    ただまぁ、塩の結晶なので、転んだりしたら、
    イタタタタぁ~になっちゃいますしねぇ。

    あぁ、こげな写真の撮り方…
    世界の観光地でもやられているようですが、
    人数が多いと、それはそれで楽しそうで☆

    最後にバナナボートが出現をするとは(笑)

  2. まーぼー より:

    トリック写真だけでなく、ウユニ塩湖までもが作り物のようですね。
    逆に、こんなのを作っても、
    こんなのヘンだ!
    と言われてしまいそうなくらいキレイな場所ですね(o^-‘)b グッ!

  3. shadow)^o^( より:

    結晶ザクッザクッと?!歩くと音が? 何かのCMのようではあーりませんか♪♪♪♪♪ これで 謎は全部解けたっ! (笑) にしても~スタッフさんってやはり…大変なんですねぇ~ しみじみ?! (笑) これからも素敵な旅を♪

  4. 川島歩(かわしま あゆむ) より:

    すごい&羨ましい(・∀・)
    活きているうちに一度は行ってみたい場所の一つです!!
    素敵な体験をされてますね♪

comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PREV
白と青だけのウユニ塩湖の世界とコルチャニ村
NEXT
ウユニ塩湖の中のサボテン島

関連記事

ヨーロッパ旅のはじまり。さあ、ここからが長いんだ

いよいよヨーロッパへと出発。 今日のポーランド行のフライトは、7万で買ったチケット。 しかし、アブダビ、ベルリンと2回乗り継いで行きます。   しかもクラクフの上を通り過ぎてベルリンなので、…

続きを読む

クラクフ空港で、この期に及んでアタフタ

クラクフ、バリツェ空港は、相変わらずシンプルです。   来た時は、乗り換え続きで疲れ果て、早く宿に着きたい一心で、 特に周りを散策もしなかったから、何も情報なかったけど、 やっぱりシンプルだ…

続きを読む

フエ王宮外周とおばあちゃんのバインミー

さて。 シクロのおっさんに大嘘をつかれて気分最悪になった私は、 王宮に入りませんでした。 ただ、だからと言ってそのまま何も見ずに帰るほど、 旅人魂がちっちゃい女でもないんで、 お金払わずに元とってやる…

続きを読む

カントークショー後編

カントークショー後編は、色んな民族が集結してショーの始まり。小さな子供からおばあちゃんまで。タイの家族を表しているようです。ショーは、実は結構ゆるゆるな雰囲気なものの、なんかゆるいタイにはちょうどいい気もして。。。

アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港での過ごし方

ブエノスアイレスを出て、2時間、 チリのサンティアゴ、アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に到着しました。 いやほんと、長距離バスばっか使ってると、飛行機ってはっやいなぁーと感動レベル。 時間さえあ…

続きを読む

ワット・ヤイチャイ・モンコンへ歩いて行こう

カツさんとも別れ、なんだこの寂しさはっていう、旅の別れの寂しさを経験し、私は一人、駅の待合所の椅子に座りました。 しばし、自分の感情を整理したい。 大丈夫。また一人旅に戻っただけだ。またきっとこんな出…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link