旅日記 ボリビア ウユニ

ウユニでのトリック写真はこんな風に撮っている

投稿日:2017-06-05 更新日:

私達を乗せた魔法の馬車は、更に遠くへと走って、

さっきよりも、もっともっと真っ白な場所へ来ました。

 

大粒の塩の結晶がよくわかります。

もう、ちょっとやそっと周りを見回しても、人影すらありません。

本気で、時間すら止まってるんじゃないかって思うような、そんな場所です。





せかせかしたり、心無い言葉に傷ついたり、

そんな日常から本気で離れて、

ここでなら、心が本当に洗われて、何もかも許せるんじゃないかみたいな、

そんな感覚にすらなりました。

で!

ウユニ塩湖の、真っ白い大地に来たら、あれをやらなきゃです!!

 

トリック写真

 

で、これらをどうやって撮ってるかというと。。。

なんてことは、説明なんかしなくてもお分かりだとは思いますが、


せっかくなので、トリック写真を撮るための、ドライバーさんの目まぐるしい努力なんかの写真も、

一緒に載せたいと思います。

 

まずは、長靴を選んだ時に、一緒にドライバーさんが積み込んでくれた小物などが、

ここにきて、登場します。

 

 

ウユニ塩湖にゴジラ出現!!!

 

今日は、戦う日なのだ!!みんな!!

 

これね、ポーズ決めてる方は、楽しくワイワイ、きゃっきゃやってるけど、

 

撮影者は、

こう撮ってます。

ドライバーさん&ゴロー丸。

 ※ゴロー丸は、真似して隣に寝っ転がってみたけど、うまく撮れずに速攻断念しますた。(^▽^;)

 

これ、改めて見ると、本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

 

このドライバーさんのプロの技あって。。。↓↓↓

リアリティあるトリック写真のできあがり!!

 

 

はい、そこ!まつくん、ちょっかいかけない!!

 

 

私たちのドライバーさんが言うには、

スマホの方がうまく撮れるらしいです。

 

これ、結構長い時間、あれやこれやとポーズを変えて撮っていたので、

ずーっと寝っ転がったまま、撮り続けてくれたドライバーさんには、本当に感謝。

 

 

ウユニ塩湖でトリックアートは、鉄板かもしれないけど、

やっぱりこれをやると盛り上がるし、みんなの仲もまた一つ仲良くなれる気がする。

 

 

ウユニ塩湖は、景色と資源と、素敵なのはそれだけじゃなくて、

色んな可能性が詰まっていて笑顔にしてくれる場所です!

そんなウユニ塩湖のまた、別の顔は、次回!!

 

 

ウユニ記事、まだまだ続きます!

いつも、読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

あなたにも行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。
ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
にほんブログ村


放浪記ランキング

 

こちらも更新中↓

アメブロ 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

ゴロー丸ブログ 真面目なサラリーマン旅をする

<sponsored link>







-旅日記, ボリビア, ウユニ

執筆者:


  1. かみぞー より:

    ☆ おぉ~っ♪ ☆
    ウユニ塩湖って、標高も高く、白いので、
    紫外線が強烈なのでしょうねぇ。
    日焼けしそうでありますもん。
    ただまぁ、塩の結晶なので、転んだりしたら、
    イタタタタぁ~になっちゃいますしねぇ。

    あぁ、こげな写真の撮り方…
    世界の観光地でもやられているようですが、
    人数が多いと、それはそれで楽しそうで☆

    最後にバナナボートが出現をするとは(笑)

  2. まーぼー より:

    トリック写真だけでなく、ウユニ塩湖までもが作り物のようですね。
    逆に、こんなのを作っても、
    こんなのヘンだ!
    と言われてしまいそうなくらいキレイな場所ですね(o^-‘)b グッ!

  3. shadow)^o^( より:

    結晶ザクッザクッと?!歩くと音が? 何かのCMのようではあーりませんか♪♪♪♪♪ これで 謎は全部解けたっ! (笑) にしても~スタッフさんってやはり…大変なんですねぇ~ しみじみ?! (笑) これからも素敵な旅を♪

  4. 川島歩(かわしま あゆむ) より:

    すごい&羨ましい(・∀・)
    活きているうちに一度は行ってみたい場所の一つです!!
    素敵な体験をされてますね♪

comment

関連記事

パナン・チューン寺 そしてもう一人のサムライとの出会い

せっかく、こっちの岸に来たので、行ってみたい気になるところは。。。 日本人跡! 名前の通り、日本人がかつて住んでいた跡地。 歩いて行けるかなぁ。。。うん。行ってみましょう! 乗り物系のおっちゃん達をか…

続きを読む

アユタヤ最後の夜は素敵な時間でした。

やっと日本人のサムライに会えて、一人旅で張り詰めていた緊張もほぐれました。 3人で、夜の宴会がスタートです。   間もなく、同じ宿やら近くの宿やら、サイフォンのレストランに来た他の外国人も加…

続きを読む

フェリーに乗って香港島へ

香港特別行政区は、いわばいくつかの島によって出てきている国です。
まずは、到着した香港国際空港があるのは、ランタオ島という香港の西部にある大きめの島の北にある小さな小島、赤鱲角島(チェクラプコク島)という場所です。
そこからバスに乗って宿の重慶大厦のある九龍(カウロン)と言う、中国と陸路で繋がっている半島エリアに到着しました。
で、私達が今いるのは、九龍の尖沙咀(チムサーチョイ)と言う地区。
そこから、フェリーに乗って海を渡り、対岸の香港島へ渡ります。

旅でのお別れの空気を思い出したよ

サンライズの時に、写真の為に、何度も何度もジャンプさせられ、 鏡張りの水が乾くと、すっかり塩まみれになってしまったゴロー丸のズボン。 さすがにこりゃちょっと、白カビみたいで汚いので、民族っぽいズボンを…

続きを読む

真夜中の台湾へ

いよいよ、台湾へ出発です。 1年ぶりの一人旅です。   この日は、舞台を観たのち、そのまま成田へ向かい夜発つという、 なかなかのスケジュールの詰め込み状態でした。 ちょっと贅沢して、スカイラ…

続きを読む

出発前夜の大ゲンカ・後編

まるでハリケーンボンビーのように、家の中を荒らしまくりながら準備をするゴロー丸の被害にブチ切れながらも、 しばらく留守にするには、やることもまだあり、 イラッとした時は、いったん落ち着けと、昔知り合っ…

続きを読む

Sayo

バックパッカー。
一人旅が好きで、定期的に海外へ飛び出しています。
好きな過ごし方は現地の人達と笑うこと。
読者の方が旅気分になってもらえる記事を目指して、日々書き綴っています。
負の世界遺産多め、陸路移動がメインです。

sponsored link